歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (九十一)

小山田町にある西福寺の近くに小山田共同墓地があります。その墓地の入り口に六地蔵さんが祀ってあります。西福寺前の道はときどき歩きますが、お墓は道路から少し離れているためにお墓を見に行ったことがありませんでした。このお墓にも六地蔵さんが祀ってあるだろうと思って見に行きました。

b0212898_09595006.jpg

↑ 地図の○印のところです。

b0212898_10024899.jpg

↑ この路地の先に階段があります。上からおばさんが下りてきます。向こうが早い、途中ですれ違いはできないだろうと、待ちます。

b0212898_10055182.jpg

↑ 階段を上がった辺りから見る岩湧山。このあたり電柱、電線に邪魔されない風景は少ないです。


b0212898_10081179.jpg

↑ 赤峰トンネルをくぐります。このトンネルは96mと書いてあります。トンネルをくぐって左へ・・・。

b0212898_10142152.jpg

↑ 大阪千代田短大の前の坂道。ここを右に入ると西福寺は近いのですが、すこし遠回りをして、この坂を上って行きます。

b0212898_10193678.jpg

↑ 坂を上りきる手前を右に入ります。幅の広い静かな道です。向こうに見える白い建物は「あやたホール」小山田コミュニティーセンタです。

b0212898_10224246.jpg

↑ あやたホールの前を通り過ぎて少し歩くと左側の果物畑、紫のきれいな実がなっていました。なんという実だろう?人が居れば・・・一度食べてみたいと思いましたが誰もいませんでした。あとで分かりました。プルーンでした。

b0212898_10260443.jpg

↑ 急に狭い道になります。

b0212898_10294615.jpg

↑ 西福寺のところに来ました。このお寺の向こうに・・・左に入るところがあって・・・

b0212898_10420513.jpg

↑ お墓があります。入り口に六地蔵さんが祀ってあります。

b0212898_10470427.jpg

↑ 六地蔵さんです。お参りをさせて頂きました。

b0212898_10500682.jpg
↑ 帰り道は竹藪の間を抜けて、寺ヶ池の南側をとおり、赤峰の交差点へ出ました。











by satoyoshiaki | 2014-08-31 11:00 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (九十)

日野町の民家の入り口のところにお地蔵さんが祀ってあります。日野町から滝畑ダムへ行く途中に祀ってあるお地蔵さんをお参りに行った帰りにこのお地蔵さんの前を通りました。その時は、また改めてお参りに来ようと手を合わせただけでした。そのお地蔵さんにお参りしました。

b0212898_10102837.jpg

↑ 地図の○印のところです。

b0212898_10135693.jpg

↑ 日野コミュニティーセンターまで車で行きました。この前と同じように上美濃出橋を渡ります。

b0212898_10192112.jpg

↑ あの時は正面の民家の手前の坂を上りましたが、この日は真直ぐに正面の民家の前を通っていきました。いままで歩いたことのない道だと思います。

b0212898_10223006.jpg

↑ 石川に沿って北の方へ歩きます。

b0212898_10271886.jpg

↑ 新美濃出橋の下をくぐって、坂を上り218号線に出ます。218号線を引き返す方向に歩きます。

b0212898_10304325.jpg

↑ バスが来る方に新美濃出橋があります。そちらへ行かずに真直ぐ行きます。

b0212898_10341812.jpg

↑ 少し行くと右側にお地蔵さんの祠があります。

b0212898_10420268.jpg

↑ お地蔵さんの祠です。コンクリートで作られた小さな祠です。

b0212898_10465543.jpg

↑ お地蔵さんです。小さなかわいいお地蔵さんでした。きれいな花が供えてあります。

お参りをさせて頂きました。お賽銭箱はありませんでした。

b0212898_10513531.jpg

↑ 帰り道、石川を見ます。橋は上美濃出橋です。竹藪の向こうに広がる田んぼ、稲がよく育っています。












by satoyoshiaki | 2014-08-28 11:15 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (八十九)

