歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

歩こう  高木水路あげ口 丹保井路

水路のあげ口を見られるところが他にないかと思ってふるさと歴史学習館の「井路」をみていると高木水路のあげ口は見ることができるようです。丹保井路に沿って歩いて行くとあげ口の近くに行くことができるようです。どんなところか分かりません。気を付けないといけないのは転んだり、蹴躓いたりしないように。骨折でもするとこの年ですからなかなか治らないでしょう。また危険なのは「しろやま」さんもコメントをされていましたがマムシです。
日野の人も言ってました。これからマムシの出る季節。マムシは水が好きだ。私の恰好をみて、その恰好ではマムシには最低限かなぁとのことでした。マムシはゴムの臭いが嫌いなのでわしらはいつも長靴を履いているといって見せてくれました。その人はブルーの長靴を履いていました。そこで今回は長靴を履いて行きました。

b0212898_1295349.jpg

↑ 図の紫のラインの丹保井路に沿って行きます。図で左が上流です。「丹保井路」と書いたところの近くに日野コミュニティセンターがあります。そこまでは車です。「丹保井路」と書いた右にV字形になっているところに道路があります。高木水路と書いた上の方に青い○がありますがそこがあげ口です。

b0212898_1210484.jpg

↑ 日野コミュニティセンターの近くの井路です。写真の前の方が下流です。そちらへ歩きます。

b0212898_12114742.jpg

↑ グレーチングが点々とある白いコンクリートのところが井路です。

b0212898_12124947.jpg

↑ 水路の中に水はありません。

b0212898_12135297.jpg

道が上がっているので井路も上っているようになっていますが、水路は徐々に下っているはずです。

b0212898_12151213.jpg

↑ 井路が見えてきました。水が溜まっています。

b0212898_1216258.jpg

↑ 道路を越えていきます。小屋の左側に道路がありますので、そちらを歩いて行きます。
村の中です。家から顔をだしたおばさんがこちらを見ています。こんにちは。

b0212898_12171718.jpg

↑ 舗装道路が地道になります。さきの建物のところで道路が終わりです。建物の右下に水路が見えます。ここで井路が右の方に大きく曲がっているようです。図の谷のところだと思います。左側に谷があって谷川の水が流れてきているのだろうと思って歩きます。

b0212898_1221359.jpg

↑ 杖をついて水路の上を歩こうかとも思いましたが木がかぶさってきているようで危険なようです。下の道を行きます。高木水路のあげ口はこの下のはずです。

b0212898_12241966.jpg

↑ 道を下りながら左側を見ると高い所に丹保井路が見えます。橋で谷を渡してあるようです。

b0212898_12255023.jpg

↑ 石川に出てきました。堰が作ってあって向こう側にあげ口があるようです。

b0212898_1227987.jpg

↑ 堰の上を歩いて行ってあげ口を見ようとしましたが水が流れ落ちているところは流れが速く入れそうではありませんでした。向こうにあげ口をが見えます。砂が入り口を覆っています。水路の中も木の葉で埋まっていました。

b0212898_1228894.jpg

↑ 堰の上流の川岸の桜がきれいでした。

高木水路のあげ口を見ることができました。川に堰が作ってあってそこで水路に流す水を制御しているようでした。もう他に見ることのできるあげ口はあまりないようです。
by satoyoshiaki | 2013-03-31 13:33 | Comments(0)

歩こう 向井溝のあげ口 井溝

花の文化園へ行くときに通る道に沿ってつけてある溝、町井橋のところにあるポンプ場。今まで単なる溝くらいに思っていました。またこんなところにポンプ場があるなぁ程度に思って見ていました。「井路」を見て、また説明を聞いて これを向井溝と言うのだということ、ポンプ場は井溝のあげ口だということを知りました。

b0212898_123358.jpg

図で赤いラインが向井溝です。紫のラインは丹保井路です。緑のラインは中溝水路です。
この図のPのところがあげ口です。石川に放流しているのは栄町公園のところです。ちなみに図に西代今池とありますが、この池も埋め立てられて今池広場(仮称)になりました。3月24日に埋め立ての完成式典がありました。

b0212898_124977.jpg

向井溝と丹保井路と中溝水路が交わっているところです。向井溝は左から右に流れます。向こうの方から下ってきているのは丹保井路です。堰がありますが丹保井路の下流への水を制御するためのものです。中溝水路はどこにあるのかわかりません。図を見るとここで向井溝に合流しているはずです。

