歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

これは夜は通れないなぁ

原町の明忍寺の所を歩いていると階段が目につきました。
すこし長い階段です。上の方は草が覆いかぶさってきている階段。
これはちょっと・・上ろうか、どうしようか・・と躊躇しましたが、
まぁええかぁと上ることにしました。上は確か府営住宅があったはず。
階段は府営住宅ができる以前からあったような作りです。
ブロックを置いてセメントで固めたようなところもあります。
左側は藪、右側はマンションの柵、その間の狭いところです。
写真を撮っていると藪蚊に刺されそうになりました。上は府営千代田台住宅でした。
   夜に下りるとけつまずいて、転げ落ちるような階段。
b0212898_10493456.jpg

   藪とマンションの間、上の方はよく見えません。

b0212898_1051355.jpg

  ブロックを置いてセメントで固めたようなところもあります。

b0212898_10522848.jpg

    府営千代田台住宅にでました。やれやれ。115段でした。
   帰りは階段を戻らず府営住宅の中を通って広い道に出ることにしました。
b0212898_10543061.jpg

  住宅の中の低い所に広場がありそこに下りる階段、向こう側に上がる階段がありました。
   業者が草刈りをしていました。
     向こうに見えている階段は40段、こちら側の下りる階段は45段でした。
     夏休みなのに子供の姿を見かけません。
   そうか、運動より、熱中症対策でしょうか。どこかの窓から
    おっさんきいつけや、熱中症になるでぇと見ているかも。   
  
by satoyoshiaki | 2011-07-30 11:12 | Comments(1)

あなたのフンです。ご自分で始末を・・

   犬のフンの始末をしてくださいとう立札を良く見かけます。
     犬を散歩させてフンを放りっぱなしにする人がいるのです。
     いろんな立札がありますが、これはっと思うのもあります。
  次の写真のものは「普通」ですこれは市役所の敷地内にありました。
b0212898_13584458.jpg


   次の写真の立札、ちょっと頭に来たっという感じがでています。
  
b0212898_140559.jpg


  次の写真のはかなり怒っています。いい加減にしろっ!というものです。   
b0212898_14153.jpg


   こんなのがありました。市と警察がフンを始末しろっと言ってます。
    警察までが・・。
   フンを始末しないと、「ちょっと署まで・・」と言われるのかな。
b0212898_1445272.jpg


   署まで行って逆らうと、つぎの写真のようになるのかも分かりません。
b0212898_1455017.jpg

by satoyoshiaki | 2011-07-28 14:10 | Comments(5)

貴望が丘の階段のつづきです

貴望ガ丘の西側には公団の住宅がたくさん建っています。
10棟くらいあると思います。
東側が高く西側が低い地形になっています。
階段は短いものばかりですが10ヵ所くらいあると思います。
北貴望ガ丘の西側はあかしあ台という住宅地に接しています。
あかしあ台には階段はほとんどありません。
あかしあ台の西側は堺市、北側は大阪狭山市に接しています。
貴望ガ丘の階段は次のようなものです。
b0212898_10261687.jpg

貴望ガ丘公園から道路に上がる階段です。28段です。

b0212898_10275458.jpg

貴望が丘住宅9号棟辺りの階段です。
おばあさんが慎重に下りてきます。この階段は34段です。

b0212898_10293842.jpg

貴望が丘公園から上の道路に上がる階段です。37段です。
貴望が丘で一番長い階段だと思います。
階段もあと少しで、市内の階段が種切れになりそうです。と言いながら
    また、ありました!と言うかもわかりませんね。
by satoyoshiaki | 2011-07-26 10:36 | Comments(0)

