歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

歩こう 橋を見に行こう (95) わらべ橋

ただいま。帰ってきました。また歩きに出かけます。

南海高野線の天見駅の北の方、
371
号線と廃線道に挟まれるように天見小学校があります。

小学校の校舎とグランドの間を天見川が流れています。小学校の南の方に天見川を渡る小さな橋があります。「わらべ橋」です。地図を見ていてこの橋を知ったのですが、いままでこの橋を渡ったことがありません。名前からしてかわいらしい橋です。小学生が通学するのに利用する橋といった名前です。天見小学校の今年の一年生は16名とか・・何人のかわいい一年生が利用しているのでしょうか・・。その「わらべ橋」を見に行きました。極暑のなか千早口駅近くから歩きました。

b0212898_16364474.jpg

↑ 地図の矢印が「わらべ橋」です。

b0212898_16373490.jpg
↑ 千早口駅の東側の道路を南へ、天見川の方へ下りて行きます。
b0212898_16383332.jpg

↑ 道路脇に東の方へ入る道があります。ここを通る時いつも、この道の先はどうなっているのだろう・・とおもいます。ロープが張ってあって入ることができません。

b0212898_16401812.jpg

↑ 道路の脇に水路があります。きれいな水が流れています。天見川の上流からの井路ではないでしょうか。残念ながら、平成21年度 河内長野市立郷土資料館 の「井路」にはこの地区の水路の記載はありません。

b0212898_16432383.jpg

↑ 清瀬橋のところに来ました。橋の手前を左に曲がります。廃線道です。

b0212898_16442777.jpg

↑ この日は工事のトラックは通っていないようでした。

b0212898_16454826.jpg

↑ 道路脇のアジサイの花はドライフラワーになっています。日陰はありがたいですが、虫さんに好かれます。虫さんには嫌われたいのですが。

b0212898_16472410.jpg

↑ 先ほどの水路だと思います。水路らしきものがあると覗きながら歩いていたのですが、知らぬ間に消えてしまいました。というか見落としてしまっていました。

b0212898_16484463.jpg

↑ ダンプカーが出入りしていた所です。工事を中断しているようでした。左側の崖を削ってあるところを見ると・・

b0212898_16501319.jpg

↑ 工事用の車両が置いてあります。道路を造っているのだと思います。

b0212898_16511470.jpg

↑ (70)小手谷橋を見に行く時に右へ入ったところに来ました。ここはまっすぐ行きます。

b0212898_16530521.jpg

↑ 天見小学校が見えてきました。天見川の上には橋を架けてあります。右の建物は体育館だと思います。

b0212898_16545581.jpg

↑ プールが見えます。夏休みです。誰も居りません。

b0212898_16554577.jpg

↑ 進入禁止柵のあるところにV字形に右に入る道があります。

b0212898_16570577.jpg

↑ この道です。この道に入ります。

b0212898_16575935.jpg

↑ 坂道を下って川の方へ行きます。

b0212898_16590528.jpg

↑ 正面の木々の中が川です。右側の空地・・・田んぼだったのでしょうか・・

b0212898_17000980.jpg

↑ 橋です。「わらべ橋」です。子供の安全のため防護柵が高いです。

b0212898_17011176.jpg

↑ 下流側の東側の親柱に「わらべ橋」と書いてあります。

b0212898_17021969.jpg

↑ 上流側の西の親柱にも「わらべ橋」と書いてありました。架設期日の表示はありませんでした。

b0212898_17033040.jpg

↑ 上流側から橋を見ます。床版橋です。

b0212898_17043163.jpg

↑ 橋の上から下流側を見ます。岩の上を水が流れています。

b0212898_17054065.jpg

↑ 橋の上から上流側を見ます。堰があります。左側の水路に水を流し込んでいます。この「あげ口」は来る道で見た水路の「あげ口」なのでしょうか?高低差からすると・・分かりません。

帰りは来た道を戻りました。暑いです。水分を補給しつつの歩きでした。





by satoyoshiaki | 2018-07-25 17:14 | Comments(0)