歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (百一)

岩湧山の登山口近くにお地蔵さんが祀ってあります。先月の初めに岩湧山の四季彩館に行った時に見つけました。今まで何回も歩いている道の端に祀ってあるのです。見ているはずなのですが記憶にないという申し訳のないことでした。

そのお地蔵さんにお参りしました。家から歩くにはちょっと距離があり過ぎる・・・神納というところまでバスで行けばいいのかもわかりませんが、平日だとバスが一時間に一本もない、上手く時間を合わせられない・・そんなことで青葉台まで車で行って、そこから歩くことにしました。青葉台に3時間ほど路駐させて頂きます。スミマセン。

b0212898_20145459.jpg

↑ 地図の左下「岩湧 野外活動広場」と書いてある近くです。地図が薄くて申し訳ありません。

b0212898_20195241.jpg

↑ 北青葉台を南へ下って行きます。道路の突き当りに見えているのは201254日に投稿した南青葉台公園です。

b0212898_20265664.jpg

↑ 府道221号線を南へ歩きます。

b0212898_20321990.jpg

↑ 神納のバス停に来ました。右側の白い建物がバス停です。

b0212898_20354154.jpg

↑ 加賀田の集会所のところ。向こうに見えているのは工事中の道路です。この道路の下を通っている水路、加納溝は201357日に投稿しています。

b0212898_20394810.jpg

↑ 岩湧野外活動広場まで4kmとの標識がありました。お地蔵さんはその少し手前・・・まだ先だなぁ。

b0212898_20442008.jpg

↑ 坂口製粉のところに来ました。

b0212898_20473350.jpg

↑ ふと左を見ると、石垣、家の高さより高い石垣です。よくこれだけ積み上げたなぁ大変だったろうと思いました。

b0212898_20514306.jpg

↑ 道端にこんなもの・・バナナの花ではないでしょうか。

b0212898_20554229.jpg

「岩湧山」と書いた石柱があります。ここは右の方へ歩きます。もうすぐです。

b0212898_20591072.jpg

↑ ここから四季彩館、岩湧寺の方へ入ります。

b0212898_21040326.jpg

↑ お地蔵さんの祠があります。

b0212898_21075539.jpg

「雨乞い地蔵尊」です。左側に湧水を汲むところがあります。「長寿水」と言うそうです。

表示板があります。「役小角が修行したこの山に岩湧寺が建立され、その参道に一町ごとに十躰の地蔵様を祀り十町地蔵として信仰したそうな。・・・・最近参道を清掃中に奇しくも一躰の地蔵尊を発見したので感謝と祈願をこめて雨乞い地蔵尊として安置する・・・」などと書いてあります。祠の前の丸い筒はお賽銭入れです。

b0212898_21161952.jpg

↑ お地蔵さんです。目のあたりと額に何か擦れたような跡があります。お参りをさせて頂きました。

帰り道は来た道を戻りました。じつは先月に来た時は気が付か鳴ったのですが、この日このお地蔵さんに来るまでに二躰のお地蔵さんがありました。先月は車で通ったところですので前ばかり見ていたのだろうと思います。そのうちの一躰はそれにしても・・・といったところに祀ってありました。改めてお参りにきたいと思います。

















by satoyoshiaki | 2014-09-30 09:35 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (百)

三日市町駅の南の方、高野街道沿いに庚申堂があります。庚申堂にお地蔵さんが祀ってあります。高野街道は幾度か歩いていますが庚申堂に足を入れたのは一、二回です。その時は手を合わせた程度でした。そのお地蔵さんを改めてお参りに行きました。

