歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

歩こう 橋を見に行こう (99) 小深橋 

310号線の小深から214号線が分岐して金剛山の方へ行きます。その分岐点の少し西側で310号線が石見川を渡ります。その橋が小深橋です。310線は「くずの口バス停前」の交差点から石見川の北側を通ってきますが、鳩原橋で川の南へ渡り、川の南側を走って、この小深橋でまた川を渡って、川の北側を南下します。その小深橋を見に行きました。(98)鳩原橋の近くから歩きました。

b0212898_11240684.jpg

↑ 地図の矢印のところです。214号線は金剛山へ行く道です。

b0212898_11250633.jpg

↑ 310線を南へ、いいお天気の日でした。

b0212898_11290255.jpg

↑ 三叉路です。右へは214号線と書いてあります。延命寺の方へ行く道です。まっすぐ310号線を歩きます。

b0212898_11322655.jpg

↑ 左側の川、石見川の方から、子供の声が聞こえてきます。覗きますが姿は見えません。川で遊んでいるようです。

b0212898_13282991.jpg

↑ 川の方へ下りる道があります。以前、下りたことがあるように思います。あとから調べました。2014611日に投稿した小深のお地蔵さんをお参りした時にお参りした「高瀧弁財天」が祀ってあります。

b0212898_13295359.jpg

↑ 谷沿いの道を通って・・・

b0212898_13320161.jpg

↑ 小深のお家が建っているところに近づいて来ました。

b0212898_13365382.jpg

↑ 左側を見ると、石見川が見えます。田んぼの稲が育っています。遠くに車が見えています。あちらの方へ行きます。

b0212898_13391713.jpg

↑ 道端に表示板があります。せまい道があります。そちらへ行くと観心寺、千早口駅、鳩原と書いてあります。山越えのきびしい道だろうと思います。

b0212898_13403263.jpg

↑ 太井のバス停のところにお地蔵さんが祀ってあります。お参りをして行きます。このお地蔵さんは2014611日に投稿しています。

b0212898_13414406.jpg

↑ 山が、空が、雲がきれいだなぁ・・と眺めながら歩きます。

b0212898_13424316.jpg

↑ 右側は錦川小学校跡です。

b0212898_13452927.jpg

↑ 壊れかけた門柱の横に石碑が立っています。

b0212898_13515551.jpg

↑ 「錦川」のバス停です。待合室の蔦、まわりの草がすごいです。この中でバスを待つのはたいへん。

b0212898_13541002.jpg

↑ 北側を見ます。山の形がきれいです。ときどき、なんであんな形になったのかなぁと思うことがあります。浸食されていった・・かなぁ。山のふもとに見えている家、あの辺りまでお地蔵さんを探しにいったことがあるように思います。

b0212898_13553011.jpg

↑ バス停は「小深口」です。小深橋が見えてきました。

b0212898_13574810.jpg

↑ 小深橋です。

b0212898_13593318.jpg
↑ 橋の下流側の北側の親柱に「小深橋」と書いてあります。
b0212898_14020857.jpg

↑ 橋の下流側の南の親柱に「昭和四十八年 竣工」と書いてあります。

b0212898_14114142.jpg

↑ 橋の上流側の北の親柱に「石見川」と書いてあります。

b0212898_14132556.jpg
↑ 橋の上流側の南の親柱に「こぶかはし」と書いてあります。
b0212898_14163662.jpg

↑ 橋から見た石見川の下流です。川が曲がるところはコンクリートブロックで護岸してあります。澄んだ水が流れていました。

b0212898_14182200.jpg

↑ 上流側から橋を見ます。床版橋です。

b0212898_14194414.jpg

↑ 橋の西の北の方に空地があります。建物を取り壊したような更地です。その奥の方に・・

b0212898_14252548.jpg
↑ お地蔵さんが祀ってあります。入らせてもらって、お参りに行きました。
b0212898_14262866.jpg

↑ 小さなお地蔵さんです。横の祠に丸い石が祀ってあります。安産の神様でしょうか。

b0212898_14301787.jpg

↑ 帰り道は来た道をもどりました。道端の井路、澄んだ水が流れていました。

 ついつい、この水はどこから引き込んで、どこへ流しているのだろうと考えてしまします。






by satoyoshiaki | 2018-08-10 14:36 | Comments(0)