歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 786 )

歩こう 橋を見に行こう (6) 栄町新橋

栄町の南側に石川が流れています。石川を挟んでその南側は喜多町です。石川を渡って栄町と喜多町をつなぐ橋が栄町新橋です。錦町からイズミヤへ行く近道に鉄塔階段(正確な名前はしりません。)を通ってその橋を渡って行くのが近道です。ただ鉄塔階段を知っている人が案外少ないのでこのルートを利用する人は多くはないと思います。その栄町新橋を見に行きました。歩きは町井大橋を渡って、烏帽子形公園の周囲を左回りに一周することにしました。

b0212898_09304874.jpg

↑ 地図の矢印の橋です。

b0212898_09314853.jpg

↑ 錦町からコンビニのところでバス道を越えて南へ歩きます。狭い道を通ります。突き当りを右へ曲がります・・

b0212898_09323701.jpg

↑ 西の方へ歩きます。左側は最近たった家です。数軒建ったのですが完売のようです。

b0212898_09333713.jpg
↑ 右側の坂の上はそのお宅の駐車場のようです。
b0212898_09361890.jpg

↑ 371号線のバイパスの無名橋のところに来ました。

b0212898_09370762.jpg

↑ 無名橋の手前を左へ曲がります。町井大橋の方へ行きます。

b0212898_09375764.jpg

↑ 町井大橋を渡ります。

b0212898_09384952.jpg

↑ 南花台、楠ヶ丘への階段のところに来ました。この階段の手前を左に曲がります。

b0212898_09472601.jpg

↑ よしや峠の方へ歩きます。昔、まだ子供の頃に親に言われたものです。よしや峠へ行くと山賊がでるから危ない。行ったらいかん。その時代は道も狭い道しかありませんでした。子供ごころに怖いところだと思って行くことはありませんでした。

b0212898_09491774.jpg

↑ 坂の途中から見たバイパスです。

b0212898_09500676.jpg

↑ 上って来ました。左側は烏帽子形公園です。右は楠ヶ丘の住宅街です。まっすぐ行きます。

b0212898_09510745.jpg

↑ 烏帽子側公園の入り口です。ここから下り坂です。

b0212898_09520703.jpg

↑ 烏帽子形八幡神社に来ました。お参りをします。

b0212898_09533730.jpg

↑ 神社の本殿です。国指定の文化財です。お参りをして東側の長い階段を下ります。そこから北へ、烏帽子形山の裾を回るように歩きます。

b0212898_09544634.jpg

↑ 東の方を見ると金剛山です。山の景色も蒸し暑いです。

b0212898_09553683.jpg

↑ この道は高野街道です。もうすぐ烏帽子形山の北の端あたりです。

b0212898_09571626.jpg

↑ この十字路を左に入ります。高野街道を左へそれます。本現寺の方です。

b0212898_10002893.jpg

↑ 本現寺の横の道から西の方を見ます。左の山は烏帽子形山です。山裾を回って、下って行って栄町新橋を渡ります。栄町新橋を見てから、帰り道は写真の右端の方に見えている鉄塔のところにある階段を上ります。

b0212898_10033689.jpg

↑ 喜多町の住宅街の方へ下って行きます。鉄塔が近付いて来ました。

b0212898_10044794.jpg

↑ 喜多町の住宅街、向こうに橋が見えます。栄町新橋です。車が停まっているところです。橋の向うは栄町です。先に橋を横から見ることができないかとこの三叉路を左に入って行きます。

b0212898_10054702.jpg
↑ 喜多町公園です。公園の向うの道を右へ、石川の方へ入ります。
b0212898_10064753.jpg

↑ 道の突き当たりのフェンスから栄町新橋を見ます。身体を乗り出してもこれで精いっぱいです。戻ります。

b0212898_10085625.jpg

↑ 栄町新橋です。右側が下流です。下流の欄干に「平成八年八月 竣功」とかいてありました。まだ若い橋です。

b0212898_10100815.jpg

↑ 橋の上から見た石川の下流です。

b0212898_10112197.jpg

↑ 西側からみた橋です。橋を渡っている間に車が出て行きました。下流の欄干に「栄町新橋」と書いてあります。

b0212898_10122909.jpg

↑ 鉄塔階段を上って帰りました。

この橋は河内長野市で一番若い橋かもわかりません。








by satoyoshiaki | 2017-07-24 10:21 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (5) 町井橋

