歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

歩こう 池を見に行こう (33)六明池    下里

下里町の217号線の東の方に六明池があります。地図を見ていると、谷間を仕切って造った池のようです。歩いたことのない道、その道の奥の方にあります。見ることができるかなぁと少し気にしながら出掛けました。

b0212898_09540864.jpg

↑ 地図の○印の池です。

b0212898_09545934.jpg

↑ 小山田町の170号線の交差点「小山田」のところに来ました。三叉路です。左右の道路が170号線です。170号線を左へ行きます。

b0212898_09555722.jpg

↑ 「広野」のバス停です。左側の道路は旭ヶ丘の方へつながっています。まっすぐ行きます。

b0212898_09573738.jpg

↑ この交差点、まっすぐ行ってもいいのですが、右に入ります。「西中学校 天野小学校」と書いてある道路です。

b0212898_09583850.jpg

↑ 真直ぐ行くと天野小学校、右は西中学校です。電柱の向こう側を左に曲がります。曲がり角に・・・

b0212898_09594196.jpg

↑ 石像があります。棒杭に「二宮金次郎看板」と書いてあります。ここに看板を立てるということでしょうか。左側の道路を向こうへ歩きます。

b0212898_10005046.jpg

↑ きれいな道路です。通学路です。

b0212898_10014144.jpg

↑ 「大声で たすけを よぼう」と書いてあります。天野町の方へ下りる淋しい道です。

b0212898_10023958.jpg

↑ 長い坂道です。

b0212898_10033837.jpg

↑ 坂を下って来ました。向こうに見えているのが217号線です。217号線を右へ歩きます。

b0212898_10042841.jpg

↑ 217号線を北へ・・・田植えが終わった田んぼが美しいです。

b0212898_10051858.jpg

↑ 川沿いの道に来ました。右側の道です。この道を入って行きます。

b0212898_10061761.jpg

↑ 一般の人が通る道ではなくて、農作業用の道のようです。

b0212898_10070917.jpg

↑ 田んぼの方にはイノシシ除けのネットが張られています。

b0212898_10075801.jpg

↑ ここから右に曲がります。川を越えて谷間に入って行くようです。入っていきます。

b0212898_10085004.jpg

↑ 田んぼにシラサギがいました。

b0212898_10113819.jpg
↑ 地図の道はここで左に曲がっていますが、溝を鉄板で蓋をした道がまっすぐ伸びています。向こうに土手が見えます。池のようです。まっすぐ行きます。
b0212898_10124084.jpg

↑ 軽トラが止まっています。誰かいないか・・誰も見当たりません。道はここで終わりです。この池が六明池のようです。

b0212898_10133876.jpg
↑ 土手を上って行きます。
b0212898_10143278.jpg
↑ 六明池です。
b0212898_10152854.jpg

↑ 池の下から来た道を見ます。

六明池を見ることができました。狭い谷間の田んぼもよく手入れがされていました。気持ちがいいものです。いつまでもこんな景色を見ることができますように。








by satoyoshiaki | 2016-06-28 10:24 | Comments(0)

歩こう 池を見に行こう (32)小池    日野

地図を見ていると南花台の南の方、日野に小池という池があります。日野浄水場の中の道路を通って行けるところです。この道は以前お地蔵さん詣りの時に218号線の方から南花台の方へ歩いた道です。その時は池のことは気にしておりませんでした。小池があったのかどうか記憶にありません。その小池を見に行きました。