b0212898_1264568.jpg

道の下を覗いたり道にはめ込んだグレーチングの間からのぞいたりして中溝水路を探しました。グレーチングの間からみていると配管が一本向井溝に突き出ていました。これが中溝水路の配管なのでしょうか。

b0212898_1283382.jpg

向井溝の上流の方へ歩いて行きます。水路には水がありません。

b0212898_1295168.jpg

すこし行くと水が溜まっているところがありました。草も生えてきています。

b0212898_1211679.jpg

もうすぐあげ口のポンプ場のところです。この辺りから道路が下って行きます。水路は逆に少し上がっていくはずです。右側の配管から水が落ちてきています。

b0212898_1212134.jpg

写真の右側の坂を上ると民家に入りますが、坂の途中を水路が潜っています。写真の左側に石川を渡る橋、町井橋があります。ポンプは橋の向こう側にあります。

b0212898_12131882.jpg

町井橋の向こうにポンプ場があります。配管が川を渡って来ています。

b0212898_19473010.jpg

ポンプ室です。向井溝水路組合 町井橋ポンプ場と書いてあります。

b0212898_19483855.jpg

配管は川を渡ってきて道の下を潜っているようです。どこから水路に入っているのでしょうか・・。

b0212898_19494270.jpg

民家に入る坂を少し上がって、井溝の上流を見ます。水が溜まっています。この先は土砂で埋まったと「井路」に書いてあります。

b0212898_19504796.jpg

下流を見ると下から配管が上がってきて水路に給水するようになっていました。あげ口が分かりましたので水路の下流を見に行きました。

b0212898_19514389.jpg

向井溝と丹保井路と中溝水路が交わっているところから下流を見て歩きます。

b0212898_19523458.jpg

水路は道路に沿ってます。水路に沿って道路を作ったのかもわかりません。

b0212898_19533531.jpg

住宅の前はグレーチングで蓋がしてあります。この上は歩きやすいです。

b0212898_195436100.jpg

コンクリートで蓋をしたところ。

b0212898_19554345.jpg

三叉路を横断したところで住宅の庭に入っているようです。ここから先はどこを通っているのか分かりません。道路の下などに配管を通してあるようです。

b0212898_19565066.jpg

この住宅街の中を通っているようにおもいます。

b0212898_1957448.jpg

道路の突き当り、下を除くと配管が見えます。この下の右の方に栄町公園があります。そちらへ続いているはずです。

b0212898_1959812.jpg

下から見るとこの配管です。ここで配管から水路に落としてまた配管につながっているようです。

b0212898_200552.jpg

分かりにくい写真ですが、栄町公園の石川沿いの柵の上から下を除いた写真です。配管から水が流れ出ています。向井溝はここまでです。
しかし、向井溝が住宅の庭に入っているところからここまでの水路は写真の説明のとおりで正しいのかどうか疑問です。住宅街の中には水路らしい溝が2本あります。また2011年5月1日に投稿した「あぶない階段 鉄塔階段」のところにはグレーチングで蓋をした水路があります。うえの配管の写真に写っている階段は「危ない階段」の一部です。この階段の上あたりには別の配管が合流しているところがあります。この向井溝の排水口からは水が出ていますが住宅の庭に入っているところまでは水が流れている様子はありません。西代今池は水がありません。どこからか水が流れ込んでいます。いろんな雨水を流す溝や水路がこの栄町の辺りで合流しているのではないでしょうか。

向井溝のあげ口から排水口までを辿りました。水路がどこを通っているのか分からないところがありました。昔は田んぼだったのが住宅ができて水路が地下に埋まってしまっています。普段、何気なく歩いている道の端にある水路、気に掛けておりませんでしたが昔からの水路でありその名前を知ったり、水路の配置図を見たりしていると興味がわいてきます。散歩をする時に水路を辿ったりするのもいいと思います。
by satoyoshiaki | 2013-03-28 20:25 | Comments(0)

歩こう 丹保井路のあげ口

連合井堰のあげ口へ水路を辿って行くのは中止しました。あげ口とはどんなものなのか興味があります。写真を見たり話を聞いたりしていますので、だいたい想像はつくのですが、やはり実物を見てみたい。そこで日野の人が話していた丹保井路のあげ口をみにいくことにしました。昨日です。

b0212898_20273654.jpg

↑ 地図の矢印のところに丹保井路のあげ口があります。

b0212898_2028414.jpg

↑ 出掛けたのが3時を過ぎていました。日野コミュニティーセンターのところまで車で行きました。コミュニティーセンターから川の方に下ってくると三叉路になっており石川に突き当たります。網目の蓋がしてあるところが井路です。余分な水を川に落とすせき堰がありました。上流は右のほうです。そちらへ行きます。