b0212898_08320439.jpg

↑ 地図の○印のところです。371号線の高野街道と書いてあるところです。

b0212898_08391046.jpg

↑ フォレスト、サンプラザの上から見ます。右の方に入っていく道が高野街道です。ここからスタートです。

b0212898_09173894.jpg

↑ 371号線にでました。左側の坂道は片添町に行く道です。帰りは片添町を歩いてみようかと思いました。

b0212898_09395807.jpg

↑ ここから少しの間ですが歩道がありません。車道の白線とガードレールとの間は30cmもないのでは・・・気を付けて歩きます。

b0212898_09430887.jpg

↑ 新町橋の交差点を南へ高野街道を歩きます。ここも歩道がないなぁ・・。庚申堂はもうすぐです。

b0212898_09462853.jpg

↑ 「一国一宇」の石柱、かのえのさる、庚申堂です。

b0212898_09512313.jpg

↑ お堂には高さ2メートルくらいのお地蔵さんが祀ってあるそうですが、中が暗くて分かりませんでした。

b0212898_09550463.jpg

↑ 南側にお地蔵さんが祀ってあります。ほぼ北向きでした。お参りをさせて頂きました。

b0212898_10030687.jpg

↑ 帰り道は庚申堂の少し南から東に入る道を通って・・・・

b0212898_10583281.jpg

↑ 中片添町をあるきました。どこかにお地蔵さんが祀ってないかと見て歩きましたが見当たりませんでした。ウロウロしていると不審者と見られるかも・・。この日はいいお天気でした。











by satoyoshiaki | 2014-09-27 11:05 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (九十九)

2012920日に投稿した公園、加賀田台第4公園にお地蔵さんが祀ってあった記憶があります。公園の中にお地蔵さんがあるところは少ないなぁと思っていました。住宅街にする前に近くに祀ってあったお地蔵さんをここに移したのではないでしょうか。その時は手を合わせただけでした。改めてお参りをさせて頂きました。
b0212898_20200317.jpg

↑ 地図の○印のところです。


b0212898_20245114.jpg

↑ 大矢船の公園のところに車を置いて南の方へ歩いて行きます。かなり急な上り坂です。


b0212898_07505588.jpg

↑ 坂を上りきったところ。右に入るとゴルフ練習場です。むかしはよく練習に来ていました。まっすぐ行きます。


b0212898_10111998.jpg

↑ こんどは下り坂です。大矢船南町です。山がだいぶん近くに見えてきます。

b0212898_10163645.jpg

↑ 2011714日に投稿した階段の下を通ります。この階段も数えたなぁと思いながら。

b0212898_10222046.jpg

↑ きれいなぁと見とれるような石垣のお宅。ここの住宅街は歩いていて気持ちがいいです。

b0212898_10255857.jpg

↑ 「かいと大橋」を渡ります。


b0212898_10312013.jpg

↑ 橋の上からの景色。青葉台の住宅街、遠く金剛山が望めます。

b0212898_10354257.jpg

↑ 公園のところに来ました。


b0212898_10392430.jpg

↑ 公園の入り口。公園の標識が「南ヶ丘第4公園」となっています。名前が変わったようです。


b0212898_10550210.jpg

↑ 公園にお地蔵さんの祠があります。

b0212898_11012694.jpg

↑ お地蔵さんです。お参りをさせて頂きました。


b0212898_11091579.jpg

↑ 帰り道「かいと大橋」の下の加賀田町の中に地蔵さんが祀られていないか見に行きました。お地蔵さんは祀ってありませんでした。








by satoyoshiaki | 2014-09-24 11:24 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (九十八)

日野コミュニティーセンターの近くにお墓があります。お墓に入ったところに六地蔵さんが祀ってあります。この辺りには何回か来ています。このお地蔵さんは見に行ったことがあります。改めてお参りに行きました。

b0212898_20405098.jpg

↑ 地図の○印のところです。

b0212898_20450530.jpg

↑ 日野コミュニティーセンターのところに車を止めて歩きます。右奥の住宅の方への道路の下に水路があります。その水路は写真の左の方へと流れて行くようになっています。水門は水路の途中から水を石川に落とすためのものです。

