歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

歩こう 橋を見に行こう (85) 内見橋

84)神納橋の上流に内見橋があります。221号線が南ヶ丘の東側で加賀田川を越える橋です。この橋は南海バスの終点神納バス停の少し南にある橋で、岩湧山へ歩いて行く時には、このバス停から歩くことになります。その時最初に渡る橋でもあります。大矢船から内見橋を見に行きました。

b0212898_16260895.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_16271181.jpg

↑ 大矢船第4公園の中を通り越して・・

b0212898_16283730.jpg

↑ 広い道路を南へ歩きます。

b0212898_16292964.jpg

↑ この交差点を斜め左へ入ります。神納橋のときと同じです。

b0212898_16301919.jpg

↑ ここの斜め右の道路を・・とも思いましたが・・まっすぐ行きます。

b0212898_16312714.jpg

↑ その次の斜め右の道路・・ここもまっすぐ行きます。

b0212898_16321831.jpg

↑ 突き当りを右へ・・では神納橋の時と同じ道です。一つ手前のこの辻を右に入りました。

b0212898_16331879.jpg

↑ ゆるい上り坂です。初めて歩く道かも分かりません。まっすぐ上って・・

b0212898_16341830.jpg

↑ この突き当りを左へ入ります。そしてまた突き当りを右へ曲がります・・

b0212898_16351915.jpg

↑ 信号のある交差点に出ました。左へ曲がります。

b0212898_16360959.jpg

↑ かいと大橋を渡ります。お散歩の夫婦が歩いて行きます。

b0212898_16370860.jpg

↑ 橋を渡って・・まっすぐ行くと、また同じ道になるので・・ここを左へ入ろうとシャッターを切ったとたんに散歩のおばさんが出てこられました。そちらへ曲がって・・

b0212898_16381855.jpg

↑ 最初の辻を右へ・・

b0212898_16385845.jpg

↑ ここを左へ曲がって・・すぐに右へ曲がって行くと・・

b0212898_17280775.jpg

↑ 南ヶ丘第4公園のところに出ました。すこし遠回りをしました。左へ曲がります。

b0212898_17302529.jpg

↑ 左右の広い道路を左へ下ると車作橋へ出ます。そちらへ行きます。写真の左の空地はバスの方転地です。

b0212898_17312499.jpg

↑ 坂を下って右に入る最初の辻に来ました。ここを右に入ります。

b0212898_17322549.jpg

↑ この突き当りを左に曲がると、南ヶ丘第2公園のはずです・・

b0212898_17333598.jpg

↑ 南ヶ丘第2公園です。この公園の向うの端を右に入ります。

b0212898_17342558.jpg

↑ この坂を下ります。この日は黒い車が停まっていました。神納橋の時は青い車が停まっていました。

b0212898_17351624.jpg

↑ この道を下って行きます。

b0212898_17360660.jpg

↑ 道端にアヤメの花が咲いていました。かわいい花です。

b0212898_17371074.jpg

↑ 少し広い道に出て、神納橋へ下りる道の横を右の方へ、南へ歩きます。

b0212898_17380881.jpg

↑ 静かな谷沿いの道です。右側は崖をコンクリートで固めてあります。そのコンクリートを苔が覆っています。左側の竹藪の下には加賀田川が流れています。

b0212898_17393880.jpg

↑ 221号線に出てきました。この221号線を左へ行くと内見橋があります。

b0212898_17403751.jpg

↑ 内見橋です。

b0212898_17412885.jpg

↑ 上流側の南側の親柱に「内見橋」と書いてあります。下流側の北側の親柱にも書いてありました。

b0212898_17423876.jpg

↑ 下流側の南側の親柱に「昭和六年十二月架設」と書いてあります。上流側の北側の親柱にも書いてありました。

b0212898_17433987.jpg

↑ 上流側から見た橋です。この橋は床版橋です。

b0212898_17444023.jpg

↑ 神納のバス停を見に行きました。中にベンチがあります。一日に9本くらいのバスです。待ち時間が長いので、岩湧山へ登山をした人はゆっくり休めます。


内見橋は架設されてから86年が経っています。橋の防護柵などのコンクリートを見ると歳を感じますが、まだまだ元気な橋のようです。100才でも現役だよと言っているような橋でした。




by satoyoshiaki | 2018-06-10 17:55 | Comments(0)