歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 835 )

歩こう 橋を見に行こう (80) 上美濃出橋

下美濃出橋は橋の名前がほとんど埋められて隠れてしまっていました。ほかにあまり見たことの無い橋でした。橋が沈むことはないでしょうから・・道を盛り上げたからか・・などと考え込むこともありません。珍しい桁橋でした。その上流にある上美濃出橋を見に行きました。以前、何回か通っているところです。何のために歩いたのか・・はっきりと思い出せませんが、あげ口を見に行っていた時に通ったのだろうとおもいます。まわりに住宅がたっていて・・日野コミュニティセンターから少し下ったところにある橋・・といったように覚えています。その橋を見に行きました。道の駅奥河内くろまろの郷から歩きました。

b0212898_11304288.jpg

↑ 地図の矢印のところです。地図の左下の方です。

b0212898_11320792.jpg

↑ 道の駅の東側の道路から石川を見ると橋が架かっています。名前のない橋だとおもます。機会があれば見に行ってみたい橋です。

b0212898_11330258.jpg

↑ 奥河内くろまろの郷から南の方へ歩きます。新しくできた道路、218号線のバイパスともいえる道路です。

b0212898_11341567.jpg

↑ 高向橋から石川を見ます。雨の後です。橋の下は川幅いっぱいに水が流れていました。

b0212898_11351421.jpg

↑ 218号線に出てきました。南へ歩きます。

b0212898_11361442.jpg

↑ 汐滝橋を渡ります。渡って右へ・・

b0212898_11371335.jpg

↑ 道路沿いの崖の落石防護網工がなされています。最近、工事されたものです。

b0212898_11381363.jpg

↑ 水管橋の横を通ります。

b0212898_11390270.jpg

↑ 南花台から下りてくる道路との合流点です。まっすぐ行きます。

b0212898_11400472.jpg

↑ 下美濃出橋の方へ行く道に下りて行きます。

b0212898_11411425.jpg

↑ この右が下美濃出橋です。まっすぐ歩きます。

b0212898_11420516.jpg

↑ 日野の細い道、こんなところに大きな車が停まっています。狭い道、車庫入れなど高度な運転技術が必要です。

b0212898_11430405.jpg

↑ まっすぐ行って、下ると橋です。上美濃出橋です。

b0212898_11442847.jpg

↑ 上美濃出橋です。

b0212898_11453007.jpg

↑ 上流側の東の親柱に「上美濃出橋」と書いてありました。

b0212898_11462733.jpg

↑ 下流側には石川と書いてあります。

b0212898_11472627.jpg

↑ 上流側の西側の親柱です。「いしかわ」と書いてあります。

b0212898_11483777.jpg

↑ 西側の下流側です。「かみみのでばし」です。

b0212898_11492723.jpg

↑ 橋の上から見た下流です。丹保井路の水が石川に放流されていました。丹保井路は2013328日に投稿した井路です。

b0212898_11510264.jpg

↑ 橋から見た上流です。

b0212898_11521889.jpg

↑ 帰り道、橋から218号線へ近道を通って上がりました。218号線からみた上美濃出橋です。

この橋には架設期日が書いてありませんでした。下美濃出橋と比べるとかなり立派な親柱の付いたきれいな橋でした。すぐ近くに日野コミュニティセンターがあるから・・ということでもないでしょうが。






by satoyoshiaki | 2018-05-21 11:56 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (79) 下美濃出橋

石川に架かる(73)新美濃出橋の上流に下美濃出橋、さらにその上流に上美濃出橋があります。下美濃出橋は新美濃出橋を見に行った時、新美濃出橋の上流を見ると見えていました。あそこにも橋があるなぁと見ていましたが、その橋まで見には行きませんでした。今度の散歩の時に見に行こうと思っていました。その下美濃出橋を見にいきました。南花台から歩きました。

b0212898_11021350.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_11034569.jpg