b0212898_09143316.jpg

↑ 地図の○印の池です。東の方に小さな三角形の池があるようですが、この池の名前はわかりません。

b0212898_09152573.jpg

↑ 南花台に来ました。南花台のバス道を南へ歩きます。

b0212898_09161424.jpg

↑ 南花台の南の端から二つ目の信号のある交差点を右へ、西へ曲がります。南花台四丁目のバス停のところです。

b0212898_09171443.jpg

↑ まだ小さな並木が植えられた歩道です。二つ目の交差点を左に、南へ入ります。

b0212898_09181454.jpg

↑ 南花台第7公園の東側の道路を南へ歩きます。この公園は201234日に投稿しております。

b0212898_09191492.jpg

↑ 日野浄水場のところに来ました。ここからは許可されていない車両は進入できません。

歩く人はどうなのか・・わかりませんが通らせて頂きます。

b0212898_09201596.jpg

↑ 坂道を上って角のところを左へ曲がります。

b0212898_09224714.jpg

↑ この左側が浄水場です。

b0212898_09233476.jpg

↑ 浄水場の入り口。「河内長野市 富田林市 共同施設 日野浄水場」と書いてあります。

南へ歩きます。

b0212898_09243491.jpg

↑ 谷間の棚田、田植えが終わっている。こんなところまで田んぼになっています。上流に池でもあるのだろうか・・・地図を見ると池はありません。川からの水のようでした。

すぐ横で道路工事をしています。どこへつながる道路でしょうか・・・

b0212898_09261737.jpg

↑ 道を下って行くと、道路のまん中にトラックが止まっています。その向こうにブレハブの小屋があります。道路を塞いでいます。

b0212898_09271564.jpg

↑ 工事中の道路の端を歩きます。

b0212898_09280479.jpg

↑ この道路を行くと日野の町へ出ます。軽トラックが止まっており、おじさんが立っています。そのおじさんに聞きました。この道の端に小池という池がありますか・・小池という名前だったかなぁ・・この道路の左側にありますよとのこと。この道路は何処へつながるのかと聞きます。右側は外環、左は371号線の千早口近くということです。

b0212898_09293350.jpg

↑ 坂を下って行きます。山を削っているところです。ここにも軽トラが止まっていました。その少し下の右側・・

b0212898_09302682.jpg

↑ 小さな池がありました。その池を見ていると軽トラックが来て、先ほどのおじさんが池はもう少し下ですよと言ってくれます。ありがとうございます。

b0212898_09312464.jpg

↑ すこし下ると池が見えてきました。

b0212898_09321424.jpg

↑ 小池です。水が濁っています。昨日の大雨で濁ったのでしょうか。

b0212898_09335495.jpg

↑ 日野の町を218号線の方へ歩きます。きれいに晴れた空に雲が一つ浮いていました。

b0212898_09345760.jpg

↑ 日野の町・・左を下ると汐滝橋、右を上ると南花台です。南花台へ行きます。

b0212898_09355655.jpg

↑ 南花台の小学校の向うに金剛山がきれいに見えました。手前の広場は南花台西小学校の運動場なのですが草だらけです。生徒数が減って閉校になっています。南花台には南花台東小学校だけとなり校名が南花台小学校となっています。

b0212898_09374490.jpg

↑ 校門には「南花台西小学校 南花台ふれあいプラザ」と書いてあります。写真を撮っている時に中からおじさんが「いいですか・・」と出てこられました。

この人に聞くと、ここは来年の4月から看護学校になりますと言うことでした。

帰り道、暑くて喉も乾いたので南花台のスーパー「コノミヤ」に寄ってソフトクリームを食べました。テーブルでソフトを食べていると店のおばさんが南花台は人が減っていって困っているのです。これは見られましたか?と言って町を楽しくするためのアイデアを教えて下さい・・と言うようなことを書いたものを見せられました。関西大学の学生さんがいろいろ相談にのってくれますということでした。










by satoyoshiaki | 2016-06-24 09:51 | Comments(0)

歩こう 池を見に行こう (31)室谷池 下池   下里

下里の町の通りの西の方、通りからは見えないところに室谷池があります。そのすぐそばに下池があります。地図を見ていると天野山ゴルフ場の近く・・どんなところだろうといろいろ想像しながら出掛けました。

b0212898_10401309.jpg

↑ 地図の○印の池が室谷池です。その東側の池が下池です。この日は217号線の西側の広い道路を歩きました。

b0212898_10411564.jpg

↑ 金剛寺の近くからスタートします。写真の右側の道路は170号線です。

b0212898_10420326.jpg

↑ 170号線から左にそれます。写真の右側の道路が広い道路です。左に入ると北側の山門です。広い道路を歩きます。

b0212898_10425501.jpg

↑ 真直ぐな道です。時々車が通ります。下里の町の中の狭い道を車が通ると危険なので、この道路が出来たのではないでしょうか。バイパスです。

b0212898_10434679.jpg

↑ 道路の両側は畑、田んぼです。

b0212898_10445477.jpg

↑ 田んぼでは田植えが終わっています。

b0212898_10454607.jpg

↑ この交差点を左に曲がります。

b0212898_10463201.jpg

↑ この交差点の左右の道路は下里の町を南北に通じる道路です。広い道路の西側の道路です。まっすぐ行きます。突き当りを左に曲がると(30)今池の方向です。突き当りを右に曲がります。