b0212898_20295319.jpg

↑ 家に入る坂道の下を潜っています。

b0212898_20304836.jpg

↑ 水路の中、水が流れていません。枯れ葉が溜まっています。

b0212898_20315677.jpg

↑ 30センチくらいの幅のコンクリートの蓋がしてあるのですが、ところどころ蓋を上げてあります。水路の中を点検したり掃除をするためではないでしょうか。歩きにくいです。

b0212898_2033784.jpg

↑ 川が見えてきました。川からの高さは5m弱でしょうか。

b0212898_20335743.jpg

↑ 右側に谷があり水が流れてきています。水路には堰を作ってその水を川に落とすようにしてあります。

b0212898_203597.jpg

↑ 堰で水路を仕切ってありました。川の方に付けた堰はあげてあります。流れてきた水を川に戻すようにしてあります。

b0212898_20362441.jpg

その堰の向こう、大量の水が流れ込んできています。あげ口です。

b0212898_20373073.jpg

↑ あげ口。ここから水路に水を取り込んでいます。水は常時流れ込むので堰で水路にとりこんだり、川に戻したりしているのでした。

あげ口の一つを見ることができました。よくできていると感心します。出来た当時はどんな構造だったのでしょうか。
水路の維持管理はたいへんだとおもいます。水路の掃除、枯葉や土砂を除くのも大変な作業だとおもいました。
by satoyoshiaki | 2013-03-25 20:46 | Comments(2)

歩こう  赤峰の水路 -9

「歩こう 赤峰の水路 -8」で間違ったことを書いていました。「訂正」として書き換えました。
 ふるさと歴史学習館の人から「-8」から先の水路を歩くのは非常に危険だと聞いています。行くのなら二人で行くのがいいということです。どのようになっているのだろうと思って地図を見ます。地図は「しろやま」さんに教えていただいた2500分の1の地図です。図書館でコピーをしてきました。地図を見るとこの水路に入って600メートルほど歩いたところに村に入る道があります。このくらいの距離なら大丈夫だろうし、帰りは普通の道路を歩けるので安心と、この間の水路を歩いてみることにしました。

b0212898_20383813.jpg

↑ 地図のHのところが日野コミュニティーセンターです。地図はこの施設ができる前のものです。コミュニティーセンターとかその付近の道路の記載がありません。地図のaのところからbのところまで歩きました。点線が水路です。地図の「記号」のところには「徒歩道」と書いてあります。

b0212898_20393592.jpg

↑ 道路から水路に入るところです。水路にはコンクリートの蓋がのせてあります。歩きやすいです。

b0212898_20402529.jpg

↑ 水路脇を1mほど下ります。階段がついていました。50m位歩いて上がる階段があります。

b0212898_20412637.jpg

↑ そこからは杖をついて水路のコンクリートの上を歩いたり、その横を歩いたり。
水を落とす堰のようなものもあります。


b0212898_20433013.jpg

↑ 右手の山がすこし崩れてきています。大したことはありません。

b0212898_20443226.jpg

↑ ここは土に埋もれています。

b0212898_20454166.jpg

↑ 谷の上をまたいでいます。谷からの水は水路の下を潜るようになっています。

b0212898_20463567.jpg

↑ 「柳谷」という石碑がありました。

b0212898_20472250.jpg

↑ 水路の下に民家が見えてきました。

b0212898_20481160.jpg

↑ b のところの道です。ここまでは危険だと言うような道ではありませんでした。

近くの畑でおじいさんが仕事をしていました。そのおじいさんにここから先はどんな水路でしょうかと聞きました。
「一人で行くつもりか」と驚いたように聞き返しました。「一人は止めた方がいい、もしあんたが今から一人で行って帰ってこなかったらわしが警察へ連絡せんとあかん」と言っています。「一人で行ったら、帰りは名前が変わっているかもわからんよ」などと冗談半分に言ってます。いや真面目な話だという言い方です。戒名を付けて帰って来るという意味です。おなじことを2,3回言いました。
どのように危険なのかと聞くと、先の方で水路端の崖が崩れ落ちている。崩れ落ちた土砂が水路を覆って河原まで落ちている。崩れた土砂は急な斜面になっている。そこを横断すると上から石が落ちてきたり足元が崩れ落ちて転落したりするという話でした。どうしても行きたければ誰かと二人で行くべきだという。わしがひまやったら行ってあげてもいいけど、それにしても止めておくほうがいいと言いました。
あげ口を見たいのだったらすぐ下の水路を歩けばいい安全だと教えてくれます。
どうしても連合井堰のあげ口を見たいのなら向かい側の道から下りることができる。だけど下り口が分かりにくい。よく分かる道がついているわけではない。見つけにくいと思うとも言ってました。
おじいさんにお礼を言って帰ってきました。
今日、ふるさと歴史学習館の人にもおじいさんの話をしました。あの水路では以前亡くなった人もおられるそうです。二人で行けば安全だと言うわけではありません。もしもの時に助けを求める連絡できるということです。
連合井堰をこれ以上歩くのは止めることにします。あげ口は他にもあります。水路を見ながらあげ口を見に行くのもいい歩きだと思っています。
by satoyoshiaki | 2013-03-24 20:57 | Comments(0)