↑ UR都市機構の住宅団地の西側の道路を南へ歩きます。

b0212898_11044466.jpg

↑ 南花台第7公園の東側を浄水場の方へ歩きます。

b0212898_11054598.jpg

↑ 浄水場へ上る坂の手前を右へ曲がります。ここから下りです。

b0212898_11063536.jpg

↑ 歩道に水が流れています。道路改良工事の表示があります。

b0212898_11073485.jpg

↑ 218号線に下って来ました。218号線を左へ、南へ行きます。

b0212898_11113420.jpg

↑ 中日野のバス停です。下って行きます。

b0212898_11122475.jpg

↑ 218号線から逸れて川の方へ下る道路があります。下って行きます。

b0212898_11133340.jpg

↑ 新美濃出橋へ行く道路の下をくぐります。下美濃出橋はすぐそこです。

b0212898_11142576.jpg

↑ この三叉路を右に入ると橋です。

b0212898_11153405.jpg

↑ 下美濃出橋です。防護壁の上にフェンスが取り付けてあります。橋の名前を書いた親柱のところにガードレールがあります。字が良く見えません。

b0212898_11163867.jpg

↑ 上流側の東側の親柱です。なんとか「みのでばし」と読めます。しかし「しも」が見つかりません。字の書いてあるコンクリートの面が痛んでいる、汚れています。

b0212898_11180040.jpg

↑ 西側から見た橋です。

b0212898_11185545.jpg

↑ 上流側の西側の親柱です。コンクリートで埋まってしまっています。「昭和・・」と読めます。

b0212898_11200551.jpg

↑ 下流側の西側の親柱です。この親柱もコンクリートで埋まっていますが「みので・・」と読めます。美濃出橋というのが正しいのか、地図に書いてある「下美濃出橋」というのは間違い・・そんなことはないと翌日改めて見に行きました。この親柱に陽が照り付けている時間でした。

b0212898_11212514.jpg

↑ 「しも みので・・」と書いてありました。「しも」は小さな字でした。

b0212898_11222989.jpg

↑ 下流側の東側の親柱です。「美濃出橋」とは読めますが、右の小さな字は読めませんでした。

b0212898_11233769.jpg

↑ 橋を横から見ます。上流側からです。この橋は桁橋です。

道路を舗装、補修した時に親柱が埋まってしまって、防護壁も低くなったので、防護壁の上にフェンスを取り付けた・・と言ったような橋でした。




by satoyoshiaki | 2018-05-17 11:30 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (78) 庚申橋

地図に庚申橋が記載されています。371号線から美加の台へ上がる交差点「石仏」の少し、500mほど西の方です。美加の台へ車で行く時には必ず渡る橋なのですが、そこが橋だとは気が付いていませんでした。ただ地図に架かれている橋は371号線を横断する陸橋のように書かれています。そこには陸橋があつた記憶はありません。見落としているのかもわかりません。そんなことを考えながら庚申橋を見に行きました。

b0212898_14292648.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_14301596.jpg

↑ 北青葉台から歩きます。雨が降っている日でした。371号線へ出るバス道を北へ歩きます。

b0212898_14311041.jpg

↑ 玄関先にかわいい置物のあるお宅、楽しそう。

b0212898_14320516.jpg

↑ バス道を逸れようと、東へ曲がって・・

b0212898_14331788.jpg

↑ 最初のこの辻を左へ入りました。

b0212898_14342642.jpg

↑ あとは真直ぐ北へ歩きます。

b0212898_14351594.jpg

↑ 突き当りを左へ、バス道の方へ戻ります。

b0212898_14360689.jpg

↑ バス道です。ここを右へ・・

b0212898_14365556.jpg

↑ 下り道です。この先で道路が左へ曲がっています。その曲がり角のところに・・

b0212898_14375646.jpg

↑ 陸橋があります。371号線を跨いでいます。この陸橋の手前を右へ曲がります。371号線を歩きます。

b0212898_14390643.jpg

↑ 371号線です。南の方へ歩きます。

b0212898_14400670.jpg

↑ 防護柵が見えてきました。橋のようです。

b0212898_14405760.jpg

↑ 橋です。道路にジョイントが見えます。右、南側の柵に名板が取り付けてあります。

b0212898_14415641.jpg

↑ 「平成元年2月竣工」と書いてあります。向こう側に橋の名前を書いた名板があるだろうとおもいましたが、名板はありませんでした。

b0212898_14430796.jpg

↑ 北側の柵の東の端にも「平成元年2月峻工」と書いてありました。

b0212898_14442868.jpg

↑ 北側の西の端の柵に「庚申橋」と書いてありました。

b0212898_14460728.jpg

↑ 橋の上から南側を見ます。水が流れ落ちるように流れてきています。

b0212898_14470946.jpg

↑ 橋の上から見た橋の北側です。川の左側に柵をした通路があります。橋の下を通っているようです。

b0212898_14481441.jpg

↑ 橋の西側の南側に橋の下へ入る道がありました。下りて行きます。

b0212898_14491885.jpg

↑ 通路から橋を見上げます。この橋は床版橋です。

b0212898_14501004.jpg

↑ 橋の下の通路です。壁に張り紙がしてあります。なんと書いてあるのかな・・

b0212898_14511314.jpg

↑ 張り紙です。

b0212898_14520919.jpg

↑ 里道です。この先には庚申堂というお堂があります。新町というところを地図で探しましたが、分かりませんでした。引き上げることにしました。

b0212898_14533095.jpg

↑ 帰り道、371号線沿いにあるお墓です。先ほどの里道を通ってきて、このお墓へお参りをされるのではないでしょうか。

庚申橋は大きな橋でした。地図に書いてある里道の位置が少し違うように思いました。できれば調べて見ようかなと思います。







by satoyoshiaki | 2018-05-13 15:01 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (77) 高橋

