歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

歩こう 緑地を見に行こう (3)寺池台緑地

緑地の名前が書いてある緑地があります。公園を探したり、ぶらり散歩をした時に道の端に園名柱のような名柱があり「寺池台緑地」と書いてあったのを覚えています。

その緑地へと歩きに行きました。

b0212898_08275162.jpg

↑ 地図の○印のところです。

b0212898_09122596.jpg

↑ 寺ヶ池公園を歩きます。普段の散歩はどうしても午後になるのですが、この日は午前中に歩きに出かけました。10時頃でした。午前中の陽の光を浴びた公園の景色を見るのもさわやかです。

b0212898_09175864.jpg

↑ 寺ヶ池の南側の堤防の上です。寺池台緑地は前に見えている住宅街の右の方の奥にあります。

b0212898_09231748.jpg

↑ 寺ヶ池の西側の道を南へ歩いて来ました。小山田の交差点です。右へ、西の方へ曲がります。この時間から散歩の人をたくさん見かけました。朝の散歩。

b0212898_10120412.jpg

↑ 交差点を右折して、またすぐ右折します。小山田町を北へ歩きます。

b0212898_12335345.jpg

↑ 寺池台公園の横を通ります。2012820日に投稿した公園です。公園を通り越して、すぐ左折します。

b0212898_12372699.jpg

↑ 道路の西側の斜面、水仙がきれいに咲いていました。ここも緑地かもわかりません。突き当りを右折、北へと歩きます。

b0212898_12394792.jpg

↑ また突き当りを右折します。左側のガードレールの外側が寺池台緑地です。

b0212898_12432199.jpg

↑ 下の方に小さな池が見える斜面。雑草がきれいに刈ってあり気持ちがいいです。

b0212898_12461361.jpg
↑ 北の方に緑地の名柱が立っています。
b0212898_17451760.jpg

↑ 緑地の北の方から北を見ます。遠景がはっきりと見えます。遠くの右の方の煉瓦色の建物は近畿大学付属病院です。

b0212898_17502237.jpg

↑ 帰り道、小山田町の東の方からの眺めです。下に寺ヶ池、遠くに金剛山が見えます。山がうすく霞んでいました。













by satoyoshiaki | 2015-02-28 18:33 | Comments(0)

歩こう 緑地を見に行こう (2)

前回は、あかしあ台第1緑地を見に行ったのですが、お地蔵さんのお参りになりました。

こんどは間違いなく第1緑地を見に行きます。あかしあ台第1緑地の近くに八つほど緑地があります。他の緑地を見に行く時は、なるべく違った道を歩いていくようにします。

b0212898_11205069.jpg

↑ 地図の○印のところです。

b0212898_11253972.jpg

↑ 寺ヶ池公園を北へ歩きます。この2本の木、クスノキとケヤキがこの公園で一番大きな樹ではないかとおもいます。太さ・・二人で抱えきれないほどです。

b0212898_11340058.jpg

↑ 梅の花が満開でした。晴れていたら、もっときれいな写真が撮れたと思いますが・・残念。

b0212898_11443936.jpg

↑ 池の北の端、西側の道路を北へ歩いて、最初の信号のある交差点を左、西の方へ歩きます。すこし上り・・・そして

b0212898_11531736.jpg

↑ 下りです。信号の向こうは小山田北大橋です。手前を右に入ります。入って直ぐに右折します。

b0212898_12321687.jpg

↑ あかしあ台第6公園(2012610日投稿です)の横を通ります。

b0212898_12390373.jpg

↑ 突き当りを左折します。もうすぐ目指す緑地です。突き当りの斜面のところも緑地かも・・と思ったのですが、近づくと、かなり荒れていました。梅の木が植えてあるようです。私有地だと思います。

b0212898_12520360.jpg

↑ 西除川のところに来ました。この斜面があかしあ台第1緑地です。南の方から見たところです。

b0212898_18003439.jpg

↑ 川の向こうにあかしあ台第2公園が見えます。

b0212898_18040800.jpg

↑ 北の方からみた緑地です。手入れがされています。

b0212898_19334083.jpg

↑ 帰り道、西の空を見ると、こい霧のような、うす雲の中にボンヤリと明かり、夕暮れ近い太陽です。幻想的でした。すこし歩いていると、うす雲がとれて日が射してきました。













by satoyoshiaki | 2015-02-25 20:07 | Comments(0)