b0212898_10473317.jpg

↑ 坂を上ります。石垣を築いて立派なお家が建っています。

b0212898_10482370.jpg

↑ 突き当りにも大きな門のお家。門の手前を左へ・・

b0212898_10491562.jpg

↑ こんなところに新しいお家。手前の急坂を右へ・・

b0212898_10500983.jpg

↑ もう少しで上りが終わるようです。

b0212898_10510328.jpg

↑ こんなところに自動車。今歩いて来た道を車で・・大した運転技術です。

b0212898_10515211.jpg

↑ 坂を上りきったところに小さな広場、そこにお地蔵さんが祀ってありました。下里にはお地蔵さんがたくさん祀ってあると思っていましたが、こんなところにも百四十六尊目のお地蔵さんです。しっかりお参りして通ります。

b0212898_10525326.jpg

↑ 今度は下り坂です。尾根を一つ越えることになります。この下に池があるようです。

b0212898_10534272.jpg

↑ 池がありました。室谷池です。

b0212898_10543398.jpg

↑ こんなところに・・・立派な池です。

b0212898_10552462.jpg

↑ 室谷池の堤防の下にも池があります。下池です。室谷池のフェンスの向こうに見える高いフェンスは天野山ゴルフ場の練習場です。昔、この練習場へは何回か来たことがあります。

b0212898_10562367.jpg
↑ 下池、堤防で囲ってあるようです。・・造るのが大変だっただろうなぁ、よくできているなぁと感心することしきりです。
b0212898_10581395.jpg

↑ 帰り道、遠くに葛城山が見えていました。

b0212898_10590583.jpg

↑ 広い道路に出る手前で若い女性が旗を振っていました。マーチングのフラッグの練習をしているのでしょうか?

下里町には総合運動場があります。また最近、人口芝球技場ができました。日曜日などたくさんの子供達が遊んでいます。河内長野市内でもこの下里の運動公園がこが一番広い運動公園だと思います。




by satoyoshiaki | 2016-06-20 11:07 | Comments(0)

歩こう 池を見に行こう (30)今池   下里

先日、下里の新池を見に行きました。新池の近くに今池があります。いずれも下里の町の通りの家々の裏側の広い田んぼ、畑の奥にあります。町の通りからは全く見えません。下里を歩いているとこんなところがあるとは思えないようなところです。その今池を見に行きました。

b0212898_10173436.jpg

↑ 地図の○印の池です。

b0212898_10182676.jpg

↑ 天野山の金剛寺の近くからスタートします。この道を真直ぐ行ってもいいのですが新池を見に行った時に歩いています。この日は別の道を・・・

b0212898_10192459.jpg

↑ 金剛寺の北側の山門を出ます。

b0212898_10200464.jpg

↑ 山門を出てすぐ左へ217号線を北へ歩きます。

b0212898_10205504.jpg

↑ この建物は「門前集会所」です。その横を通ります。

b0212898_10214495.jpg

↑ すこし上り道です。左の方に見えているのが下里の家々です。

b0212898_10223557.jpg

↑ お地蔵さん。(23)「うつじ池」の時は向こうからこちらへ歩いて来ました。今日は逆です。手を合わせて通ります。

b0212898_10253583.jpg

↑ 坂を上って来ました。電柱の向こう側を右に入ると「うつじ池」です。まっすぐ行きます。

b0212898_10262930.jpg

↑ 217号線です。ここは天野町です。

b0212898_10273394.jpg

↑ 下へ下る細い道があります。ちょっと近道・・この道を下ります。

b0212898_10282830.jpg

↑ この道は夜は真っ暗で怖い道です。

b0212898_10291446.jpg

↑ 下って来ました。ここを左へ行きます。

b0212898_10300776.jpg

↑ まっすぐ西へ。住宅の左の方のこんもりと高くなっている林の向こう側に田んぼがありその奥に池があります。

b0212898_10310811.jpg

↑ まっすぐ西へ歩いて、三叉路に来ました。左へ曲がります。

b0212898_10320472.jpg

↑ 田植えが終わっていました。この田んぼの水は新池、今池からの水だと思います。

b0212898_10335865.jpg

↑ 新池にはまっすぐ行きました。今池はこちらだと右の道を入って行きました。

b0212898_10345542.jpg

↑ 道がここで終わり・・・引き返しました。地図を確認しないで入って来たのが間違いでした。

b0212898_10354868.jpg

↑ 分かれ道はここでした。左は先日行った新池、ここから右へ入って行きます。

b0212898_10370652.jpg

↑ 今池の堤防が見えてきました。まっすぐ草むらの中の道を行きました。コンクリートの道がここで右へ曲がっていたのに・・・前ばかり見ているからです。

b0212898_10382102.jpg
↑ 堤防の下でコンクリートの道に出てきました。この田んぼの水は濁っています。
b0212898_10392544.jpg