図書館で1/2500の地図を見ていると、千早口駅の近く、岩瀬の天見簡易郵便局の近くに天見川に架かる橋があります。その橋のところに高橋と書いてあります。その橋の名前のようです。この橋の名前はゼンリンの1/1500の地図にも名前が書いてありません。橋に名前が書いてあるだろうかと思ってその橋を見に行きました。

b0212898_09542575.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_09553424.jpg
↑ 1/2500の地図です。高橋と書いてあります。
b0212898_09564178.jpg

↑ 美加の台第2公園です。快晴のこの日、新緑が輝いていました。

b0212898_09574254.jpg

↑ 公園の南側を東へ歩きます。

b0212898_09584152.jpg

↑ バス道に沿って歩道を東へ・・

b0212898_09593188.jpg

↑ 南側の歩道に移りました。東へ・・

b0212898_10002168.jpg

↑ ソタ峰越えの道へ下りて行きます。

b0212898_10012256.jpg

↑ 峰を越える森の中の道・・下ります。

b0212898_10034291.jpg

↑ お地蔵さんが祀ってあります。道中の安全を祈ります。

b0212898_10043127.jpg
↑ 下りて来ました。正面の大きな橋はソタムネ谷橋と言うのですが、車専用の道路で人は歩けません。このソタムネ橋をくぐって行きます。
b0212898_10060169.jpg

↑ 岩瀬の住宅のところに来ました。この三叉路を左へ入ります。

b0212898_10190056.jpg

↑ 南の方へ歩きます。田植えの準備をされているようです。

b0212898_10195061.jpg

↑ 立派な石垣です。お城の石垣、打込ハギの造りみたいです。

b0212898_10214433.jpg

↑ 下岩瀬集会所のところに来ました。

b0212898_10224439.jpg

↑ (71)岩瀬橋を渡ります。

b0212898_10233170.jpg

↑ 南海電車の下をくぐって天見川の方へ行きます。

b0212898_10242050.jpg

↑ 20141018日に投稿した(百七)御所の辻のお地蔵さんです。お参りしてその前をまっすぐ川の方へ行きます。

b0212898_10254269.jpg

↑ 下って来ました。川に沿ってガードレールがあります。その向こうに橋があります。

b0212898_10264417.jpg

↑ これが地図に高橋と書かれている橋です。

b0212898_10274148.jpg

↑ 西の方、371号線の方から見た橋です。橋の名前が書いてないかとあちこち見ましたが、名前は書いてありませんでした。

b0212898_10285214.jpg

↑ 橋から見た下流側です。きれいな水が流れています。新緑が眩しいくらいでした。

b0212898_10300523.jpg

↑ 橋から見た上流側です。岩、石の間を流れてきています。

b0212898_10311276.jpg

↑ 371号線を歩いて帰ることにしました。オレンジ色の建物は天見簡易郵便局です。371号線はその向うです。

b0212898_10321227.jpg

↑ 371号線です。歩道があります。1キロほど歩くと歩道がなくなりましたので、天見川の方へ下って廃線道を通って帰りました。


快晴の中、いい歩きができました。





by satoyoshiaki | 2018-05-09 10:41 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (76) 車作橋

大矢船と青葉台の住宅街の間を加賀田川が流れています。大矢船の南にある南ヶ丘と南青葉台をつなぐ広い道路があります。その道路が加賀田川を渡る所に架かる橋が車作橋です。

この辺りは昔、車作といったのでしょうか、加賀田川の東側をとおる221号線に「車作」というバス停があります。車作自治会館という建物もあります。大矢船第三公園から車作橋を見に行きました。

b0212898_09512694.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_09522749.jpg