歩こう  せんなん里海公園

昨日、関空に用がありました。その帰り道、せんなん里海公園に行きました。昨年の秋以来久し振りの海です。

b0212898_9195693.jpg

海は広々として気持ちがいいです。公園の散歩道、ほとんど人がいませんでした。寒くなく風もなく穏やかな海辺。海風館のところから2000mの歩道を往復します。

b0212898_921580.jpg

ところどころに花が咲いています。大きな水仙の花も咲いていました。

b0212898_9215846.jpg

新しく松の木が植えてありました。昨年はありませんでした。植えた松の間に水路を作ってあります。歩道の下を潜って海に流れるようにしてありました。

きれいに整備されたいい公園。向かいに淡路島、遠くに六甲の山々、写真を撮るのも忘れて歩いてました。これから海の季節、ときどき来てみたいところです。
by satoyoshiaki | 2013-03-23 09:29 | Comments(0)

歩こう  赤峰の水路 -8

「歩こう 赤峰の水路 -7」では道が崩壊していたので途中で引き返しました。昨日は道なきみちも歩ける恰好で出かけました。長さ2メートルくらいの竹の棒を持って行きました。なにか蚊のような虫が顔の辺りを飛び回ったりしていましたのでスキンガードも持って行きました。これは使う機会がなかったですが。それにお茶、リュックサック。竹は杖代わりです。水路の端のコンクリートのところを歩く時に水路の中に杖を突いて歩くつもりです。ぶらり散歩がすこし大そうなことになってきました。

b0212898_1924363.jpg

↑ 先だって引き返したところに来ました。水路の下を通るか、杖をついてコンクリートの上を歩くか・・・杖があるので上を歩きました。大丈夫です。

b0212898_19254691.jpg

↑ 水路のそばに名前は知りませんが、かわいい花が咲いていました。

b0212898_1927957.jpg

↑ 訂正:水路にコンクリートの蓋をかぶせてあります。「井路」にトンネルが二つあるように書いてあるのですが、これがそのトンネルかも分からないと思ってその上を歩きます。
今日、ふるさと歴史学習館へ行って調査をされた方に聞きました。地図に書いてある向浦辺りトンネルはこの付近にあるそうです。これはトンネルへつづく水路だろうとおもいます。トンネルがどこにあるのか見つけることができませんでした。

