歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

歩こう 橋を見に行こう (88) 槇平橋

前回の(87)岸上橋のすこし南に槇平橋があります。岸上橋を見に行った時はこの槇平橋を見ずに引き返しました。また同じ道を歩いて見に行くのも・・ちょっと抵抗があります。地図を見ていると南青葉台の西の方から加賀田川の方へ下りる道があります。以前、池を道行ったときに通った道だと思います。ややこしい道だった記憶があります。あの時は加賀田川の方へ下りてくることはなく引き返したはず・・。今はどんな道になっているだろうかと思いながら出掛けました。

b0212898_10062108.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_10071163.jpg

↑ 北青葉台のバス道を南へ歩きます。この先は下り道です。

b0212898_10081223.jpg

↑ 坂を下って来て突き当り、正面は青葉台公園です。ここを左へ、東へ行きます。公園の東側に階段があります。

b0212898_10093238.jpg

↑ この階段です。上ります。

b0212898_10102154.jpg

↑ 階段を上ってゆるい上り、坂道を南へ歩きます。

b0212898_10113127.jpg

↑ この突き当たりを左へ曲がります。

b0212898_10125132.jpg

↑ 二つ目の辻、この辻を右へ、西の方へ入ります。

b0212898_10134275.jpg

↑ 突き当りを左へ、南へ行きます。右側は南青葉台第2緑地です。この緑地は20151224日に投稿しています。

b0212898_10144015.jpg

↑ 自動車が止めてある横の狭い道へ入ります。

b0212898_10153328.jpg

↑ 笹は刈り取られてあります。すこし進んで右側・・

b0212898_10170653.jpg

↑ 写真では左の方が住宅裏の道です。ここに右に入る道とその左斜めに入る道があります。写真の草だらけの道は左斜めに入る道です。入れません。右へ入って行きました。

b0212898_10194682.jpg

↑ 道か溝か・・水が流れていました。下って行きます。

b0212898_10204336.jpg

↑ もうすぐ池があるはず・・

b0212898_10213381.jpg

↑ 泥水の池がありました。中の池です。地図ではこの池の横を通る道があるのですが、木々で塞がれて道らしいものはありませんでした。池の東側に通路がありました。次の写真です。

b0212898_10225369.jpg

↑ この道を行くと、イノシシ除けの囲いをした小さな畑があります。

b0212898_10314688.jpg

↑ お宅の庭を通るような道・・犬に吠えられました。もの凄い大きな声の犬でした。

b0212898_10330335.jpg

↑ 田んぼのところに出てきました。向こうに見える建物は加納のバス停などだとおもいます。

b0212898_10340227.jpg

↑ 広い道路に出て・・右へ・・

b0212898_10350526.jpg

↑ 221号線に出てきました。右の方に加納のバス停があります。左へ行きます。

b0212898_10360647.jpg

↑ 内見橋を渡ります。

b0212898_10365710.jpg

↑ 加納木谷橋のところに来ました。橋の柵が変わっています。

b0212898_10375337.jpg

↑ 簡単なバリケードフェンスが置いてあります。もうすぐ通ることができるようになるのでしょうか。先へ進みます。

b0212898_10385431.jpg

↑ 岸上橋を渡ります。もうすぐ槇平橋です。

b0212898_10394573.jpg

↑ 槇平橋に来ました。

b0212898_10404475.jpg

↑ 下流側の北側と上流側の南側の親柱に「槇平橋」と書いてありした。

b0212898_10414865.jpg

↑ 上流側の北側と下流側の南側の親柱に「まきひらはし」と書いてありました。

b0212898_10425524.jpg

↑ 橋から見た加賀田川の上流です。傾いた陽が山の新緑を眩しく照らしていました。

この橋も床版橋でした。

帰りは221号線を北へ歩いて、南青葉台の交差点に出ました。地図にある道でも通れないところがあるものです。山の中のめったに人が通らない道で、もしものことがあれば、何時発見されるか・・・歩きは慎重に!です。






by satoyoshiaki | 2018-06-22 10:51 | Comments(0)