歩こう 緑地へ・・・あっ お地蔵さん(百四十五)

河内長野市内の緑地を見に行こうと出掛けます。緑化協会さんに緑地の場所を教えていただきました。まず、あかしあ台の緑地を見に行こうと出掛けました。第1緑地、第2、第3緑地はすぐ近くです。第7緑地も近くにあります。歩いて一度に見ることは簡単なのですが、目的の緑地を決めて、その緑地だけを見に行くルートを探して歩くのも面白いとおもいます。

そこで教えてもらった緑地はどれだろうか、まず見ておこうとあちこち歩いていると、なんとお地蔵さんに出会いました。(百四十五)のお地蔵さんになります。

b0212898_11213872.jpg

↑ 地図の○印のところです。

b0212898_11253680.jpg

↑ 寺ヶ池公園の中を北へ歩きます。良いお天気です。

b0212898_11312319.jpg

↑ 寺ヶ池の北の端を西へ、南貴望ヶ丘の住宅街を通ります。

b0212898_17351463.jpg

↑ バス通りへ出てきました。歩道は工事中でした。バス通りの向こう側は北希望が丘、その西の方があかしあ台です。

b0212898_17443795.jpg

↑ 府営住宅の方へ下りて行きます。階段とか公園の時もこの辺りを歩いていたのを思い出します。

b0212898_17595755.jpg

↑ この辺りも緑地のようです。地図と現場の関係がハッキリ分からないので何という緑地か分かりません。

b0212898_18043740.jpg

↑ 歩いていると目の前にお地蔵さんの祠です。ちょっと驚きです。

b0212898_18131436.jpg

↑ あかしあ台一丁目の角、お地蔵さんの祠がありました。

b0212898_18272489.jpg

↑ お地蔵さんです。お花が枯れています。もうすぐ取り替えられるのでしょう。お参りをさせて頂きました。

思わぬところにお地蔵さんが祀ってありました。以前、なんかいか歩いたことのある道、その時には気が付きませんでした。というより気にかけていなかったので覚えていませんでした。この日はここが緑地だろうというとこを見て帰りました。

この日の歩きはお地蔵さん参りになってしましました。改めて、歩きの目的地とする緑地を決めて歩きます。










by satoyoshiaki | 2015-02-22 19:40 | Comments(0)

歩こう 緑地を見に行こう ( 1 )楠翆台緑地

歩いて行く目的地として河内長野市内のお地蔵さんをお参りしていましたが、一応市内のほぼすべてのお地蔵さんをお参りしました。

つぎは市内の緑地を見に行こうとおもいます。河内長野市公園緑化協会さんのHPに河内長野の公園のリストが掲載されており、そこに緑地も記載されています。

緑地は園名柱のような表示がされているところもありますが、ほとんどの緑地には表示板などないのではないかと思います。

緑地の場所を協会さんに聞いて見て来ようと思います。

まず、知っているところから見に行こうと出掛けました。楠翆台緑地です。

b0212898_20393122.jpg

↑ 地図の○印のところです。地図はお地蔵さんの時と同じように
Yahooの地図をコピーして写真を撮ったものです。

b0212898_08415380.jpg

↑ 栄町を西へ、あぶない階段の方へ行きます。陽がかなり傾いています。電柱の陰から写真を撮りました。

b0212898_09182074.jpg

↑ 危ない階段を下りて、栄町新橋を渡ります。

b0212898_09231124.jpg

↑ 烏帽子形公園の北側の道を歩いて本現寺の横を通って四つ辻に出ます。左右は高野街道です。真直ぐ行って国道371号線の陸橋を渡ります。次は南海電車です・・。

b0212898_09302382.jpg

↑ 南海電車の陸橋、大日橋を渡ります。ちょうど特急高野号が来ました。

b0212898_10142039.jpg

↑ スーパーの横を通り抜けて大師町の方へ行きます。階段が見えてきました。階段の右側の斜面、これが緑地です。階段を上がります。この階段は201171日に投稿した階段です。

b0212898_10233435.jpg

↑ 階段の上に「楠翆台緑地」と書いた表示柱(正しくはなんと言うのでしょうか)があります。

b0212898_10420165.jpg

↑ 南北に150mくらいある斜面です。草を刈って手入れがされています。

帰りは原町の方へ行き、外環沿いに歩きました。










by satoyoshiaki | 2015-02-19 10:51 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (百四十四)