b0212898_08143133.jpg

↑ 美濃出橋を渡って218号線の方へ行く道路を歩きます。この日はいいお天気でした。田んぼの向こうに道路が見えます。その道路を上って行くことになります。

b0212898_08522214.jpg

↑ フェンスの先を左に曲がって石川を越えて行きます。

b0212898_09002849.jpg

↑ この道を進むとお墓の方へ行く道に出ます。お墓の方へ行く道は関西サイクルスポーツセンターへ行く道にでます。

b0212898_09055872.jpg

↑ この道路です。右へ曲がるところに狭い坂道があります。その坂を上るとお墓です。

b0212898_09111589.jpg

↑ お墓に入ると六地蔵さんが祀ってあります。お参りをさせて頂きました。

b0212898_09151327.jpg

↑ 無縁塔です。奥の方にはたくさんの墓石を置くことができます。

b0212898_09220670.jpg

↑ 六地蔵さんをお参りしてから、少しその辺りを歩いてみようと思いました。地図ではお墓の前の道路はU字型に大きく曲がって坂を上るようになっています。それを短絡するように細い道があるようです。その道を歩いてみようと行ってみましたが、草が一杯、両側から木の枝が覆いかぶさってきていて歩ける道ではありませんでした。引き返しました。











by satoyoshiaki | 2014-09-21 09:29 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (九十七)

お地蔵さん(九十三)をお参りした時に、そのお地蔵さんの近くの道端に小さなお地蔵さんが祀ってあるのを見つけました。そのお地蔵さんに改めてお参りに行きました。

日野コミュニティーセンターの近くに車を止めて(九十三)のお地蔵さんにところに行き、そこから奥に入って浄水場を通過して帰って来る道を歩きます。

b0212898_08284133.jpg

↑ 地図の○印のところです。東の方に四角の池がいくつか書かれているのが浄水場です。

b0212898_09224395.jpg

↑ 日野コミュニティーセンターのところに車を置いて、(九十三)のお地蔵さんのところに来ました。右側の道路の向こうの方から上がって来ました。左側の道路に入って行きます。右から左に入る角のところに(九十三)のお地蔵さんが祀ってあります。

b0212898_09360389.jpg

↑ ゆっくり坂道を上って行きます。

b0212898_09502108.jpg

↑ 10分も歩かないところにお地蔵さんが祀ってありました。

b0212898_10085176.jpg

↑ 小さなお地蔵さんです。きれいな花が供えてありました。お参りをさせて頂きました。

b0212898_10151606.jpg

↑ お参りをして奥へ入って行きます。かなり山の中へ入って来た雰囲気ですが民家があります。

b0212898_10323602.jpg

↑ 左へ入る道があります。「車両通行止め」になっています。真直ぐ行くと山の中へ入っていって行き止まりになるようです。左へ入ります。

b0212898_10375551.jpg

↑ 日野浄水場に来ました。「河内長野市 富田林市 共同施設 日野浄水場」と書いてあります。

b0212898_10510343.jpg

↑ 浄水場の中の道を北の方へ下って行きます。市立南花台西小学校、南花台の住宅街、遠くに清教学園などが望めます。

b0212898_11002573.jpg

↑ 浄水場の敷地を出ます。フェンス門扉が開いています。そこを出てから直ぐに左に曲がります。そこから下り道です。

b0212898_11301062.jpg

↑ (九十三)のお地蔵さんのところに戻って来ました。突き当りを左に入ると最初の写真のところです。

日野浄水場の中を通って一周する道を歩いたのは初めてです。市内で歩いたことのない道はまだまだ沢山あります。













by satoyoshiaki | 2014-09-18 11:37 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (九十六)

石仏のお地蔵さんをお参りに行った時に、お地蔵さんの奥の方にお墓がありました。お墓の入り口に六地蔵さんが祀ってありました。その六地蔵さんにお参りしました。高野街道を歩くあの時の道と同じにならないように、別の道を歩いて行きました。南海電車の廃線跡の道を歩きました。

b0212898_20322562.jpg

↑ 地図に石仏寺と書いてあるところです。

b0212898_20372583.jpg

↑ フォレストに車を置いて高野街道、371号線を南へ歩きます。

b0212898_20413992.jpg

↑ 新町橋の交差点に来ました。高野街道は真直ぐ行くのですが、ここを左へ入ります。左に入って車道を渡って371号線と平行に南へ行く狭い道に入ります。

b0212898_09063901.jpg
↑ この道です。左側の土手の上は南海電車の線路です。前に見えているガードレールのある道に出て、その道を左に曲がり踏切を渡って直ぐに右に入ります。そこは南海電車の廃線跡です。
b0212898_09181667.jpg