b0212898_19281252.jpg

↑ 「真砂」と書いた石碑があります。ここに樋があると言うことでした。

b0212898_19304074.jpg

↑ 崖が崩れてきてトンネルの上に土砂が盛り上がっているところを乗り越えて行くと・・・

b0212898_19341772.jpg

↑ 訂正:「堀貫」という石碑がありました。この近くにトンネルがあるようです。トンネルを見ることができませんでした。前ばかり見て歩いているからかもわかりません。

b0212898_19354141.jpg

↑ 下を見ると石垣です。苔で石が被われています。年代物・・昔の石垣かもわかりません。ほぼ垂直の石垣、作るのが大変だっただろうなぁと思います。

b0212898_1936441.jpg

↑ 左へ曲がって行くのだろうと思ってみていると石碑が目に付きました。近づくと・・

b0212898_19375823.jpg

↑ 「堀切」と書いてあります。水路を通すのに山を切り取ったところだそうです。

b0212898_1939095.jpg

↑ 訂正:ここはトンネルを出てきたところのようです。トンネルに気が付かずにトンネルを迂回して歩く道を通ってきたようです。よかった。先へ進みます。

b0212898_19401515.jpg

↑ 右の崖が崩れ落ちてきています。石がごろごろ。

b0212898_19431967.jpg

↑ 水路の上です。ここもひどく崩れています。倒木はかなり古いものです。左側は谷底、慎重に歩きます。

b0212898_19442592.jpg

↑ 「大陰」という石碑がありました。ここは日の谷という谷を出てきたところだそうです。

b0212898_19453443.jpg

↑ こんなところもありました。かなり前に倒れた木を切ったところです。木も腐ってきています。

b0212898_19464975.jpg

↑ ここで水路が大きく左に曲がっています。蓋は鉄板のようですが、その上を笹、草が被っています。

b0212898_19475048.jpg

↑ 下へ水を落とす樋がありました。水量が増えてきた時などに開けて水路の水量を調節するようです。下の田んぼへも水を流すのかもわかりません。

b0212898_1949264.jpg

↑ 前方がトタンで遮断されています。少し前に日野のコミュニティーセンター「みのでホール」の方から下流に向かって入って来た時に、このトタンのところから先は入ってはいけないのだとおもって引き返したことがありました。今日は下流から遡ってきています。

b0212898_19504133.jpg

トタンの仕切りを越えて「みのでホール」の方へ行きます。

b0212898_195236.jpg

「みのでホール」の北側の道路にきました。歩いて来た水路を振り返って見た写真です。
昨日はここまでの歩きでした。


b0212898_1953070.jpg

道路から南側の水路です。ここからが難所です。この日の装備では「あげ口」まで行けそうもありません。トンネルの中を歩かないといけないところもあるそうです。歩けるかなぁ・・・。どんな格好で行くのがいいか考えます。

「あげ口」というのは水路への水の取り入れ口です。地元の水利組合の方がそのように呼んでいるそうです。水路も水路、井路、井堰、溝などとありますがこれも地元の方が言っている呼び方だそうです。今歩いている水路は連合井堰と言うそうです。

歩きに行く前に「ふるさと歴史学習館」へ行っておくといいのですが、昨日は快晴でした。今日は雨の予報でしたので、順序を逆にして、先に歩いてきました。
by satoyoshiaki | 2013-03-20 20:10 | Comments(1)

歩こう  赤峰の水路-7

旭ヶ丘から水管橋へ行く階段の途中を水路が横切っています。この日はそこから水路を南下しました。家から旭ヶ丘までは車で行きました。歩けば40分位ですが体力を蓄えておこう・・ということもありますが、夕方が近いので日暮れの水路を歩くのは危ないとおもいました。

b0212898_2044841.jpg

↑ 住宅街のなか邪魔にならないところに車を止めて階段の方へ行きます。

b0212898_205501.jpg

↑ 階段を下ります。

b0212898_2075100.jpg

↑ 水路のところに来ました。左側が寺ケ池の方、右側が滝畑ダムの方です。右側に入ります。

b0212898_2082248.jpg

↑ 水路の端は歩きやすいです。歩く人があるのでしょう踏み固められたようになっています。

b0212898_2094993.jpg

↑ 少し歩くと倒木が・・。木には切ろうとした跡があります。邪魔になるからか、それとも持って帰って古木の装飾にしようとしたか・・なぜ途中で止めたのでしょう。

b0212898_20104335.jpg

↑ 落ち葉が水路の蓋を覆っています。水路とは思えない・・山道のようです。

b0212898_20113182.jpg

↑ 下に水路が見えます。後で分かりましたがこれは丹保井路です。

b0212898_20122257.jpg

↑ がけ崩れで水路が埋もれています。1.5メートルくらい下を歩けるようにしてあります。下りたり上がったりするときに安全なように木の根っこにロープがくくりつけてありました。↓

b0212898_20131531.jpg

↑ ロープを持って下ります。左手にロープ、右手にカメラの写真です。

b0212898_201476.jpg

↑ 水路の上に木が倒れてきています。跨いだり、くぐったりして行きます。

b0212898_2015479.jpg

↑ 木の間から向こうが見えます。ホットする景色です。石川、住宅は向浦の住宅でしょうか。

b0212898_20155840.jpg

↑ 崖が崩れ落ちたようです。倒れ落ちそうな木があります。

b0212898_2017018.jpg

↑ ここから水路の端をあるけます。左側は急斜面です。かなり危ない。注意して歩きます。

b0212898_2018871.jpg

↑ 竹が倒れています。かなり前に倒れた竹のようです。取り除かないのかなぁ。

b0212898_2019078.jpg

↑ 水路のコンクリートの上を歩きます。短い距離です。なんとか歩けます。

b0212898_20195684.jpg

↑ 水路の上に斜めの蓋がしてあります。この右側が谷でそこから雨水が流れてくるからです。蓋に乗って滑り落ちないように。

b0212898_20204373.jpg

↑ 水路の右手が崖です。一部崩れ落ちています。歩くのが怖いようなところです。

b0212898_20213923.jpg

↑ 水路が谷を渡っています。その上は通路です。昔の水路が崩れ落ちたのかも分かりません。

b0212898_20233581.jpg

↑ 水路の左側が崩れ落ちています。水路の上を歩くか、下へ降りて水路につかまって歩くか・・・水路の上を歩くなら支えが欲しい。下へ降りるのはちょっと危険、足元が不安定のようです。手袋も持ってきていませんでした。邪魔なものを取り除いたり、コンクリートや岩につかまって歩くには装備がちょっと軟弱です。ここから先へ進むのは止めにして引き返しました。
ここから先はもっとキツイところもありそうです。次回はそれなりの準備をしてくることにします。