河泉二十四地蔵霊場の第十二番は金剛寺です。金剛寺は現在、金堂の修理中です。お地蔵さんは見られるだろうかと思いながら出掛けました。河内長野市内のお地蔵さんはここのお地蔵さんが最後です。まだ見落としたお地蔵さんがお祀りしてあるとは思います。

これからも、歩いていて見つけた時にはお参りさせて頂きます。天野山までは遠いので近くまで車で行くことが多いのですが、この日は歩いて出掛けました。

b0212898_17141684.jpg

↑ 地図に天野山金剛寺と書いてあるところです。

b0212898_17192582.jpg

↑ 外環状線を南へ歩きます。上り坂になっていきます。旭ヶ丘が近付いてきました。

b0212898_17255897.jpg

↑ 外環状線の脇道を上って旭ヶ丘北側の大きな交差点。この交差点の右側の狭い道路に入って行きます。ここは小山田町です。

b0212898_17330057.jpg

↑ 道端の畑に水仙がきれいに咲いていました。

b0212898_17374690.jpg

↑ 小山田町から下里の方へ170号線を歩いて行きます。歩道がなくなります。歩いている人などいない道路です。道路の端を車に注意しながら歩きます。

b0212898_17484643.jpg

↑ 道端にこんな石像が置いてありました。どこかで見たような・・・。金剛寺はもうすぐです。

b0212898_17574071.jpg

↑ 金剛寺に来ました。境内です。右側が金堂です。修理中です。

b0212898_18042746.jpg

↑ 階段を上がった正面、五仏堂の中にお地蔵さんが祀ってあるそうです。納経所の方に聞くと、扉の格子の間からしか見られないし、正面に如来座像が祀ってあり、その左側なので見えないかも分かりませんとのことでした。行ってみました。やはりお地蔵さんを見ることはできませんでした。お参りをさせて頂きました。

b0212898_18173889.jpg

↑ 境内の梅が咲きかけていました。

なお金剛寺の修理現場の特別公開が227日からの三日間行われます。

帰りはバスで・・・とも考えたのですが、バスの待ち時間が45分くらい。一時間近く待つのならその間にかなり歩けると歩きました。おかげで、この日の歩数は2万歩を越えました。

次の歩きの目的地をどうしようかといろいろ考えました。しかし、いい場所が思いうかびません。市内の緑地にしようかと思っています。緑地は標識のあるところが少なく、場所がハッキリしないかもわかりません。まぁこの辺り・・ということになりそうです。











by satoyoshiaki | 2015-02-15 18:36 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (百四十三)

河泉二十四地蔵霊場の第三番は延命寺です。延命寺へはなん回も行ったことがあります。

とくに紅葉がきれいなお寺です。蛇すみ銀杏という大きなイチョウがあります。また今回、(九十二)(百十八)(百三十)のお地蔵さんのお参りに延命寺の近くまで行きました。その時、延命寺で休んだこともあります。その延命寺へ河泉二十四地蔵霊場第三番のお地蔵さんをお参りに行きました。