↑ 今池への階段を上ります。

b0212898_10403480.jpg

↑ 今池です。水が濁っていました。池の向こうは天野山ゴルフ場です。山の中から流れ出してくる水ではないからでしょうか。

b0212898_10414878.jpg

↑ 帰り道、田んぼの中に鳥がいました。じっとこちらを見ています。どこのおっさんかなぁ・・と。

b0212898_10423688.jpg

↑ 下里の住宅に行くまでの道端に大きなキャベツ畑があります。これから巻きはじめるキャベツ、みごとでした。

畑で仕事をしているおじさんがいました。「こんにちは」と声を掛けます。そのおじさんが写真を撮っておられましたが、なにか工事でもされるのですかと聞かれました。池巡りをしていると話ました。キャベツ畑のことを聞くと、近くの人ではないのですがキャベツ作りの専門家みたいな人だそうです。成長がすごく早いとのここと、直売所で売っているということでした。

あちこち写真を撮っていると、何をしているのだろうと思う人もおられます。







by satoyoshiaki | 2016-06-16 10:52 | Comments(0)

歩こう 池を見に行こう (29)トンボ池

旭ヶ丘の住宅街にトンボ池があります。住宅街の奥の山の谷間を埋めた池です。30年以上前にこの池の土手が崩れかけてきたし、田畑へ水を流す必要も無くなってきたので、池を壊そうと言う話がでたそうですが、防火用の水等としても必要だということで改修をするという話を聞いたことがあります。そのトンボ池を見に行きました。

b0212898_10430585.jpg

↑ 地図の○印の池です。

b0212898_10435669.jpg

↑ 外環を歩くことにします。外環へ出るまでの道端に草が生えていない畑があります。何時でしたかおばさんがしゃがみこんで小さな草を一本ずつ丁寧に取っておられたのを見たことがあります。苔はありますが草は生えていません。

b0212898_10463576.jpg

↑ 外環を歩きます。車が通らない瞬間・・・

b0212898_10472488.jpg

↑ 外環の東側の田んぼ、田植えが終わっています。

b0212898_10483063.jpg

↑ 外環を南へ、この辺りから上り坂です。

b0212898_10492402.jpg

↑ ここを左に入るとエッカ坂を通って旭ヶ丘への道です。どうするか・・・帰りにエッカ坂を通ることにして、まっすぐ行きます。

b0212898_10503558.jpg

↑ 左への分岐道路が旭ヶ丘へ行きます。歩道はこちらしかありません。

b0212898_10512420.jpg

↑ 旭ヶ丘の交差点です。左手前がエッカ坂へ、信号機のあるところ左が旭ヶ丘の住宅街へ、まっすぐ行くと外環にそって旭ヶ丘の西の方へ行きます。ここはまっすぐ行きます。

b0212898_10524598.jpg

↑ この横断歩道を渡ってまっすぐ行きます。右側の防護壁の下は外環の車道です。

b0212898_10534569.jpg

↑ 道路の掃除、並木の手入れなどきれいな通路です。

b0212898_10550539.jpg

↑ 子育て支援 赤ちゃんセンターのところを南へ歩きます。

b0212898_10565198.jpg

↑ ここにはたくさんの遊具があります。

b0212898_10575534.jpg

↑ 赤ちゃんセンターの南の辻を西へ折れて、旭ヶ丘第4公園のところに来ました。正面、南の方に見えているのがトンボ池の堤防です。

b0212898_10585404.jpg

↑ 公園の広場から見た池の堤防です。谷間を仕切って池にしてあります。

b0212898_11001427.jpg

↑ 堤防に上がる階段があります。

b0212898_11011430.jpg

↑ トンボ池です。

b0212898_11020683.jpg

↑ 池の奥の方、きれいな水で満水です。

b0212898_11030524.jpg

↑ 堤防に石碑と池の樋に使われていたと思われる石の樋材が置いてあります。

石碑には明治庚亥年に農業の繁栄を願って築造した池、七町七反歩の田畑の耕作に寄与してきた。都市化がすすむこの地区で防災と安全を図り当地を長く維持するために約3500万円を投じて堤体と樋管の大改修を実施した・・・と書いてありました。石碑に書かれた期日は昭和575月です。