「しろやま」さんからコメントを頂きました。ありがとうございました。図書館に地図はあったのですね。
教えて頂いたブログを見ました。「あげ口」辺りはかなりキツイところのようです。
写真ではあげ口の全体の構造がよく分からないところもあります。くろまろの人に聞いたり、できれば実際に見たりして納得、感心したいものです。
by satoyoshiaki | 2013-03-18 20:34 | Comments(0)

歩こう  赤峰水路 -6

赤峰水路-5を投稿した時、「しろやま」さんと仰る方からコメントを頂きました。ありがとうございました。かなり調査をして水路を歩いておられるお方です。私は行き当たりばったり。昨日、教えていただいた地図を調べてみようと図書館へ行きました。係りの方が親切にいろいろ調べてくれました。地形図は1/25000しかありませんでした。市役所へ電話をして聞いてくれました。市役所にはあるとのことでしたが、時間が遅いのでみることができませんでした。図書館に河内長野市郷土資料館がまとめた平成21年度版「井路 水と田んぼをつなぐ知恵」というのがあました。そこに地図が載っていました。地図をコピーをして帰りました。郷土資料館にあるはずですから、買ってきて、勉強します。

今日はエッカ坂から下流です。水路をさがしているとき何をしているのかと聞かれました。

b0212898_1734511.jpg

↑ エッカ坂、向こう側のガードレールが途切れているところに下へ降りる狭い道がありました。これを下りると水路を見れるのではないかと入って行きました。

b0212898_17351131.jpg

↑ この道です。下っていくとお家の裏庭のようなところに出るようでした。戻ってきました。戻ってきてエッカ坂のところに来るとトラックが停まっていて運転手さんがどこへ行くのですかと聞きます。水路の事を話すとそれならもう少し下のあの道を入ると下る道があります。と言います。あの道とは以前エッカ坂が整備されるまでは地道で民家の庭に入るような道だったところです。入っても大丈夫ですかと念を押すと大丈夫とのことです。運転手さんはこの地区の人らしいです。あの道↓を入ります。

b0212898_17361936.jpg

↑ あの道とは写真で坂を下っていくところガードレールが切れていて白いコンクリーとの道が見えているところです。

b0212898_17374261.jpg

↑ 入って行くと民家の裏のようなところを通って狭い道に出ました。その道を少し下ると水路がありました。

b0212898_17385765.jpg

↑ 上流側です。-5の何かわからない施設のところにつながっているはずです。

b0212898_17401254.jpg

↑ 下流側です。エッカ坂の下を潜って外環の下を潜っているはずです。

b0212898_17412078.jpg

↑ エッカ坂に戻って、坂を下りながら右側の下を見ていると鉄板で蓋をした水路がありました。この水路が上の写真のつづきです。


b0212898_1743010.jpg

↑ エッカ坂の右側のブルーシートのすぐ右下に水路があります。坂の左側の歩道が少し先のほうで水平になっているようなところがあります。水路は道路を潜ってそこへ流れているようです。

b0212898_17442870.jpg

↑ ほぼ水平になっている通路。この下は水路です。先の方では・・・

b0212898_1745577.jpg

↑ 歩道は下って行きます。水路は真直ぐ外環の方へ流ますいます。写真の左手の坂の上が外環です。水路の向こうの方を見ると・・写真では分かりにくいですが黒くトンネルのようなものが見えます。坂を下って路地を入りトンネルらしき方へ行きました。

b0212898_17492066.jpg

↑ トンネルのところに来ました。外環の下を潜ります。水路のトンネルのよこにトンネルがあります。ここを歩いて行きます。

b0212898_17503645.jpg

トンネルを通って外環の歩道に上がって来ました。

b0212898_17521493.jpg

外環に沿って水路があります。これをたどって行くとお墓のところへつながる細にみちにでました。

つぎは旭ヶ丘の水管橋への階段のところからの水路の歩きです。

郷土資料館で「井路」を買ってきました。水路(水路とか井路とかいうそうです)を調査をした人は今日はお休みでした。おられる時に聞きに行くことにしました。上流の方は深い谷のところも多く、危険なところもあるとおもいます。安全なルート、歩き方を考えておくほうがいいと思います。慎重にいきます。
by satoyoshiaki | 2013-03-16 19:23 | Comments(1)