b0212898_09330726.jpg

↑ 地図に延命寺と書いてあります。三日市町駅のところから歩きます。

b0212898_09355385.jpg

↑ 三日市町駅から214号線の方へ下りて行きます。この日は風がなく、あまり寒く感じないお天気でした。

b0212898_09385009.jpg

↑ 東片添町辺りの温度表示機が12℃と表示していました。

b0212898_09425368.jpg

↑ 中片添町の北側の道を東へ歩きます。正面に写っているコンクリート擁壁の下は石見川です。

b0212898_09482369.jpg

↑ 石見川に架かる橋、日之下橋を渡ります。自転車のおじさんも鼻歌、気持ちよさそうです。

b0212898_09553057.jpg

↑ 三叉路に来ました。左に行くとくずの口の方へ行きます。まっすぐ歩きます。ガードレールの外にある石柱に「右 延命寺」と書いてあります。

b0212898_10022314.jpg

↑ 20141120日に投稿したお地蔵さんのところに来ました。おじいさんがお参りをされていました。

b0212898_10420062.jpg

↑ 左の方が214号線です。ここで214号線をそれてまっすぐ、延命寺の方へいきます。延命寺はもうすぐです。

b0212898_10480190.jpg

↑ 延命寺の山門です。寒々としています。

b0212898_10565618.jpg

↑ 境内です。第三番のお地蔵さんがどこに祀ってあるのか分かりません。庫裡へ行きました。声を掛けるとお坊さんが出てこられました。近所のおばさんが延命寺のお坊さんはカッコいいと話していると聞いたことがあります。そのお坊さん・・うーんなるほど。お坊さんが案内図を見せてここですと奥に向かって右側一番奥のお堂だと教えてくださいました。扉が閉まっていますが開けて上がって下さい。上がってお参りしてくださいと言っておられます。写真のことは聞かずにお参りに行きました。

b0212898_11092364.jpg

↑ このお堂です。障子を開けて上がります。中は真っ暗、真っ赤な前垂れを付けたお地蔵さんが祀ってありました。お参りをさせて頂きました。写真は撮りませんでした。お坊さんに断っていないし、フラッシュをたいたりするとお地蔵さんがびっくりされるかも・・。

b0212898_11144768.jpg

↑ 障子を閉めて、外からもう一度お参りします。

延命寺にはこのお地蔵さんのほかにも、お地蔵さんが祀ってあります。各お地蔵さんに手を合わせます。 来た道を戻りました。












by satoyoshiaki | 2015-02-12 11:22 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (百四十二)

河泉二十四地蔵霊場の第五番は観心寺です。観心寺には仏像がたくさん祀られています。第五番のお地蔵さんはどこに祀ってあるのか分かりません。また観心寺はパワースポットがあるそうです。パワーを頂きに、お地蔵さんをお参りにと出かけました。

b0212898_18015123.jpg

↑ 地図に観心寺と書いてあるところです。

b0212898_18053573.jpg

↑ 三日市町駅前から出発です。駅の北側を東に歩きます。

b0212898_18155550.jpg

↑ 長い坂道です。この先の交差点を右に入ると清見台、左に入ると日東町です。まっすぐ行きます。

b0212898_18200374.jpg
↑ 上ってから下りです。清見台東口のバス停のところに来ました。また少し上りです。笠松さんの前を通ってくずの口のバス停のところに出ます。三叉路になっています。そこを右へ、さらに東へ行きます。
b0212898_18242894.jpg

↑ 左に入ると富田林市、甘南備です。まっすぐ行くとすぐに観心寺です。

b0212898_18293320.jpg

↑ 観心寺の山門です。山門のところでお寺の人に第五番のお地蔵さんはどこに祀られているのか聞きます。阿弥陀堂だと言うことです。戸が開けられたらお地蔵さんを見ることが出来ますが、開くかどうか分からないとのこと。お地蔵さんの写真を撮ってもいいですかと聞くと、それは困りますということでした。お地蔵さんの写真を撮る方がいいということも聞きます。写真を撮るとお地蔵さんが喜ばれるとか聞くこともあります。ですが、お寺の人に聞くと写真は困りますと言われます。

b0212898_19325977.jpg

↑ 阿弥陀堂です。

b0212898_19384317.jpg

↑ 「道中安全 河泉地蔵霊場 地蔵菩薩」と書いてあります。お参りをさせて頂きました。

b0212898_19503490.jpg

↑ 境内の西の方にもお地蔵さんが祀ってありました。

帰り道は来た道を歩きました。あとは延命寺と金剛寺です。お地蔵さんを見ることができるでしょうか。











by satoyoshiaki | 2015-02-09 08:42 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (百四十一)

河泉二十四地蔵霊場の第十一番は明忍寺です。明忍寺は河内長野から千代田へ行く道路沿いにあります。よく通る道路です。今まで二、三度はお寺に入ったことがあると思います。