↑ 正面の公園は大矢船第4公園です。手前の道路を右へ、南へ歩きます。

b0212898_09532289.jpg

↑ 大矢船中町14丁目辺りです。

b0212898_09541666.jpg

↑ 最初の辻を左へ、東へ曲がります。

b0212898_09550172.jpg

↑ 大矢船の東側を回る広い道路に出ます。進入禁止柵の向うは階段です。加賀田川の方へ下る階段です。この道路を右へ、南へ行きます。

b0212898_09561737.jpg

↑ 前方に西大矢船の大きなマンションが見えます。道路が上りになっているところがあります。その手前・・・

b0212898_09571679.jpg

↑ この左側の道路へ入ります。

b0212898_09580623.jpg

↑ 道路から東側を見た景色です。金剛山が望めます。

b0212898_09585610.jpg

↑ 最初の三叉路を左へ曲がります。

b0212898_14451173.jpg

↑ 突き当りを右へ曲がります。道路の向こう側は大矢船第10公園です。2012812日に投稿した公園です。

b0212898_14461256.jpg

↑ 公園の西側を南へ歩きます。

b0212898_14470419.jpg

↑ 交差点に出ました。ここを左へ曲がります。

b0212898_14480199.jpg

↑ (41)かいと大橋を渡ります。

b0212898_14494326.jpg

↑ 橋の東側にある、この四つ辻を左へ入ります。

b0212898_14504220.jpg

↑ この突き当りを左へ曲がります。

b0212898_14513312.jpg

↑ ここを右へ曲がります。そして・・

b0212898_14523251.jpg

↑ この突き当りを左へ曲がります。

b0212898_14534046.jpg

↑ 坂道を下って行きます。道路が右へ曲がっています。

b0212898_14544352.jpg

↑ 車作橋へ行く道路に出ます。右から左へ下っている道路です。その道路を下ります。

b0212898_14553998.jpg

↑ 南ヶ丘第1公園の西側を下ります。2012915日に投稿した加賀田第1公園です。現在の園名板は南ヶ丘第1公園となっています。

b0212898_14574459.jpg

↑ 坂を下って来ました。すぐこの向こうに車作橋があります。

b0212898_14584038.jpg

↑ 西側から見た車作橋です。

b0212898_14594672.jpg

↑ 下流側の東側の親柱に「車作橋」と書いてあります。

b0212898_15004018.jpg

↑ 上流側の東側の親柱に「竣工昭和四十八年三月」と書いてありました。

b0212898_15015011.jpg

↑ 上流側の西側の親柱に「くるまつくりはし」と書いてありました。

b0212898_15024116.jpg
↑ 橋の上から川下を見ます。
b0212898_15040737.jpg

↑ 橋を横から見に行きます。上流側の西側に下へおりる道があります。

b0212898_15045715.jpg

↑ 川のところへ下りられます。下りて行きました。

b0212898_15055162.jpg

↑ 橋を上流側から見ます。大きな床版橋です。

b0212898_15065214.jpg

↑ 帰り道、川下の無名橋を渡って221号線に上がって、車作り橋を渡って帰りました。

この橋へは3回来ました。名板が黒くて写真の字が読めない、地図を良く見ていなかったので、どの道を歩いて行ったのかハッキリしない、いい写真がない・・などの理由でした。と言ってもいい写真があるわけではありません。自分がいいと思っても、見てもらった人には良く見えないのが多いと思います。すみません。





by satoyoshiaki | 2018-05-05 15:17 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (75) 石仏橋

129日に投稿した(53)石仏橋を見に行った時に、青葉台から坂を下って石仏橋を渡っています。そのとき「小さい石仏橋です。後日ゆっくり見に来ます」などと書いています。

同じ石仏橋という名前の橋が二カ所にあります。この小さい石仏橋は教育委員会の管理下にあると聞いたように思います。(53)の石仏橋は大阪府の管理下にあります。その小さな石仏橋を三カ月おくれの後日に見に行きました。

b0212898_13462891.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_13475228.jpg