連休の時に車で371号線のバイパスを通って三日市町へ行きました。南へ行く車が渋滞していました。町井大橋のバイパスの橋の名前も同じかどうか、わき見運転をしながら橋をゆっくり運転で越えます。橋を通過する時、左手前に名板が取り付けてあり「町井大橋」と書いてありました。バイパスの側道の橋とバイパスの橋は同じ名前でした。当たり前でしょうね。この町井大橋の上流に町井橋があります。花の文化園の方へ行ったり、烏帽子形公園の周囲一周の散歩をしたりするときに必ず通る橋です。改めてその橋を見に行きました。

b0212898_13592079.jpg

↑ 地図の矢印の橋です。

b0212898_14002194.jpg

↑ 錦町を南へ歩きます。

b0212898_14011069.jpg

↑ バス道に来ました。左にはコンビニがあります。向かい側は狭い道、里道のような道です。ここを小型車が通って来ることがあります。狭い道に入ります。

b0212898_14020065.jpg

↑ この突き当りを右へ曲がります。

b0212898_14024075.jpg

↑ まっすぐ行くとバイパスです。ちょっと遠回りをして、左側の坂を下ります。西代浄水場への道です。

b0212898_14033076.jpg

↑ 右側を行くと浄水場の建物、その下をくぐっているのは誰でも通れる道です。くぐって行きます。

b0212898_14042045.jpg

↑ 栄町の住宅街に来ました。このお宅はまだ新しいです。フェンス沿いの狭い道を歩きます。

b0212898_14051450.jpg

↑ この道です。すこし行くと・・・

b0212898_14060063.jpg

↑ この鉄板を敷いたところを右へ曲がるのですが、まっすぐ行くと石川の河原へ下りることができます。ちょっと川を見に行きます。

b0212898_14065005.jpg

↑ 川への道は草だらけです。河原へ下りるのは諦めて引き返します。

b0212898_14074219.jpg

↑ 先ほどの鉄板を敷いてあったところへ入ります。里道です。ここを抜けて・・

b0212898_14083041.jpg

↑ 高向第1公園の東側にきました。右が公園です。栄町はこの辺りまでです。ここからは高向です。突き当りを左へ、高向第3公園の中を通って・・

b0212898_14100163.jpg

↑ バイパスの無名橋の下をくぐる道に来ました。「止まれ」のところを左に行くと無名橋です。左へ行きます。

b0212898_14110056.jpg

↑ バイパスの無名橋のところに来ました。「国道371号 無名橋」と書いてあります。この橋をくぐります。

b0212898_14120087.jpg

↑ 南へ行きます。道路の右側の溝は向井溝です。その右は以前は畑でした。道路の左側は昔から空地です。

b0212898_14130102.jpg

↑ 三叉路に来ました。左へ行くと町井橋はすぐです。町井橋の上流側から向井溝への水をポンプでくみ上げています。その水は右の坂を上ったところの向井溝に落とし込んでいます。今は田んぼに水がいる時期です。水を汲み上げているのだろうかと向井溝を見に行きました。