↑ めったに車が通らない道です・・・珍しく前から車が来ました。

b0212898_09232714.jpg

↑ 右側に高架の線路が見えます。向こうの方に美加の台の駅があります。正面の橋は天見川を渡って美加の台駅と美加の台の住宅街をつなぐ美加の橋です。住宅街は左の方です。

b0212898_09322119.jpg

↑ 左側へ入る坂道を上って美加の橋の左側に出ます。写真の右端に美加の台の駅が見えています。

b0212898_09411922.jpg

↑ 371号線を西側へ渡ります。信号は青なのですが、西日でやや逆光気味ですので信号が消えているような写真になっています。信号を渡って真直ぐの細い道を上ってもいいのですが、お地蔵さんお参りした道に出ます。信号を渡って左へ行きます。お地蔵さんをお参りした時と反対の方からお堂のある道に行きます。

b0212898_09494062.jpg

↑ 南の方から石仏のお地蔵さんに近づきました。石仏寺とお地蔵さんは石垣の上にあるのだと思っていましたが、岩の上に建てられています。

b0212898_09570770.jpg

↑ お地蔵さんの横を通ってお墓に来ました。六地蔵さんが見えています。

b0212898_10065317.jpg

↑ 六地蔵さんです。お参りをさせて頂きました。

b0212898_10120745.jpg

↑ 無縁塔です。

帰りは高野街道を歩きました。歩く人がいない廃線跡の道路は静かでいい道ですが、少し淋しい道です。













by satoyoshiaki | 2014-09-15 10:28 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (九十五)

先日、石仏からの帰り道、三日市町の駅の近くまで来てふと横を見るとお地蔵さんの祠がありました。ここにもお地蔵さんが祀ってあったのだ・・行く時は建物の陰になるので分かりにくいのですが、帰り道は横を見ると視界を遮る物がない見やすいところにあります。そのお地蔵さんにお参りに行きました。

b0212898_09050132.jpg
↑ 地図の○印のところです。駅から200mくらい南です。
b0212898_09121830.jpg

↑ あぶない階段を下りて栄町を東の方へ歩きます。

b0212898_09154999.jpg

↑ 陸橋の上から371号線。三日市町へ行く時はこの道を歩かずに、東側の高野街道へ出る道を歩きます。車が少ないので安全です。この日はがんばって371号線を歩くことにしました。


b0212898_09203734.jpg
↑ 河内長野郵便局のところに来ました。車の通行量は多いのですが歩道があります。
b0212898_09251015.jpg

↑ だんじり祭りの準備が進んでいます。沢山の提灯がきれいです。 

b0212898_09295415.jpg

↑ 高野街道のところに来ました。陸橋の左右が高野街道です。ここの写真は以前に投稿しています。あの時はここから高野街道に入りましたが、この日は真直ぐ行きました。

b0212898_09343640.jpg

↑ 新三日市橋を渡ります。

b0212898_09374638.jpg

↑ 橋の上から川下を見ると三日市橋が見えます。高野街道です。

b0212898_09453168.jpg

↑ 新三日市橋を渡って少し先を左に入ります。突き当りを右、交差点を左・・・写真の突き当りが三日市町駅です。駅の手前を右に入ります。そこから高野街道です。

b0212898_09492684.jpg

↑ 高野街道は静か・・・新高野橋を越えて100m弱、左側を見ると・・・

b0212898_09532932.jpg

↑ お地蔵さんの祠があります。夕陽に照らされています。

b0212898_09572164.jpg

↑ お地蔵さんです。と言っても祠です。祠の格子は開きません。写真を撮らせていただこうとしたのですがカメラが入りません。レンズ部を入れて・・・夕陽に輝いた石だけが写ります。小さなかわいいお地蔵さんです。交通安全地蔵尊と書いてありました。