↑ 美加の台第2公園から歩きます。ツツジが咲いています。今年は花の咲く木、どの木も多くの花をつけているのではないでしょうか。

b0212898_13503692.jpg

↑ 西の方へ歩きます。

b0212898_13515030.jpg

↑ 階段を下りる手前から西の方を見ると、学校のような建物が見えます。加賀田小学校ではないかと思います。石仏橋へは加賀田小学校の横を通ります。

b0212898_13533747.jpg

↑ 美加の台から階段を下りて来ました。美加の橋を渡ります。

b0212898_13553309.jpg

↑ 371号線です。371号線を越えて、石仏へ行きます。狭い坂道を上ります。

b0212898_13563051.jpg

↑ 静かな田舎道です。

b0212898_13572340.jpg

↑ ここを右へ曲がります。そして・・

b0212898_13582085.jpg

↑ 次の三叉路を左へ入ります。

b0212898_13590927.jpg

↑ 少し坂を上って・・・

b0212898_14001424.jpg

↑ この階段を下ります。下の道路は通学路です。左へ行きます。

b0212898_14011160.jpg

↑ 突き当りが石仏小学校の正門。正門の手前を左へ曲がります。

b0212898_14020904.jpg

↑ 加賀田中学校です。この日は父兄の方が見えていました。ここを右へ行きます。

b0212898_14031018.jpg

↑ 坂を下ります。父兄の方の車が止めてあります。校門前が満車だったのでしょう。

b0212898_14042100.jpg

↑ 十字路に来ました。左へ行くと清水の方です。右は来た道を戻る方向です。まっすぐ行くと石仏橋です。橋は道路が右へ曲がっている手前です。

b0212898_14053144.jpg

↑ 石仏橋に来ました。リュックを背負って杖を持った人が歩いて行きます。遠くから歩いてこられたようです。

b0212898_14063117.jpg

↑ 西側の下流側、北側の親柱に「石仏橋」と書いてあります。

b0212898_14074591.jpg

↑ 西側の上流側、南側の親柱に「昭和五拾六年六月架設」と書いてありました。

b0212898_14084673.jpg

↑ 橋の下を見るのですが、谷が深く、木々が視界を遮って川が見えません。水が流れる音は聞こえます。

b0212898_14094269.jpg

↑ どこからか橋を横から見ることができないだろうか、また谷川を見ることができないだろうかと探しますとガードレールと擁壁の間に隙間がありました。ここから下へおります。ちょっと危険です。注意して・・

b0212898_14105329.jpg
↑ 崖下を水が流れています。清水の新池から流れくのだと思います。
b0212898_14115251.jpg

↑ 橋を横から見ます。床版橋です。桁に名板が取り付けてあります。なんと書いてあるのか・・危なくて近づけませんでした。

帰り道、来た道を戻りました。美加の台の長い階段はなんとなく段数を数えていました。210段でした。間違っていないかなぁと帰ってから階段を見て回っていたときのブログをみます。2011616日に投稿していました。210段でした。





by satoyoshiaki | 2018-05-01 14:19 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (74) 加賀田橋

外環状線は170号線です。東高野街道と言う道路も170号線です。道路管理部署ではいろいろ呼び方があるのでしょうが、われわれが地図を見ていると、ややこしい・・・ここでは外環状線は外環状線、東高野街道と言われる170号線は旧170号線といっておきます。その外環状線の上原町交差点から高野街道と言われる371号線へぬける道路をバイパスと呼んでいます。河内長野の役所の方も「バイパス」でした。そのバイパスが加賀田川を渡るところに加賀田橋があります。車道は高架になっています。バイパスの下を通っている221号線から加賀田川を渡る橋も加賀田橋です。車道を歩いて見に行くことはできませんので221号線からの加賀田橋を見に行きました。

b0212898_10103112.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_10112461.jpg

↑ 栄町の218号線を南へ歩きます。工事をしています。生協の施設があったのですが他所へ移るそうです。何が建つのかと見ると「キリン堂」とか。

b0212898_10123107.jpg

↑ 工事の横を通って南へ・・・

b0212898_10135144.jpg

↑ 左側は西代浄水場です。右側は建て直しの住宅。最近、建て直しをされる住宅がおおいように思います。

b0212898_10145232.jpg
↑ 浄水場の上から東の方を見ます。遠くのほうに道路が高台へ上がって行くのが見えます。あれがバイパスです。あのバイパスを歩いて行くことになります。
b0212898_10155854.jpg

↑ 老人ホームが完成したようです。

b0212898_10165928.jpg

↑ バイパスのところに来ました。手前を左へ曲がります。

b0212898_10180110.jpg

↑ バイパスに沿って歩きます。石川を越えます。町井大橋を渡ります。

b0212898_10191006.jpg

↑ 150段の階段を上がります。

b0212898_10204226.jpg

↑ 階段を上って坂道を歩いて行きます。

b0212898_10214075.jpg

↑ 擁壁の上に苗木が植えてあります。この上はどうなっているのだろう・・今まで見たことがありません。どこからか上がれないかなぁ・・と歩いると・・

b0212898_10224425.jpg

↑ 階段がありました。上がってみます。

b0212898_10234581.jpg

↑ 苗木の周りはコンクリートで固めてあります。初めて見ました。この木は立派に育っていくのでしょうね。見ることができて良かったと下りて、歩きます。

b0212898_10251020.jpg
↑ 南高向(楠ヶ丘入り口)の交差点に来ました。まっすぐ行きます。歩道と南花台へいく車道はこの先で旧371号線の方へ行くバイパスと分れます。
b0212898_10263137.jpg