b0212898_11061354.jpg

↑ 堤防の上から見ます。写真の右の一階建ての建物は高向保育園です。

b0212898_11071563.jpg

↑ 帰りは保育園の北側の道路を通ります。

b0212898_11081644.jpg

↑ 右側に入るとエッカ坂です。来るときは正面の歩道をのぼってきました。エッカ坂を下って帰ります。

b0212898_11092088.jpg
↑ 遠く岩湧山が見えていました。
b0212898_11101483.jpg

↑ 下りはじめると、向こうに金剛山が見えていました。

どこの池を見ても池の堤を造る作業はほんとうに大変だったろうと思います。重機のない時代にモッコなどで土を運んだのではないでしょうか。こつこつと時間のかかる作業をつづけられた人達・・・立派だったと頭が下がるおもいがします。













by satoyoshiaki | 2016-06-12 12:03 | Comments(0)

歩こう 池を見に行こう (28)あめんぼ池  烏帽子形公園 

烏帽子形公園に小さな池があります。子供頃、若いころに烏帽子形山に登ったり、公園の中のプールに行ったり、また夕陽を見に公園の西の方の高台に行った公園。その公園の中に小さな池があったのを覚えています。池の名前は知りませんでしたが、地図に「あめんぼ池」とあります。そのかわいらしい池を見に行きました。

b0212898_13432812.jpg

↑ 地図の○印の下の池です。

b0212898_13441918.jpg

↑ 栄町を西へ行きます。

b0212898_13450755.jpg

↑ 鉄塔のところの急な階段から烏帽子形山を見ます。右側のマンションが視界を遮っていますが、山の山頂はもう少し右です。池は山の向う側です。

b0212898_13460747.jpg

↑ 栄町で石川を渡ります。栄町新橋です。正面に見えているのが烏帽子形山です。山の向こう側に行く道は山の左側を回って行く道があります。よく歩く道です。この日は山を越えて行くことにしました。

b0212898_13472067.jpg

↑ 道路の右側は「さいなみ広場」です。立札があります。「史跡 烏帽子形城跡」と書いてあり右への矢印が書いてあります。ここから山頂へ上ることができますが、谷を歩いて登ることになります。谷はチョット・・・もう少し先へ行って尾根を上る道を歩くことにしました。

b0212898_13482781.jpg

↑ 高野街道を少し歩くと右側に小さな階段があります。表示柱が見えています。ここから見ると「自然を大切にしましょう」と書いてあります。

b0212898_13493027.jpg

↑ 表示柱の左側を見ると「烏帽子形公園  長尾根の道  古墳広場」と書いてあります。この階段を上ります。

b0212898_13503004.jpg

↑ 笹の葉に階段が埋もれています。人が歩いた形跡は・・・無いようです。

b0212898_16363633.jpg

↑ 尾根の道です。枯葉です。サクサクと歩きやすい道です。滑らないように注意です。

b0212898_16380789.jpg

↑ 古墳広場に来ました。四阿がありますがロープが張ってあり、立ち入り禁止になっています。

b0212898_16392250.jpg

↑ 烏帽子形古墳の説明板があります。「この古墳は烏帽子形山から東に伸びる尾根山、標高150mに位置しています。古墳の形は上から見ると円形に見える円墳と呼ばれるものです。古墳の大きさは径17m、高さ3mで、土を盛り上げて築かれています。古墳の調査は外形測量しか実施していませんが、昔、地元の人が一度掘って、石の部屋があることを確認しています。このことからこの古墳は古墳時代の後期(6世紀後半から7世紀)ころの横穴式石室という形式のものと考えられます。・・・・・」と書いてありました。

b0212898_16404735.jpg

↑ これが古墳の入り口らしいです。草と木でよくわかりません。

b0212898_16420848.jpg

↑ 頂上の方へ行きます。

b0212898_16431175.jpg

↑ 本丸道の方へ行きます。

b0212898_16440013.jpg

↑ 階段の手前両側が凹んでいます。堀のようです。

b0212898_16445939.jpg

↑ こなら広場を通って・・・

b0212898_16455084.jpg

↑ 本丸広場に来ました。

b0212898_16463928.jpg

↑ 烏帽子形城の説明板があります。「・・・室町時代から江戸時代の初め、元和年間(1615年)までは確実に使用されていました。・・・標高182mの烏帽子形山に築かれています。・・・・南北朝時代に楠正成によって築かれたと伝えられています。・・・・」などと書いてあります。

b0212898_16474258.jpg

↑ 北の方に城の基礎石が造ってありました。修復された比較的新しいものです。これを見たのは初めてです。

b0212898_16485089.jpg
↑ そこから北の方がよく見えるようになっていました。遠く高いビルが見えます・・・ズームアップすると・・・次の写真です。
b0212898_16510298.jpg