散歩する時にときどき外環を南下して旭ヶ丘の入り口まで行き、そこから170号線を下ってくることがあります。旭ヶ丘の入り口から高向町への170号線は下り道です。歩道がありません。車もかなり多い道路なので歩くのはちょっと危険です。下り道の終わりに近いところから脇道の狭い下り道に入り高向町に下りることがよくあります。かなり急な下り道なので足元ばかり見て下ります。その道の端にお地蔵さんが祀ってあることが分かりました。坂の終わり辺りでなんとなく立ち止まりふと右側を見るとお地蔵さんが祀ってあったのです。そのときは手を合わせた程度でした。そのお地蔵さんにお参りしました。
b0212898_09241684.jpg
↑ 地図の○印のところです。地図のバス停が書いてある道路は170号線です。外環も170号線です。
b0212898_09290792.jpg

↑ 外環を南へ歩きます。文化園口の交差点を越えて来ました。田んぼの稲に小さな穂が出てきています。立ち止まって見ているとお米の香りがします。

b0212898_09345726.jpg

↑ 旭ヶ丘の坂に近付いてきました。

b0212898_09394096.jpg

↑ 坂の途中に道路を横切る地下道の出入り口があります。落書きがしてあり、誰も通らないような地下道。

b0212898_09483832.jpg

↑ どこへ行くのかと入って行きました。たしか以前、水路を見て歩いているときにこの地下道の向こう側を見たように思います。

b0212898_10011241.jpg

↑ 地下道を抜けると水路に出ました。畑の畦道を進むと・・・↓

b0212898_10081927.jpg

↑ エッカ坂に出ました。ちょっと遠回りになりました。

b0212898_10153224.jpg

↑ 大きな交差点にでました。外環はこの下をくぐっています。交差点の左側、自動車が出てきている方が旭ヶ丘の住宅街です。反対の方向、右側に行きます。

b0212898_10250474.jpg

↑ 小山田交差点に来ました。ここから反対の方向、北の方へ歩きます。

b0212898_10352656.jpg

↑ 狭い道です。歩道がありません。右端をゆっくり歩きます。車が避けてくれます。

b0212898_10394478.jpg

↑ 坂の途中に20131213日に投稿した光明恵地蔵尊が祀ってあります。手を合わせます。

b0212898_10432870.jpg

↑ ガードレールが切れたところ、狭い坂道があります。この道に入ります。

b0212898_10504019.jpg

↑ もう少しで下の道に出る手前に右に入るところがあります。すぐ横にお地蔵さんの祠があります。

b0212898_10551177.jpg

↑ お地蔵さんの祠です。前が狭いので正面からの祠の写真が撮れません。

b0212898_11065326.jpg

↑ お地蔵さんです。お参りをさせて頂きました。

b0212898_11134139.jpg

↑ 高向の道を通って帰りました。

今回は暑い中、かなり遠回りをしてお参りしてきました。






by satoyoshiaki | 2014-08-25 11:38 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (八十九)

散歩する時にときどき外環を南下して旭ヶ丘の入り口まで行き、そこから170号線を下ってくることがあります。旭ヶ丘の入り口から高向町への170号線は下り道です。歩道がありません。車もかなり多い道路なので歩くのはちょっと危険です。下り道の終わりに近いところから脇道の狭い下り道に入り高向町に下りることがよくあります。かなり急な下り道なので足元ばかり見て下ります。その道の端にお地蔵さんが祀ってあることが分かりました。坂の終わり辺りでなんとなく立ち止まりふと右側を見るとお地蔵さんが祀ってあったのです。そのときは手を合わせた程度でした。そのお地蔵さんにお参りしました。
b0212898_09241684.jpg
↑ 地図の○印のところです。地図のバス停が書いてある道路は170号線です。外環も170号線です。
b0212898_09290792.jpg