↑ 南花台の交差点に来ました。右に見えているフェンスの下が旧371号線へいく車道です。フェンスからの景色はきれいです。

b0212898_10282091.jpg

↑ フェンスから東の方を見ます。美加の台、旗尾山などが見えています。左側のガードレールのある歩道を下ります。

b0212898_10292061.jpg

↑ 下ってきました。右の大きな橋はバイパスです。加賀田橋です。向こう側の赤信号の下に加賀田川が流れています。そこに架かっている橋も加賀田橋です。その橋を見に行きます。

b0212898_10303353.jpg

↑ この橋です。左側の歩道の向こうに防護柵があります。その左の方に緑の名板が付いています。これは東へいく車道の橋です。この名板を見に行きます。上の大きな橋も加賀田橋ですが、名板がどこにあるのか、何と書いてあるのか分かりません・・・車で通って、見るということも不可能ではありませんが。

b0212898_10325917.jpg

↑ 「加賀田橋」と書いてあります。

b0212898_10344632.jpg

↑ 防護柵の東の方には「加賀田川」と書いてありました。

b0212898_10354254.jpg

↑ バイパスの橋の下から見ます。左側が東へ行く車道の橋です。右側は西の方へ行く車道の橋です。

b0212898_10370577.jpg

↑ その西の方へ行く車道の橋の南側、上流側の防護柵の西の端に「昭和633月竣工」と書いてありました。

b0212898_10381261.jpg

↑ 東の端には「かがたばし」と書いてありました。

b0212898_10391690.jpg

↑ 川下から東へいく車道の橋を見ます。床版橋です。

b0212898_10401351.jpg

↑ 上流側から橋を見ます。

b0212898_10410302.jpg

↑ 加賀田川に沿って、221号線を北へ歩いて帰ります。もうすぐ天見川と合流します。

b0212898_10422427.jpg

↑ 天見川です。この日は水量が豊富でした。

b0212898_10431615.jpg

↑ 胸切地蔵尊の方へ歩きます。20144月29日に投稿したお地蔵さんです。下の田んぼは田植えの準備が進んでいました。






by satoyoshiaki | 2018-04-27 10:52 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (73) 新美濃出橋

南花台の西側、汐滝橋を南へ渡ったところから218号線は石川の東側を南下します。汐滝橋から1kmほど南へ下ると三叉路があり西へ行く道路があります。その道路は170号線につながります。その道路が石川を渡るところに架かっている橋が新美濃出です。南花台から歩いて、その新美濃出橋を見に行きました。

b0212898_10294703.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_10303754.jpg

↑ 南花台のスーパーのところから南へ歩きます。お天気いい日、陽が傾き始めた頃でした。

b0212898_10313845.jpg

↑ この辻を右へ、西の方へ入ります。

b0212898_10324492.jpg

↑ 西へ歩きます。溝蓋の隙間から生えている雑草もこんなに大きくなるのかと驚きました。歩く人が少ない、草をよけて歩く・・のでしょうね。西へ歩いて、最初の辻を左へ、南へ曲がります。

b0212898_10340808.jpg
↑ 静かな住宅街です。門口に花などを飾ってあるお宅が多いです。
b0212898_10350995.jpg

↑ 南花台第7公園の東側を南へ歩きます。この公園は201234日に投稿しています。

b0212898_10360815.jpg

↑ 看護専門学校のところに来ました。元南花台西小学校のところです。

b0212898_10370939.jpg

↑ グランドが人工芝の運動場になっています。サッカー場のようです。

b0212898_10381897.jpg

↑ 浄水場へ上がる坂の手前を右に曲がります。桜の満開の時はきれいでした。次の写真です。↓

b0212898_10391802.jpg
b0212898_10405383.jpg

↑ 坂を下って行きます。218号線の方へ行きます。

b0212898_10414857.jpg

↑ 218号線に出てきました。ここを左へ、南の方へ行きます。

b0212898_10424855.jpg

↑ 中日野のバス停のところに来ました。201496日に投稿したお地蔵さんの祀ってあるところです。右の方へ坂を下って行きます。

b0212898_10435014.jpg

↑ 坂を下って行きます。周りの、そして山の新緑がきれいです。

b0212898_10444970.jpg

↑ 坂を下って来ました。ここを右に曲がると新美濃出橋です。先だって、3月31日に来た時には、ここを真直ぐ行く道、218号線は通行止めになっていました。次の写真です。↓