↑ 写真の中央に薄く一際高いビルが見えます。アベノハルカスだと思います。

b0212898_16520167.jpg

↑ 山を下ります。

b0212898_16525346.jpg

↑ 烏帽子形山の南の方へ下って来ました。四阿があります。池はその右の方の林の中だと思います。

b0212898_16572166.jpg
↑ 石垣に沿って狭い道があります。池はその右側です。
b0212898_17074595.jpg

↑ 道の右手の柵の右が池です。かなり草が生えています。道の奥へ行くと・・・

b0212898_17093343.jpg

↑ あめんぼ池です。池の北の端です。振り返って南の方を見ると・・

b0212898_17103619.jpg

↑ 池の南の端辺りです。

b0212898_17113013.jpg

↑ よしや峠の道路の方へ行きます。正面の建物はトイレ、左の階段の上には烏帽子形公園プールがあります。

久し振りに烏帽子形山を越えて来ました。城跡はずいぶん変わっていました。よしや峠の道を下って帰りました。
























by satoyoshiaki | 2016-06-08 17:19 | Comments(0)

歩こう 池を見に行こう (27)新池  下里町 

下里町の西の方、天野山カントリークラブに近いところに新池があります。この池の辺りは今まで歩きに行ったことがありません。地図を見ていると金剛寺から北へ歩いて、西の方へ入って新池を見てからゴルフ場に沿って南へ下って来る道があるようです。その道を一周してこようかと出かけました。

b0212898_10572503.jpg

↑ 地図の○印の池です。

b0212898_10581675.jpg

↑ 金剛寺からスタートです。下里町を北へ歩きます。

b0212898_10590612.jpg

↑ 門のところに祀ってあるお地蔵さん。手を合わせて通ります。

b0212898_10595652.jpg

↑ もう一尊、よろしくお願いいたしますと手を合わせて通ります。

b0212898_11004823.jpg

↑ この辺りの田んぼは田植えの準備をされているようです。

b0212898_11023661.jpg

↑ 小さな橋のところに来ました。川、西除川でしょうか、が直角に曲がっているところに流れ込んでいる支流に架かる橋です。

b0212898_11032823.jpg

↑ 川を見ます。右の方から流れてきて、向こうが下流です。

b0212898_11041863.jpg

↑ 西に入る四つ辻に来ました。ここを左に入ります。ここからは初めて歩く道です。

b0212898_11051812.jpg

↑ すぐ三叉路です。左に曲がります。

b0212898_11060646.jpg

↑ 畑の中の一本道です。ずっと向こうに見えている土手が池の堤防かも分かりません。

b0212898_11071636.jpg

↑ 水路があります。立札があります。「各位 ここは今池新池水路です。ごみを捨てないで美しく使いましょう。 水利組合」と書いてあります。今池と新池から流れて来ている水路です。この日見に行くのは新池です。

b0212898_11103347.jpg

↑ 水路からそれて向こうの建物の横に道がつづいています。その向こうに土手が見えます。

b0212898_11113786.jpg

↑ 坂道を上って・・・

b0212898_11121637.jpg

↑ 土手のところに来ました。桃畑のようなところ・・・この中を通らせてもらいます。

b0212898_11132655.jpg

↑ 土手を上がってきました。フェンスがあります。

b0212898_11141719.jpg

↑ 新池です。満水です。

b0212898_11150606.jpg

↑ 池の上から下里の住宅を見ます。この池も狭い谷の間に造られた池です。

b0212898_11155793.jpg

↑ ゴルフ場の方の道を通って帰ろうと歩きます。深い轍があります。轍はこの先で無くなっていました。

b0212898_11170944.jpg

↑ これが道だろうと入って行きます。ほとんど人が通った気配がありません。だんだん草や笹が増えてきます。

b0212898_11175925.jpg

↑ この先は無理です。引き返しました。

後日、天野ゴルフ場の方からこの道が分かるだろうかと見に行きましたが、草と雑木だらけの道らしきところがありました。道といえるようなところではありませんでした。



















by satoyoshiaki | 2016-06-04 11:26 | Comments(0)