お参りをさせて頂きました。

帰り道は高野街道から三日市橋を渡りました。




by satoyoshiaki | 2014-09-12 10:19 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (九十四)

高野街道を歩いている時、三日市町から南下して美加の台駅の少し南にさしかかったとき

右手にお地蔵さんの祠があるのを見ていました。この辺りの高野街道は何回か歩いています。そのお地蔵さんを見に行ったこともありました。地図を見ると石仏寺とあります。お堂があります。そのお堂の向こうにお地蔵さんが祀ってあります。そのお地蔵さんをお参りに行きました。

b0212898_20241409.jpg

↑ 地図の石仏寺と書いてあるころです。

b0212898_20263720.jpg

↑ 三日市町のフォレストに車を置いて高野街道を歩きます。石見川を渡る橋のところに高野山女人堂まで八里という道標があります。

b0212898_20325459.jpg

↑ 371号線に出てきました。バイクの人が通っている道路が371号線です。ここからしばらくこの道路が高野街道です。

b0212898_20365829.jpg

↑ 新町橋の交差点に来ました。バスは右折して青葉台の方へ行くのだと思います。高野街道は真直ぐです。まっすぐ歩きます。

b0212898_09150268.jpg

↑ 371号線から右に入る道路があります。高野街道です。この坂を上ります。

b0212898_09322082.jpg

↑ 右に入ると石仏小学校、加賀田中学校です。まっすぐ行きます。

b0212898_09454183.jpg

↑ 右に上がる道があります。道の突き当りにお地蔵さんの祠が少し見えています。右手にお堂があります。石仏寺でしょうか。

b0212898_10094316.jpg

↑ お地蔵さんの祠とお堂です。お地蔵さんの名前は書いてありませんでした。お堂が石仏寺かとおもって見ましたがお寺の名前を書いたものはありません・・・

b0212898_12001490.jpg

↑ お堂に改築時の寄進者の名前が書いてありました。そこに「石仏曼荼羅山阿弥陀寺・・」と書いてあります。このお寺は阿弥陀寺でしょうか。

b0212898_12045477.jpg

↑ お地蔵さんの祠です。高野槇が供えてあります。

b0212898_12090891.jpg

↑ お地蔵さんです。座っておられます。お参りをさせて頂きました。

お地蔵さんの横を通って奥の方、お墓があります。お墓には六地蔵さんが祀ってあるだろうかと見に行きました。六地蔵さんが祀ってありました。後日、改めてお参りにくることにしました。来た道を通って帰りました。











by satoyoshiaki | 2014-09-09 15:47 | Comments(1)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (九十三)

以前、日野町からの帰り道、中日野のバス停の手前でふと横を見ると坂の上に石碑のようなものが見えます。お地蔵さんが祀ってあるのかなと思って見に行くとお地蔵さんでした。

改めてお参りに来ようと手を合わせただけで帰りました。その後、歩いてお参りに行きましたが地蔵盆の準備中でお地蔵さんにブルーシートの囲いがしてあり、そこらに段ボール箱が置いてあったりしました。お参りはしましたが写真を撮るのがわるいので投稿するのをやめました。その後、地蔵盆が終わってから車で日野コミュニティーセンターまで車で行ってお参りに行きました。ブルーシートは外してありましたがパイプのフレームが取り外されていませんでした。写真を撮るのを止めて帰りました。今回、三度目の正直・・・お地蔵さんをお参りすることができました。

b0212898_20223351.jpg

↑ 地図の○印のところです。以下の写真は歩いて行った時のものです。

b0212898_20265889.jpg

↑ 栄町を南へ歩きます。

b0212898_20344818.jpg

↑ バイパスをくぐって、さらに南へ・・・右に入る狭い道を上って・・・西へ入る狭い道・・・車に出会わない道を歩きます。

b0212898_20390988.jpg

↑ 花の文化園が見えてきました。左向こうに見える白い三角の建物です。

b0212898_20422678.jpg

↑ 文化園の西の方で石川を越えます。普段あまり人が通らない道です。

b0212898_20445283.jpg

↑ 文化園の南へ出る道端に大きなヒョウタンがなっていました。

b0212898_20475176.jpg

↑ 汐滝橋に来ました。まっすぐ行きます。218号線です。

b0212898_20512640.jpg

↑ 坂を上ってくると日野の町、218号線はここから下りますが、狭い上り坂の道があります。その道の右側にブルーシートが見えます。お地蔵さんです。歩いて行ったのはここまでです。