b0212898_10455962.jpg
b0212898_10464975.jpg

新美濃出橋に来ました。

b0212898_10481603.jpg

↑ 南側の防護柵の東側の親柱に「昭和561月架設」と書いてあります。

b0212898_10493357.jpg

↑ 北側の防護柵の東側の親柱に「しんみのでばし」と書いてあります。

b0212898_10503483.jpg

↑ 南側の防護柵の西側の親柱に「新美濃出橋」と書いてありました。

b0212898_10514478.jpg

↑ 橋の上から石川の上流を見ます。川の水が岩の上を流れてきています。

b0212898_10525117.jpg

↑ 川の下流を見ます。穏やかな流れです。

b0212898_10535108.jpg

↑ 橋の下を見に行きました。この橋は床版橋です。

b0212898_10551412.jpg

↑ 帰り道、来た道を戻りました。茅葺の家だったような建物が残っています。その昔、この辺りは静かな村だったのだろうと思いながら歩きます。

新美濃出橋の上流に上美濃出橋と下美濃出橋という橋があります。これらの橋も見に来ます。できれば、歩くルートを変えて見に来たいです。




by satoyoshiaki | 2018-04-23 11:05 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (72) 汐滝水管橋

旭ヶ丘の住宅街の東側に218号線に下りる細い道があります。階段で石川へと下りて行きます。石川に架かる橋が汐滝水管橋です。旭ヶ丘から汐滝水管橋を渡ると218号線です。その汐滝水管橋を見に行きました。道の駅「奥河内くろまろの郷」から歩きました。

b0212898_18005231.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_18014186.jpg

↑ 道の駅の南の端です。写真の右上から下ってくる道路があります。外環から道の駅に入る道路です。その道路の下をくぐって、その道路に出ます。

b0212898_18025626.jpg

↑ このトンネルをくぐります。トンネルの壁に絵が描いてあります。落書きではないようです。壊れたバイクが放置されています。

b0212898_18035292.jpg

↑ トンネルを二つくぐって外環へいく道路に出ました。まっすぐ行くと外環です。この左に入る道へ行きます。

b0212898_18045288.jpg

↑ 狭い急な道を上って・・・

b0212898_18055204.jpg

↑ 高向神社のところに来ました。神社にお参りします。「無事に歩けますように。」

b0212898_18064259.jpg

↑ この道を通って、218号線に出ます。

b0212898_18074158.jpg

↑ 218号線です。右は河内長野高向局、向こうに見える三角屋根の建物は河内長野警察署高向駐在所です。その向こうに見えるのは高向小学校です。

b0212898_18084221.jpg

↑ 高向小学校の前を通ります。道路は右の方へ曲がって・・

b0212898_18094213.jpg

↑ 左の方へ曲がっているのが218号線です。上り坂はエッカ坂と言う坂です。狭い道路でしたが拡幅されました。エッカ坂を上ります。

b0212898_18104285.jpg

↑ エッカ坂の途中から東の方を見ます。向こうの高台は南花台の住宅街です。右の方、遠くに岩湧山が見えます。霞んでいます。

b0212898_18114264.jpg

↑ 坂を上って来ました。ここを左へ入ります。

b0212898_18123231.jpg

↑ 旭ヶ丘の住宅街の方へ行きます。

b0212898_18132262.jpg

↑ ヒマラヤスギの上の方が切り取られています。旭ヶ丘第3緑地を見に来た時に球果を付けていたヒマラヤスギです。201573日に投稿しています。

b0212898_18144360.jpg

↑ 住宅街の外周の道を歩きます。

b0212898_18155388.jpg

↑ ここを下ると汐滝橋です。下らずに先へ行きます。

b0212898_18165468.jpg

↑ ここを左へ曲がります。旭ヶ丘12丁目辺りです。

b0212898_18175613.jpg

↑ 左側の建物、向こう側が旭ヶ丘自治会集会所です。その横を左へ入ります。

b0212898_18190835.jpg

↑ ここです。右側のフェンスの中へ入ります。

b0212898_18210162.jpg

↑ 長い階段を下ります。151段・・・2012423日に投稿した階段巡りで通った階段です。

b0212898_18225961.jpg

↑ 階段を下りて来ました。橋はもうすぐです。

b0212898_18235887.jpg

↑ 石川の方へ下って行きます。

b0212898_18250032.jpg

↑ 汐滝水管橋です。左側に・・・

b0212898_18255523.jpg

↑ 「汐滝水管橋 昭和5510月竣工」と書いてあります。

b0212898_18270128.jpg

↑ 橋の上から石川の上流を見ます。深い谷です。水が岩の間を流れてきています。

b0212898_18282413.jpg

↑ 下流を見ます。擁壁の上は218号線です。

b0212898_18293161.jpg

↑ 橋を渡って218号線から橋を見ます。扉が付いています。いつも開いているようです。

b0212898_18303796.jpg

↑ 下流側から橋を見ます。太い配管の上を歩くようになっています。

b0212898_18313755.jpg

↑ 汐滝橋を渡って、218号線を通って帰りました。

この橋の水管は上水道か下水なのか、以前に聞いたことがあります。答えは下水ではなかったかと思います。間違っているかも分かりません。機会があれば確かめます・・・と言っても忘れるかも・・電話で市役所に聞きました。上水道の配管でした。





by satoyoshiaki | 2018-04-19 18:34 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (71) 岩瀬橋