お地蔵さんが祀ってあったように思う・・と言う程度の記憶です。そのお地蔵さんにお参りさせて頂きました。

b0212898_20181270.jpg
↑ 地図の「明忍寺」と書いてあるところです。左上の池は寺ヶ池です。
b0212898_20235491.jpg

↑ 錦町のトンネルをくぐって狭い路地を歩きます。家の建っていた所が更地になっていました。

b0212898_20313052.jpg

↑ 野作薬師寺の横を北へ歩きます。

b0212898_20352487.jpg

↑ 外環沿いの道路を歩いて、さくら池地蔵尊のところに来ました。20131127日に投稿したお地蔵さんです。お地蔵さんの左側をまっすぐ行くと外環に出ます。外環の下をくぐって行きます。

b0212898_20394569.jpg

↑ トンネルです。やっぱり落書き・・・落書きはこの頃少し減ってきたように思います。

b0212898_20433486.jpg

↑ 明忍寺へは市役所の中を抜けていくと近いのですが、少し遠回りをします。地下トンネルを出てから外環沿いに歩いて最初の信号を北へ・・高野街道を歩きます。

b0212898_20481555.jpg

↑ この交差点を左折して高野街道をそれます。まっすぐ行くと明忍寺です。

b0212898_09135868.jpg
↑ 明忍寺の山門です。
b0212898_09161459.jpg

↑ お寺の境内です。きれいな砂利が敷き詰めてありました。

b0212898_09192181.jpg

↑ 境内の東の端の方にお地蔵さんの祠があります。「河泉地蔵霊場 第十一番」と書いてあります。

b0212898_09224890.jpg

↑ お地蔵さんです。きれいなお花が供えてあります。お参りをさせて頂きました。

帰り道は千代田南町の辺りを歩きました。もしかして、今まで知らなかったお地蔵さんに出会えるかも・・・と思って歩きました。そう思って歩いていると町の道が、風景が新鮮に見えてきました。










by satoyoshiaki | 2015-02-06 09:51 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (百四十)

河泉二十四地蔵霊場の第一番は地蔵寺です。地蔵寺は千早口駅の西の方にあります。地蔵寺は昨年(百十五)の六地蔵さんをお参りした時にも近くまで行きました。ずっと以前には境内に入ったこともあります。その時はお寺のよこの道路工事が始まっておらず、千早口から里道を歩いての趣のある散歩道の途中にあるお寺といった感じでした。

地蔵霊場第一番のお地蔵さんにお参りに行きました。

b0212898_17401240.jpg

↑ 地図の九葉山地蔵寺と書いてあるところです。

b0212898_17450891.jpg

↑ 栄町の「あぶない階段」、20115月に投稿しています、を下りて行きます。階段の上から見た雪の金剛山、きれいでした。

b0212898_17543479.jpg

↑ 栄町を通り越して、喜多町の371号線の陸橋です。道路の左側に下りて、371号線を歩きます。

b0212898_18011038.jpg

↑ 三日市新橋を渡って三日市駅筋の交差点の方へ・・・交差点をまっすぐ行きます。

b0212898_18085394.jpg
↑ 歩道が無くなるので途中から東へそれて旧道を歩いて、また371号線に出てきました。
b0212898_19351849.jpg

↑ 新町橋の交差点、ここから左に入ってすぐ右折、狭い道をすこし歩いて南海電車の踏切を越えて廃線跡の道に入ります。

b0212898_19441027.jpg

↑ 美加の台の駅の下を通って、371号線のバイパスの下を歩きます。

b0212898_19482540.jpg

↑ 千早口に来ました。「敦煌のようなお地蔵さん」を探しにウロウロしたところです。

b0212898_19511967.jpg

↑ 千早口の駅前を通り越して再び371号線を横断してきました。青葉台や南ヶ丘の方へつなごうとしている道路です。何年か前から工事は止まっているようです。この先に地蔵寺があります。

b0212898_19540115.jpg

↑ 地蔵寺です。

b0212898_19584128.jpg

↑ 地蔵寺の山門です。左側に紙が貼ってあります。「写真撮影が目的でご参拝の方は必ず許可をお取りください」と書いてあります。中へ入ってお住まいの入口のピンポンを押すと出てこられたのは高校生くらいに見える頭はお坊さんのような人。眼の澄んだような感じのいい人。「写真を撮らせてもらえますか」「はい」「お堂の中を見ることができますか」「それはちょっと・・」「わかりました」ということでお堂の中は見られませんでした。

b0212898_20051382.jpg

↑ お堂です。柱に「河泉地蔵霊場 第一番」と書いてありました。お参りをさせて頂きました。

b0212898_20091922.jpg

↑ 山門を入ったところにもお地蔵さんが祀ってありました。お参りをしました。

b0212898_09012115.jpg

↑ 帰り道、夕暮れのお月さんです。帰りは千早口から電車でした。

















by satoyoshiaki | 2015-02-03 09:11 | Comments(0)