地蔵盆が終わってから日野コミュニティーセンターまで車で行き、お地蔵さんを見に行きました。ブルールシートは外してありましたが、ブルーシートを取り付けていたパイプのフレームが残っていました。さらに数日経ってから、また車で行きました。以下です。

b0212898_20564079.jpg

↑ 日野コミュニティーセンターまで車で来て歩きます。途中から見た日野の田んぼ・・きれいな景色です。

b0212898_08581871.jpg

↑ 美濃出橋を渡って新美濃出橋の下をくぐって行きます。

b0212898_09045893.jpg

↑ 218号線に出て北の方へ歩きます。右側に上がる道が見えてきました。その道を少し上がったところにお地蔵さんが祀ってあります。

b0212898_09103579.jpg

↑ お地蔵さんです。

b0212898_09165019.jpg

↑ 右側の小さなお地蔵さん、「右 こうやさん 左 大阪」と書いてあります。ゆっくりお参りをさせて頂きました。

b0212898_09243915.jpg

↑ お地蔵さんの左側に地蔵尊の由来の石碑が立っています。このお地蔵さんは寛文七年(1667年)、この地方に流行した疫病の退散を祈願して祀られたそうです。

このお地蔵さんが祀ってある道は今まで一度も歩いたことがありません。どこへ行くのだろうと歩いて行きました。すこし行くと道端に小さなお地蔵さんが祀ってありました。小さなお地蔵さんには改めてお参りに来ることにしました。道は浄水場へとつながっていました。
















by satoyoshiaki | 2014-09-06 09:38 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (九十二)

美加の台から延命寺に行く道端にお地蔵さんが祀られていなかと思いました。

延命寺の緑を見に行こう、お地蔵さんを探しながら・・と出かけました。

お寺への道からすこし入ったところでお地蔵さんが見付かりました。

その日は延命寺の木陰で休んでから帰りました。後日、そのお地蔵さんをお参りに行きました。

b0212898_09212771.jpg

↑ 地図の○印のところです。

b0212898_09261500.jpg

↑ 美加の台第1公園に車を置いて歩きます。

b0212898_09350123.jpg

↑ 木々の切れ目から下が見えます。下に見える道の左の方が延命寺の方向です。その道まで坂を下って行くことになります。

b0212898_09551776.jpg

↑ 四つ辻に来ました。「延命寺」と書いた立札があります。左方向に矢印がしてあります。ここから坂を下ります。

b0212898_10003930.jpg

↑ 右に左に曲がりながら坂を下って来ました。三叉路にでます。左へ行きます。


b0212898_10051789.jpg

↑ ここを左に入ると観心寺へ行きます。突き当りを左に入ると鳩の原の方へ行きます。延命寺は写真の右端の狭い道を入ります。

b0212898_10232193.jpg

↑ 坂道を上ります。木々の間・・・涼しく感じます。

b0212898_10350525.jpg

↑ 脇へそれる道があります。その道端にお地蔵さんの祠が見えます。

b0212898_10413131.jpg

↑ お地蔵さんの祠です。まだ新しい祠です。きれいなお花が供えてありました。

b0212898_10453448.jpg

↑ お地蔵さんです。お参りをさせて頂きました。


b0212898_11121042.jpg

↑ 帰り道、千早口へ行く道を歩きました。草だらけかも分からない・・・とちょっと心配でしたが、草が刈ってありました。千早口はこの道を通って美加の台に上がり美加の台の住宅街の南の方から下って行くことになります。私は逆方向の美加の台第1公園です。

ほとんど人が通らない道端のお地蔵さん、きれいにお世話をされているのは気持ちがいいものです。













by satoyoshiaki | 2014-09-03 11:23 | Comments(0)