b0212898_14143391.jpg

↑ 太いパイプから大量の水が向井溝に流れ込んでいました。もとへ戻って橋の方へ・・

b0212898_14154104.jpg

↑ 町井橋です。

b0212898_14163181.jpg

↑ 下流側の欄干に「町井橋」と書いてあります。上流側には「石川」と書いてありました。

b0212898_14173191.jpg

↑ 東側を見に行くと、下流側には「昭和三十二年三月」と書いてあります。60才、この橋は還暦・・・です。

b0212898_14190052.jpg

↑ 上流側の橋の横に「向井溝水路組合 町井橋ポンプ場」があります。先ほどの水はここから汲み上げているのです。

b0212898_14201136.jpg

↑ 橋を横から見ようと川の方へ下りるところを探します。ここを下りると川へ行けそうです。下りて行きます。

b0212898_14211139.jpg

↑ 橋を下流から見ます。もうちょっと見えないか・・

b0212898_14220325.jpg

↑ さらに下へ下りられそうなところがありました。下りてみます。

b0212898_14230122.jpg

↑ この橋を横から見たのは初めてです。立派な橋です。

b0212898_14235242.jpg
↑ 上流側からはポンプ場のところから、この程度しか見えませんでした。
b0212898_14245126.jpg

↑ 町井橋をよく見ることができました。帰りは371号線のバイパスの下をくぐって帰りました。バイパスはこの部分も橋になっています。名前は分かりません。車道側には書いてあるかも分かりません。また徐行できるときに見ておきます。




by satoyoshiaki | 2017-07-20 14:34 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (4) あかしあ緑台線1号橋

あかしあ台と桐ヶ丘の間に西除川が流れています。その川に架かる橋が「あかしあ緑台線1号橋」です。その橋は公園巡りの時などにも何回か渡っています。小さな橋で橋には名前が書いてありません。橋の名前は市役所で教えて頂きました。市内の道路に架かっている橋は大阪府か河内長野市が管理しています。この橋は市の管理です。その「あかしあ緑台線1号橋」を見に行きました。

b0212898_09490608.jpg

↑ 地図の矢印の橋です。

b0212898_09495851.jpg

↑ 寺ヶ池公園です。暑い日です。誰もいないなぁと思っていたら子供が自転車でやって来ました。

b0212898_09505721.jpg

↑ 公園の中を池の南側の堤防の方へ行きます。

b0212898_09515634.jpg
↑ 南側の堤防です。この歩道を西へ歩いて、北へ曲がって行きます。
b0212898_09524694.jpg

↑ 池の北の方へ来ました。左側の車道に出ます。すこし北へ歩いて・・

b0212898_09535104.jpg
↑ ここを左に入ります。池の北側のバス道はよく渋滞するので、この住宅街の中を通って来る車も多いようです。「通り抜けお断り」です。歩いて通り抜けます。
b0212898_09545649.jpg

↑ 右へ入る四つ目の辻を曲がります。

b0212898_09554693.jpg

↑ 二つ目の辻を左へ・・

b0212898_09563529.jpg

↑ バス道に出てきました。バス道を越えます。

b0212898_09572949.jpg

↑ 北貴望ヶ丘自治会集会所の横の階段を下りて、貴望ヶ丘公園の中を通り抜けて・・

b0212898_09582714.jpg

↑ 公園の北側の道路に出てきました。フェンスの向こうは「のの池」です。2016730日に投稿した池です。池の左側を下りて行きます。

b0212898_09593490.jpg

↑ 府営貴望ヶ丘住宅5号棟の北側の道路を通って、川の方へ下りる道に出てきました。

b0212898_10004786.jpg

↑ おばさんが歩いていかれる方へ下りて行きます。

b0212898_10014627.jpg

↑ おばさんが歩いて行かれる方へ入って行きます。西除川の方です。

b0212898_10024704.jpg

↑ あかしあ台老人クラブ集会所の前にアガパンサスの花がきれいに咲いていました。この建物の裏は西除川です。ここを右の方へ歩きます。

b0212898_10034700.jpg

↑ 西除川に沿って北の方へ歩きます。

b0212898_10044755.jpg

↑ 遊水池のところに来ました。フェンスの向うが遊水池です。右に見えるガードレールの道路の先に橋があります。遊水池の正面の擁壁の向うが西除川です。西除川は左の方から流れてきて橋をくぐって、右の方へ流れて行きます。

b0212898_10071735.jpg

↑ 橋に来ました。「あかしあ緑台線1号橋」です。橋には名前が書いてありません。

b0212898_10081724.jpg

↑ 橋の北側からみた西除川の下流です。

b0212898_10091771.jpg

↑ 橋の上から見た川の上流です。橋を横から見られないかと場所を探します。

b0212898_10101858.jpg

↑ 上流側の北の端に狭い道がありました。「通学路ではありません。注意するように・・」などと書いてあります。入って行きました。そこから撮った写真です・・↓

b0212898_10114907.jpg

↑ 橋の南の方が見えました。

b0212898_10125129.jpg

↑ 下流側から見た橋は「あかしあ台第1公園」中から撮りました。

何気なく歩いていた橋も名前が分かるとジロジロ見たり、辺りをうろついたり、写真を撮ったり・・不審者でした。帰りは寺ヶ池公園へはこれが近道だろうと思う道を歩きました。


by satoyoshiaki | 2017-07-16 10:25 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (3) 町井大橋