↑ 外環を南へ歩きます。文化園口の交差点を越えて来ました。田んぼの稲に小さな穂が出てきています。立ち止まって見ているとお米の香りがします。

b0212898_09345726.jpg

↑ 旭ヶ丘の坂に近付いてきました。

b0212898_09394096.jpg

↑ 坂の途中に道路を横切る地下道の出入り口があります。落書きがしてあり、誰も通らないような地下道。

b0212898_09483832.jpg

↑ どこへ行くのかと入って行きました。たしか以前、水路を見て歩いているときにこの地下道の向こう側を見たように思います。

b0212898_10011241.jpg

↑ 地下道を抜けると水路に出ました。畑の畦道を進むと・・・↓

b0212898_10081927.jpg

↑ エッカ坂に出ました。ちょっと遠回りになりました。

b0212898_10153224.jpg

↑ 大きな交差点にでました。外環はこの下をくぐっています。交差点の左側、自動車が出てきている方が旭ヶ丘の住宅街です。反対の方向、右側に行きます。

b0212898_10250474.jpg

↑ 小山田交差点に来ました。ここから反対の方向、北の方へ歩きます。

b0212898_10352656.jpg

↑ 狭い道です。歩道がありません。右端をゆっくり歩きます。車が避けてくれます。

b0212898_10394478.jpg

↑ 坂の途中に20131213日に投稿した光明恵地蔵尊が祀ってあります。手を合わせます。

b0212898_10432870.jpg

↑ ガードレールが切れたところ、狭い坂道があります。この道に入ります。

b0212898_10504019.jpg

↑ もう少しで下の道に出る手前に右に入るところがあります。すぐ横にお地蔵さんの祠があります。

b0212898_10551177.jpg

↑ お地蔵さんの祠です。前が狭いので正面からの祠の写真が撮れません。

b0212898_11065326.jpg

↑ お地蔵さんです。お参りをさせて頂きました。

b0212898_11134139.jpg

↑ 高向の道を通って帰りました。

今回は暑い中、かなり遠回りをしてお参りしてきました。






by satoyoshiaki | 2014-08-25 11:38 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (八十八)

下里のお地蔵さん、この間、歩いている時に見つけました。金剛寺に近いところです。ごく近くに三尊祀ってあります。そのうち、二尊はお宅の入り口に祀ってあります。そのお宅の奥さんがお地蔵さんに花を供えておられたので、このお地蔵さんはお宅のお地蔵さんですかと聞きました。何代か前からここに祀ってあるのでお世話をしていますが家のお地蔵さんかどうかは分かりませんとのことでした。三尊のお地蔵さんにお参りしました。

b0212898_20265232.jpg

↑ 地図の○印のところです。お参りは一日一尊と思っているのですがここのお地蔵さんは100mくらいのところに三尊祀ってありますので同じ日にお参りしました。

b0212898_20361716.jpg

↑ この日も暑い日、赤峰トンネルをくぐって、小山田から下里へ行こうと思いました。


b0212898_08425365.jpg

↑ 大阪千代田短大の前の道を上ります。

b0212898_09284392.jpg

↑ 緑ヶ丘の入り口に交差点、真直ぐ行くと緑ヶ丘、ここを左に入ります。

b0212898_09332144.jpg

↑ 桃畑にあの虫よけのランプがありました。小山田町ではあちこちでこのランプが使用されているようです。


b0212898_09402431.jpg

↑ この道の左側は小山田町、右側は下里町のようです。もうすぐ170号線に出ます。(七十一)のお地蔵さんが祀ってあるところです。

b0212898_09495635.jpg

↑ (七十一)のお地蔵さんのところに来ました。目的のお地蔵さんまで、ここで半分くらいでしょうか。とにかく暑い。汗だらけです。このまま歩いて行っては疲れるだけ、歩く目的とは本末転倒になると思ってここから170号線を引き返しました。お地蔵さんのお参りはまたの日に。

b0212898_10025556.jpg

↑ 翌日、車で金剛寺のところまで来ました。そこからの歩きです。写真の右側の道路が170号線です。左側の坂道を下ります。

b0212898_10125039.jpg
↑ 下里の町に入って行きます。
b0212898_10224919.jpg

↑ 地図の一番南側のお地蔵さんです。このお宅の方が供えておられる花がきれいです。胡瓜と茄とトマトのお供えしてありました。お参りをさせて頂きました。

b0212898_10284567.jpg

↑ 50mほど北に行くと道路に面してお地蔵さんが祀ってあります。

b0212898_10330882.jpg

↑ お地蔵さんです。お顔は新しく見えました。台座に書いてある字は何と読むのでしょうか。お参りをさせて頂きました。

b0212898_10372678.jpg

↑ さらに50mほど北に行くとお宅の入り口にお地蔵さんが祀ってありました。


b0212898_10450211.jpg

↑ お地蔵さんです。台座の文字、左側にはお花に隠れていますが「春向童子」と書いてあります。お参りをさせて頂きました。

もう少し北に行くとお宅のお庭の中のようなところにお地蔵さんが祀ってありました。道路から少し奥です。道路から手を合わせました。

下里には他にもお地蔵さんが祀ってあるかも分かりません。また探しに来ようかなどと思いながら帰りました。












by satoyoshiaki | 2014-08-22 11:13 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (八十七)