前回の小手谷橋を見に行った時に渡った橋があります。ここにも橋があったんだなぁとチラリと見て通りました。目的の橋は小手谷橋でした。その素通りした橋は岩瀬橋です。今度はその岩瀬橋を見に行こうと出掛けました。美加の台第2公園から歩きます。

b0212898_11193297.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_11202496.jpg

↑ 駐車場からバス道へ・・

b0212898_11212359.jpg

↑ バス道沿いの歩道を西へ歩きます。

b0212898_11223376.jpg

↑ 最初の辻を左へ、南へ曲がります。

b0212898_11232376.jpg

↑ そして、すぐ右に入ります。

b0212898_11241382.jpg
↑ そして最初の辻を左へ曲がります。あっちへ曲がり、こっちへ曲がりです。
b0212898_11253265.jpg

↑ そして、この角を右に曲がります。左、向こう側は美加の台第5公園です。

b0212898_11264479.jpg

↑ この細い道に入ります。道に入りかけたとたんに、もの凄い犬の吠え声。右側の生垣の中で犬があちこち走りながら吠えています。姿は見えません。「ワンちゃん、静かにしいや」と言いながら・・

b0212898_11275478.jpg

↑ 細い道を通り抜けました。通り抜けて左へ曲がります。

b0212898_11284277.jpg

↑ 三叉路に突き当たります。ここを左にまがります。ここは展望のいいところです。

b0212898_11295596.jpg

↑ 西の方を見ます。昨日の天候の良くない時の写真です。ハッキリしませんが加賀田神社の山(?)も見えているようです。

b0212898_11311188.jpg

↑ 三叉路を南へ歩きます。八重桜が満開です。

b0212898_11321369.jpg

↑ 坂を下って行きます。

b0212898_11331325.jpg

↑ 坂を下って来ました。左の坂を上れば371号線のバイパスへでます。右側の坂を下ればバイパスの下をくぐって、廃線道にでます。

b0212898_11342764.jpg

↑ トンネルをくぐります。

b0212898_11352097.jpg

↑ 廃線道に来ました。ここを左へ、東の方へ歩きます。廃線道は東から南へと曲がっていきます。

b0212898_11370099.jpg

↑ (55)たちばな橋を渡ります。この橋は26日に投稿しています。ここからはお天気の良い時に撮った写真です。

b0212898_11380412.jpg

↑ (58)うぐいす橋を渡ります。この橋は218日に投稿しています。

b0212898_11391895.jpg

↑ (69)小立橋の東側を通ります。この橋は4月7日に投稿しています。

b0212898_11401508.jpg

↑ 岩瀬の家々が見えてきました。

b0212898_11411522.jpg

↑ 三叉路に来ました。まっすぐ行くと美加の台東の端の方へ上ります。ソタ峰越えの道です。ここは右に曲がります。

b0212898_11424615.jpg

↑ 薬師寺への案内板があります。もうすぐ岩瀬橋です。

b0212898_11435757.jpg

↑ 岩瀬橋です。橋の両側にガードレールがあります。この橋の下の川は天見川の支流です。この橋の左側は山の方、右側は天見川の方です。

b0212898_11452893.jpg
↑ 上流側、東側のガードレールの南側に「岩瀬橋」と書いてあります。
b0212898_11463608.jpg
↑ 下流側のガードレールの北側に「いわせばし」と書いてあります。
b0212898_11473501.jpg

↑ 橋から見た川です。上流側です。川の護岸はコンクリートブロックで固められています。

b0212898_11483794.jpg

↑ 下流側です。川はトンネルの中を流れています。南海電車の線路をくぐっています。

b0212898_11495703.jpg

↑ 架設期日が書いてないかと探しましたが、見つかりませんでした。

帰り道、ソタ峰越えの道を通って美加の台へ上りました。この橋は桜がきれいな頃に一度見に行きました。今日、投稿するのに桜の写真では似合わないので、昨日、見に行きました。曇りで雨が近いお天気でした。写真はよく晴れた日に撮ったものと曇りのときのものが混ぜっています。





by satoyoshiaki | 2018-04-15 12:00 | Comments(0)