歩こう  赤峰の水路 -5

前回投稿しました「赤峰の水路-4」の写真のようにお墓の南側の坂道から少し南の方に入ったところからは水路の端が草だらけで歩くのが危険です。そこでもっと南の方に行くと水路が見つかるだろう、そこは歩けるかもわからないと思って旭ヶ丘へ行きました。

b0212898_14364345.jpg

↑ どの辺りを歩いているのか分かりにくいので地図を持っていきました。地図の矢印は歩いたところです。点線は水路ですが、だいたいこの辺りという図です。外環状線を越えて上原町と書いてあるところの坂を下ります。この坂は「エッカ坂」と言われています。その坂の途中から左、南の方に入ります。

b0212898_143833.jpg

↑ エッカ坂への道です。信号を越えるとすぐに下り道です。

b0212898_1439112.jpg

↑ ミラーの柱に小さな「汐滝橋」右と書いた札が取り付けてあります。そちらへ入ります。

b0212898_14402058.jpg

↑ 下を覗くと水路が見えました。下へ降りる道はないか・・と歩きます。

b0212898_14415982.jpg

↑ ちょっと荒れた道がありました。一般道路ではないようです。下り坂です。そこを入っていきます。

b0212898_14433062.jpg

↑ 使っていない公共の施設のようなものがあります。門柱の標識は文字が消してあります。その左側を入っていきます。下に水路がありました。

b0212898_14444510.jpg

↑ 水路の端におりました。下流はすぐにエッカ坂と外環状線に突き当たるようです。上流の方へ歩きます。

b0212898_1446434.jpg

↑ 水路の端は比較的歩きやすいです。道とはいえませんが雑草、笹などは刈ってあります。管理者がときどき見て歩くのだとおもいます。

b0212898_14473999.jpg

↑ ところどころコンクリートの蓋をしたところがあります。

b0212898_144937.jpg

↑ こんなところはバランスを取りながらコンクリートの上を歩きます。

b0212898_14501318.jpg

↑ 物置のような、工場のようなものがありました。その横を通ります。地図に細い道がありますが、そのあたりだと思います。

b0212898_14514241.jpg

↑ 先へ進むとちょっと厄介な道です。マダニがいないかなぁ・・。

b0212898_15234882.jpg

↑ 階段があります。その下から水が流出ています。階段を上がって直ぐに下ります。この下で水を分岐しているようです。

b0212898_15251089.jpg

↑ これは崖下へ流れ落ちている水です。水路は右側の赤いパイプが出てきているところの下です。

b0212898_15262269.jpg

↑ 木立の中から出てきました。

b0212898_1528620.jpg

↑ ガードレールの右側は旭ヶ丘に行く道です。水路は前方につづいています。
すこし分かりにくいですが箱のようなものが置いてあるところから左に下っている道が汐滝橋へ行く道です。前方の水路を行きます。


b0212898_15292765.jpg

↑ 水路は鉄板で蓋がしてあります。水路の右側に畑があります。

b0212898_15304232.jpg

↑ 橋が架かっています。狭い谷のところです。谷の奥に当初の水路があったのですが、がけ崩れか何かで壊れたので谷を渡したのではないでしょうか。

b0212898_15315714.jpg

↑ 水路の橋を渡ります。

b0212898_153316.jpg

↑ 旭ヶ丘から水管橋に下りる階段のところに来ました。
今日はここまでにします。水管橋を渡って帰りました。
歩いた水路は数百メートルのことですが、これを作る時の苦労がしのばれるところがいろいろあります。次はエッカ坂から下流の方を見に行きます。エッカ坂の下を潜って、外環の下を潜っている水路。これらの道は水路があったところに付けたものです。道路工事には大した苦労はなかったとおもいます。どこを通しているのかを見るのがおもしろいです。
by satoyoshiaki | 2013-03-14 15:41 | Comments(2)