千代田の墓地に六地蔵さんが祀られています。この墓地は出入り口が東西二カ所あるのですが、その両側に六地蔵さんが祀ってあります。東側の入り口は千代田南町から南海電車の線路の高架橋を渡ってはいります。以前、市内各住宅街の外周を歩くときにこの入り口は見ていました。ですが、西側の入り口は310号線に面しているのですがその辺りの310号線は殆ど歩きませんので入り口があることを知りませんでした。東側の入り口からお墓に入って行って西側にも出入り口があることが分かりました。この日は改めて両六地蔵さんにお参りさせて頂きました。

b0212898_18293016.jpg

↑ 地図の○印のところです。東の方は南海電車の線路の上の橋を渡っていきます。西側は310号線から入ります。

b0212898_18361174.jpg

↑ 外環を東に歩いて市役所に来ました。市役所の中を抜けて行きます。

b0212898_18415022.jpg

↑ 明忍寺の近くです。ここは原町です。もう少し行くとこの道の右側が木戸町になります。

b0212898_19401341.jpg

↑ 木戸町に入って、この狭い道を東へ、310号線の方へ行きます。

b0212898_19432682.jpg

↑ 310号線に出ました。北へ歩きます。少し先の右側にお墓があります。

b0212898_20020017.jpg

↑ お墓の入り口です。入り口の向かい側から東を向いて撮った写真です。南の方から撮れば分かりやすいのですが、いろんな看板が写りますのでこんな写真になりました。

b0212898_20074846.jpg

↑ 六地蔵さんです。前垂れが新しくなっていました。葉の柄のかわいい前垂れです。少し前に来た時には赤い前垂れだったのですが、お盆で新しくされたようです。

b0212898_20131192.jpg

↑ 東の方へ行くと東側の入り口のところに六地蔵さんが祀ってあります。こちらのお地蔵さんの前垂れも新しくなっていました。六地蔵さんは北向きではないかと思って方位磁石で見ると、西側のお地蔵さんはほぼ北向き、ほんの少し東に向いています。東側のお地蔵さんもほぼ北向き、ほんの少し西に向いています。両お地蔵さんを合わせると北向き・・といった感じです。両お地蔵さんにお参りをさせて頂きました。

b0212898_20335309.jpg

↑ 無縁塔があります。奥の方、高いところにある古墓石にも前垂れがしてあります。どんな方法で前垂れを掛けたのか・・分かりません。立て看板がありました。古墓石を納める時には三万円を墓地組合に納められたい。無断で納めた時には五万円を請求しますと書いてありました。墓地組合の方の無縁塔の整備、清掃など管理が大変なようです。

b0212898_20425927.jpg

↑ お堂があります。お堂の中にも古墓石がたくさん置いてありました。

帰りは310号線をすこし南下して、西に入り河内長野高校の南側を通って市役所の中を通りました。六地蔵さんのご利益がありますように。




























by satoyoshiaki | 2014-08-19 09:21 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (八十六)

夕方の散歩道の一つに市役所の中を通って、明忍寺の横をとおり千代田住宅の中を通って、赤峰の交差点から下って帰って来るルートがあります。その時、原町のお墓、原地区墓地とかいてありますがその横を通ります。そのお墓のところにお地蔵さんが祀ってあります。六地蔵さんです。そのお地蔵さんをお参りにいきました。この日は赤峰までいつもと違う道を歩きました。