貴望ケ丘の階段

      毎月21日に楠町にある盛松寺へ写経に行っています。
               盛松寺は與通大師とも言われています。
    1時間ほど写経してお茶を頂いて帰ります。写経は午前中なのですが、
   今月は所要があって行くことができませんでしたので、夕方お参りに出かけました。
   写経の時は車で行くのですが、お参りは歩いて行きました。
    もうすぐ盛松寺というところで左側に南貴望ケ丘に上がる階段がありました。
    車で通っているときは気が付きませんでした。
   お参りの帰りに階段を上がってみました。さらに上がる階段がありました。
   そこは南貴望ケ丘12番地。
   その西が20番地、18番地~23番地あたりが一番高い住宅地のようです。
    すこし西に歩くと西側から20番地に上がる階段もありました。
    南貴望ケ丘の西の方にはいくつかの階段があるようなので、
       また歩いてみたいとおもいます。
b0212898_20263067.jpg

   これは盛松寺の近くにある階段です。楠町と南貴望ケ丘の境目にあります。

b0212898_20273275.jpg

    9丁目から12丁目への階段です。

b0212898_20315527.jpg

    西側から20番地にあがる階段です。    
by satoyoshiaki | 2011-07-24 20:36 | Comments(0)

南花台の階段です

      南花台は住宅2000戸、団地46棟1200戸、マンション400戸で合計3600戸、
      10000人の人が暮らしている大きな住宅地です。
    北側から歩いて南花台へ上がるのには、国道371沿いの坂道を上がるか、
    以前投稿しました歩きやすい階段を上るのが普通ですが、
     もう一つ「花の文化園」の方から上がる階段があります。

b0212898_20191592.jpg

   これが「花の文化園」横から上がる階段です。
  この階段は幅が広いので一段を上がるのに二歩になるところもあります。
  階段、坂道の組み合わせです。散歩道として利用されているのではないでしょうか。
   段数は全部で142段です。

b0212898_20211362.jpg

    団地周辺の道路からさらに高い所にある団地へ上がる階段が六ヶ所ほどあります。
    長いので52段、短い下段は20段くらいです。この階段は52段です。

b0212898_20223763.jpg

    これもその一つ団地へ上がる階段です。

b0212898_20241182.jpg

     これはスーパーコノミヤの前の道路から団地に上がる階段です。
     石組がきれいです。段数は23段です。
   次の階段が見つかりました。「階段」をあと二回ほど投稿できそうです。
by satoyoshiaki | 2011-07-22 20:33 | Comments(0)

楠ヶ丘にもありました あとは南花台です

   階段・・あとはどこにあるかなぁ・・見落としがあるはずや。
   フォレストへ行くのに週に何回か車で通りぬけている楠ケ丘、急な坂道がたくさんある   ところですがここにも階段があるはずと調べると何か所かあることが分かりました。
    楠ケ丘28番地、南花台団地第12公園のところ、28番地のところの階段を上がって     真直ぐ突き当りに国道371号線の方へ降りる階段などです。
b0212898_1471740.jpg

   楠ケ丘28番地のところにある階段。
    60段上がって、少し右へ曲がり15段。住宅地に出ます。
    60段の階段の途中から別れていて左に折れる7段の階段もついています。

b0212898_1485782.jpg

    階段を上から見たところです。遠くがよく見えます。

b0212898_1410323.jpg

   南花台団地第12公園の横の階段です。
  50段あります。これを上がると住宅地、南花台8番地というところです。
    階段の下が楠ヶ丘31番地です。
    崖になったところで町名が替わっているようです。

b0212898_14114050.jpg

   国道371号線に下りる階段。草だらけです。
     雨のなか濡れているので、この階段を下りて数えませんでした。

b0212898_14131934.jpg

    371号線から草だらけの階段をみたところです。
     下ってから、少し平地で、また下っています。
     雨の中とはいえ、写真の撮り方、写りが良くないですね。

b0212898_14143215.jpg

    下から見ました。やはり草が生えています。
   夏の終わりごろに草刈りに来るのだろうとおもいます。
by satoyoshiaki | 2011-07-20 14:21 | Comments(0)