歩こう  赤峰の水路 -4

2月25日に投稿した「トンネルを見に行こう・・」でトンネルを見ずに水路を見に行きました。「ダイドー」(株)の手前でフェンスが水路脇の通路を塞いでいたので、これ以上歩けないのだと思って水路をそれました。しかしフェンスのない方の水路脇を歩けるのではないかと思って出かけました。

b0212898_1114634.jpg

↑ 2月25日に投稿した写真です。フェンスが水路まで迫って水路脇の通路を塞いでいます。しかし水路の左側は歩けるようです。ちょっと危ないですが水路をまたぎます。

b0212898_1115865.jpg

↑ 水路わきは歩けます。

b0212898_11155848.jpg

↑ 水路わきの笹は刈り取ってあります。

b0212898_11172242.jpg

↑ この辺りからちょっと怪しい・・・

b0212898_11182287.jpg

↑ 水路の左側は切り立ったように道路までコンクリートと石垣のようです。この辺りで道路まで5m位あるでしょうか。道路は「ダイドー」の正門の前を通っている上り坂です。ここからは歩けません。引き返しました。
やっぱりだめか・・と前に歩いた狭い「ダイドー」の方へ行く道を歩きます。「ダイドー」まで行く途中に左に入る狭い荒れた道がありました。ほとんど人が通らないような道です。それを下って行くと先程の道路が見えてきました。下から水路を見ることができると思ってその道を下りていきます。


b0212898_1120316.jpg

↑ 道路のところに来ました。

b0212898_11212871.jpg

↑ 道路に下りるところ左側にお地蔵さんがありました。光明恵地蔵菩薩とかいてあります。お花もあげてあります。

b0212898_11224088.jpg

↑ 道路を下って行くと先ほどの水路が分かりました。道路の右側の石積の上のコンクリートのところが水路です。

b0212898_11242910.jpg

↑ 水路は坂道の下に潜っていきます。

b0212898_11253450.jpg

↑ ガードレールの下の鉄板が水路の蓋ですが、ここで終わりです。道路の下を潜っているようです。

b0212898_11263388.jpg

↑ 道路の左側を見ると水路がありました。鉄板で蓋をしてあります。その上に倒れた竹がかぶさっています。上流の方を見たのですが竹の枯葉で覆われているようです。竹藪の中、竹の生えていないところが水路のようです。だんだん道路と離れていきます。↓

b0212898_11272922.jpg

↑ 竹の枯葉で覆われているところが水路です。水路はだんだん道路から離れていくようです。仕方がないので道路を南へ歩きます。どこか左側、東の方へ入る道がないかと探しながら歩きます。

b0212898_11291240.jpg

↑ 廃業しているガソリンスタンドの横に広場、会社の資材置き場と書いたところがありました。水路が見えないかとそこへ入って行きました。

b0212898_11302171.jpg

↑ 写真の竹藪の所から下を見ます。水路はありません。

b0212898_11313634.jpg

↑ 右下の方にお墓があります。このお墓の何処かに水路があるはずです。水路の高低差から想像するとそのあたりに水路があるはずです。どこからお墓へ行けるのか・・・これといった道が思い浮かびません。先へ進むことにしました。左へ入る道があればそれを入ろうと歩きます。

b0212898_11323671.jpg

↑ 左側の家と手前の工場の間に狭い通路があります。この家の裏口へ行くのだろうと思われます。どうなっているのかと入って行きます。↓

b0212898_11334174.jpg

↑ 道路でした。畑につづいているようです。この道を入って行きます。

b0212898_113582.jpg

↑ 左に入る道があります。畑に居た人に聞くと、この道は下へつづいている言うことです。入って行きます。

b0212898_11372447.jpg

↑ 狭い道です。

b0212898_1139639.jpg

↑ 両側に池があります。

b0212898_11405057.jpg

↑ 坂を上って、下ると広い所に出てきました。外環も見えます。すぐ先に水路が・・↓

b0212898_1142521.jpg

↑ お墓の方を見ると柵がしてあり「立ち入り禁止」です。中を覗くと・・・↓

b0212898_11431980.jpg

↑ 池の端に水路があります。

b0212898_11441877.jpg

↑ 反対側、上流側は入れそうです。入って行きます。

b0212898_11451720.jpg

↑ すこし入ると草だらけです。危ないので引き返しました。お墓の方へ行ってみます。下の道まで下りて左折するとすぐにお墓がありました。

b0212898_1146344.jpg

↑ お墓の中に水路がありました。高台の斜面に沢山の墓標があります。下の方の墓標の周りを水路が廻っているようです。墓標の回りに通路があり通路の下が水路になっていました。そこを歩いて行くと・・・↓

b0212898_11484090.jpg

↑ ここから先は入れません。先ほどの道路の下を潜っているところにつながっているはずです。

今日はここまでにしようと帰りました。今日も適当に歩かしてもらいました。
by satoyoshiaki | 2013-03-09 12:46 | Comments(0)