b0212898_10440554.jpg

↑ 地図の○印のところです。

b0212898_10505838.jpg

↑ 野作第1公園に来ました。

b0212898_10562012.jpg

↑ 公園の中を横切ります。雨の後、グランドに足跡が残ります。


b0212898_11034455.jpg

↑ 市役所の方へ歩いて、途中で左折。この道はあまり歩いたことがありません。

b0212898_11112777.jpg

↑ 最近、改修された河内長野ガスの建物の駐車場の中を通って赤峰に上る道へ・・・

b0212898_11183211.jpg

↑ 赤峰に上がって千代田台町を東へ歩きます。

b0212898_11235894.jpg

↑ 大阪府営千代田台住宅の中を通ります。向こうに見える手すりの付いた階段を上がります。建物の端を向こうへ廻ります。

b0212898_11303563.jpg

↑ 千代田台保育所の横を通って寺ヶ池公園の中の道を歩いて行くと・・

b0212898_11354208.jpg

↑ お墓が見えてきました。六地蔵さんが祀ってあります。六地蔵さんの左側にあるのは阿弥陀堂です。

b0212898_11393609.jpg

↑ 六地蔵さんです。前垂れが新しくなっていました。お参りをさせて頂きます。

b0212898_11445784.jpg

↑ 阿弥陀堂にもお参りをします。

b0212898_11523394.jpg

↑ 帰り道は明忍寺、長野高校の東側、南側を歩き、市役所の中を通りました。




















by satoyoshiaki | 2014-08-16 17:19 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (八十五)

暑い毎日です。どこか涼しいところへ行こうと岩湧山の四季彩館へ行きました。週日だったせいか登山の人に出会ったのが3人。時間的にはまだ登山中の人が居るはず。四季彩館は風が吹くと涼しいと実感しました。無風だとちょっと暑い。その四季彩館へ上る道の端に湧水の汲み場があり、お地蔵さんが祀ってありました。雨乞い地蔵尊と書いてありました。お参りはしましたが、この日は車で来ています。歩いて来てのお参りは後日です。帰りに加賀田のお米屋さんの横を通る時にお地蔵さんが祀ってあるのを見つけました。

その日は素通りして帰りました。そのお地蔵さんにお参りしました。

b0212898_09254983.jpg

↑ 地図の○印のところです。○印の南の三叉路の角にお米屋さんがあります。

b0212898_09410903.jpg

↑ 栄町を通ってバイパスの方へ歩きます。

b0212898_09485164.jpg

↑ 道の端、田んぼの稲が育ってきています。

b0212898_15290932.jpg

↑ 南花台への階段(2011614日に投稿しています。)を上ります。

b0212898_15362860.jpg

↑ 南花台に上がって来ました。土手の草刈りをしています。草がかなり伸びていました。刈った草・・・たくさんあるなぁ・・刈った後はすっきり。

b0212898_15404584.jpg

↑ 南花台を東の方へ下ります。金剛の山々、空と雲、良い眺めです。

b0212898_15493411.jpg

↑ 下って来ました。この交差点を右へ行きます。

b0212898_17483441.jpg

↑ 加賀田の町を南へ歩きます。


b0212898_17531053.jpg

↑ お米屋さんのところに来ました。店の手前にお地蔵さんが祀ってあります。

b0212898_17564517.jpg

↑ お地蔵さんです。高野槇が枯れても、だまって行路安全を守っておられるようなお地蔵さん。お参りをさせて頂きました。

b0212898_18030140.jpg

↑ 帰り道、坂を上って河内長野市衛生処理場の横を上り南花台を通って帰りました。












by satoyoshiaki | 2014-08-13 19:42 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (八十四)

三日市町駅の東側のお墓の東のはしの方に祀ってあったお地蔵さんをお参りした時に、よくお墓にお祀りしてある六地蔵さんはこのお墓には祀ってないのかなぁと思っていました。

お墓の東の端の方を見ているとそれらしきものがなかったからです。その後、駅近くの交差点からお墓を見ると六地蔵さんらしきものが目に付きました。お墓の西の方からお墓に入ると六地蔵さんが祀ってありました。やっぱり祀ってあるのでした。改めてそのお地蔵さんをお参りに行きました。

b0212898_10322637.jpg

↑ 地図の○印のところです。地図では分かりにくいですが、西浦ビルと書いてある東側、コンビニの南側の道路で三叉路になっている辺りまでがお墓です。

b0212898_10402888.jpg

↑ 高野街道を通って三日市橋のところに来ました。真直ぐ行くとすぐに三日市町の駅です。よく歩く道なのでこの日はちょっと遠回りをしました。この交差点を川沿いに左に入ります。