階段はあとわずかです

   南青葉台の南青葉台公園の東側と西側に階段がありました。
  以前通ったことはありますが、忘れていました。
  南ケ丘から坂を下ってきて青葉台へ入った道の南側、
    今は閉店している元スーパーの前の道を隔てて南側です。
  公園は少し高い所にあり上下2段になっています。
   下が広場、上には遊具があります。
    公園の西側の階段は下から38段目に広場があり、
        そこから28段で遊具のあるところに出ます。
  東側の階段は99段。上って行くと24段で広場に入ることができます。
   さらに24段上がると少し左側に曲がります。
 そこから51段上がったところは住宅地、南青葉台13番地の道路です。
   合計99段の階段です。
   この階段の下にバス停「南青葉台口」があるので、
           この階段はよく利用されていると思います。
b0212898_16382839.jpg

  西側の階段の登り口、公衆電話で中学生が電話を掛けています。

b0212898_16392681.jpg

  西側の上の階段、この上が遊具のあるところです。

b0212898_16403688.jpg

   東側の階段。途中で左に曲がっています。全部で99段です。

b0212898_1641319.jpg

   左に曲がっているところから上を見た所。この上が住宅地の道路です。  
 
by satoyoshiaki | 2011-07-18 16:48 | Comments(0)

蝉の幼虫

  今日は夕方散歩に出ました。ごく近く、栄町と喜多町をぐるっと回って来る
   よく歩くコースです。昼間は暑すぎる、夕食後ではよくないという理由で、
   夕食前に少し歩きました。
  狭い路地のような道に来たとき、路面に何か虫が動いています。
   見るとカナブンか?仰向けにひっくり返って足を動かしています。
   カナブンにするとちょっと足が太い、柔らかそうに見えます。
  蝉の幼虫です。木から落ちてもがいているようです。放っておくと踏まれて
  しまうのは目に見えている。何年も地中で暮らしていて、最後に地上で思いっきり
   大声を出して、喜んで果てる。その前につぶされるのは如何にも可哀想なので、
   拾って木に止めてやりました。

b0212898_2030103.jpg

   この木から落ちたようなので、それらしきところへ戻してやりました。
    もぞもぞ動いて先の方へ行くようでしたが、あまりにも木が細い。

b0212898_2032369.jpg

   そこでちょっと太いこの木に替えてやりました。明日あたり羽化するのでしょうか。
by satoyoshiaki | 2011-07-16 20:41 | Comments(1)

大矢船の階段 これが階段の最後にならないように・・

    市内の階段をほとんど見てきました。
   ほかの住宅地には小さな階段しかないようです。
   地図を見ていると、大矢船に少し長い階段があるようです。
     地図を持って、その階段を見に行きました。
b0212898_20475835.jpg

   この階段は35段です。大矢船南町の信号の少し南側にあります。

b0212898_20491684.jpg

   この階段は94段です。大矢船南町のバス停の近くです。
   この階段を上がってからの景色がきれいです。次の写真です。
b0212898_20502876.jpg



  昨日は地図を持たずに見に行って階段が見つからず、
  回り道をして引き返そうと歩いているとちょっと長い階段がありました。
  それは個人の住宅の裏口のようでした。
  ガレージがあります、ドアフォンがついています。
   階段の上には扉がついています。30段以上あるようです。
   こんな裏口はあまりないとおもいます。
b0212898_2052775.jpg

by satoyoshiaki | 2011-07-14 20:56 | Comments(1)

「時の響」

  中片添に立派な階段があります。
  階段と並行して坂道が取り付けられてあり、
    歩いての上り下りは階段、自転車なら坂道ということでしょうか。
  その階段の下に椅子、机、そしてモニュメントがあります。
  誰がどんな理由で座ることを想定したのだろうとおもいます。
   西日がまとも、ここに座っても良い景色が見れるのでもないようにおもいます。
    景観の楽しみ方は人それぞれですが。

b0212898_2051694.jpg

   階段の下の休憩所とモニュメント、写真では分かりずらいですが、
     二人の子供が遊んでいる姿のようです。

b0212898_20524055.jpg

   階段、段数は49段、上に上がると公園があります。
   夕方、子供が遊んでいました。階段の下から少し歩くと西片添町です。

b0212898_20541020.jpg

   このモニュメントは「時の響」と書いてありました。
by satoyoshiaki | 2011-07-12 21:00 | Comments(0)