b0212898_10495264.jpg

↑ 天見川に沿って河内長野三日市住宅のところに来ました。高架は南海電車です。

b0212898_11002925.jpg

↑ 三日市住宅の中を通らせていただきます。

b0212898_11110228.jpg

↑ 橋のところに来ました。

b0212898_11164540.jpg

↑ ここはかなり前から工事をしています。「傷んだ橋をなおしています」と書いてあります。請負額まで書いてありました。

b0212898_11305356.jpg

↑ 大師町から三日市町へいく道路にでます。楠台第2緑地(2012322日に投稿しています。)のところに来ました。すこし前にここを通った時に園名柱に楠台第?公園というプレートが貼ってありました。公園に変わったのかなぁと思っていましたがそのプレートが剥がしてあります。

b0212898_11410041.jpg

↑ 三日市町の駅に向けて歩きます。両側をフェンスで囲まれた道路、フェンスの中は市の管理地のように思います。

b0212898_11444010.jpg

↑ 三日市町駅の東側の楠公通学橋東の交差点に来ました。向かい側にお墓があります。写真では分かりにくいですがお墓に入ったところに六地蔵さんが見えます。

b0212898_11491059.jpg

↑ 六地蔵さんです。六地蔵さんの少し東側にお地蔵さんが祀ってあります。

b0212898_11543518.jpg

お地蔵さんです。お地蔵さんの祠の横にかわいらしいお地蔵さんが五体祀ってありました。↓

b0212898_12014467.jpg

六地蔵さんは人が亡くなってから行く様々な世界でおこる苦しみを消してくださる仏様とわれています。人それぞれあの世へいったらなにがあるのかわかりません。悲しみや苦しみがあればそれを取り除いて下さるようにおまいりしておきましょう。

帰りは高野街道から旧道へ、線路沿いの一番の近道を歩きました。




by satoyoshiaki | 2014-08-10 13:57 | Comments(0)

歩こう お地蔵さんをお参りしよう (八十三)

日野から滝畑ダムへ行く道の途中に祀ってあるお地蔵さんをお参りした時に、日野コミュニティーセンターの近くに祀ってあるお地蔵さんを見つけました。見つけるというよりそこに祀ってあるのを確かめたということでした。車でごみ焼却炉へ行った時の帰りにその道をとおることもあるのですが、車の中からお地蔵さんの祠を見た覚えがありました。そのお地蔵さんにお参りしました。

b0212898_09301990.jpg

↑ 地図の○印のところです。左側のバス停は「日野コミュニティーセンター」です。

b0212898_09363128.jpg

↑ 栄町を南へ歩いて、高向の町井橋のところに来ました。この橋を渡って右へ、花の文化園の方へ行きます。

b0212898_09415465.jpg

↑ 花の文化園の前を南へ歩きます。

b0212898_09573836.jpg

↑ 日野に近づきました。


b0212898_10020997.jpg

↑ 汐滝橋のところに来ました。まっすぐ行きます。


b0212898_10120893.jpg

↑ ちょっと脇道に入ります。こんなところにお地蔵さんが祀られていないかと見に行きます。祀ってありませんでした。

b0212898_10242673.jpg

↑ 中日野のバス停です。このバス停は待合室、トイレがあります。このバス停の少し向こう、表示板のある辺りを右に入ります・・。

b0212898_10280848.jpg

↑ 右に入って直ぐに新美濃出橋を渡ります。お地蔵さんはもうすぐです。

b0212898_10345580.jpg

↑ お地蔵さんの祠が見えてきました。

b0212898_10374010.jpg

↑ お地蔵さんの祠です。

b0212898_10411482.jpg

↑ お地蔵さんです。お花が供えてありませんでした。お花を供えようと古いお花を持って帰られたところかも分かりません。 お参りをさせて頂きました。

帰り道は汐滝橋を渡って高向の方からとも思ったのですが、かなり遠回りになりますので来た道を戻りました。

この日は曇りでした。ハッキリした写真が撮れていません。撮り方もマズイのでしょうね。




by satoyoshiaki | 2014-08-07 11:39 | Comments(0)