371号線のバイパスが石川を渡るところに町井大橋があります。バイパスは川岸からかなり高いところを通っています。バイパスは車専用の道路で人は歩けません。その車道の両側に石川を跨いだ橋、町井大橋があります。この橋では車は一方通行です。その橋には歩道もあります。バイパスの両側の町井大橋の道路は高向町から烏帽子形公園の南側を通り上田町、喜多町の方へ、また花の文化園の方へ行く道です。その橋はよく通るのですが橋をゆっくりと見たことはありません。その町井大橋を見に行きました。

b0212898_09161680.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_09173573.jpg

↑ 錦町を南へ歩きます。

b0212898_09182649.jpg

↑ この道路の突き当りは南海バスの車庫です。道路はそこで右に曲がります。左側には錦町第1公園があります。

b0212898_09192578.jpg

↑ 公園の中を通って218号線の方へ行きます。

b0212898_09202508.jpg

↑ 錦町第1公園の北側のフェンスのネットの間からの写真です。この公園を投稿した2012315日にはここにあった池は埋め立てられていました。今は一部が貸農園、他は広場になっています。

b0212898_09213663.jpg

↑ 公園の南の角、写真ではネットの右の端から狭い階段を下りて218号線に行きます。

b0212898_09223683.jpg

↑ この階段です。これを下りて・・狭い道の先を左へ・・

b0212898_09235469.jpg

↑ 218号線です。向かいの建物はリハビリをするところのようです。この建物の左横を入ります。

b0212898_09245383.jpg

↑ この道の突き当りを右へ曲がります。坂を下ります。

b0212898_09254412.jpg

↑ 坂を下りて来ました。218号線とほぼ平行な道路を南の方へ行きます。

b0212898_09265656.jpg

↑ すこし歩いて左へ入ります。高向の住宅街です。

b0212898_09275564.jpg

↑ 高向第1公園の横を通って、突き当りを右へ・・突き当りのコンクリート壁の向うは石川です。

b0212898_09285694.jpg

↑ 高向第3公園の中を通ります。左側の藪の中は石川です。

b0212898_09295615.jpg

↑ 公園を出てから石川を見ようと左へ・・写真は丹保井路の水が石川に落ちているところです。石川の水は竹の向うでよく見えませんでした。

b0212898_09305583.jpg

↑ 田んぼの稲が育ってきています。向こうの高台の裾を石川が流れています。町井大橋は写真の右の方にあります。

b0212898_09323629.jpg

↑ 高向の住宅街を抜けてバイパスへ向かいます。バイパスが見えてきました。この道路がバイパスをくぐっているところは「国道371号 無名橋」です。

b0212898_09411542.jpg

↑ 無名橋の手前をバイパスに沿って左へ曲がります。石川の方へ行きます。

b0212898_09344579.jpg

↑ 橋が見えてきました。右側は371号のバイパスです。バイパスをくぐっているのは「第2無名橋」です。

b0212898_09441079.jpg

↑ 橋のところに来ました。「町井大橋」と書いてあります。向かい側には「昭和6210月竣工」と書いてありました。

b0212898_09452598.jpg

↑ 橋を渡ったところに「石川」と書いてあります。

b0212898_09462807.jpg

↑ 橋の東側を見ます。川下です。右側の草を刈った土手から、左側の木が生えているところまでが川幅です。ほとんど草に覆われています。橋を横から見ようと草を刈ってある土手の方へ下りて行きます。

b0212898_09473766.jpg

↑ 川下から見た町井大橋です。川上から見てみようと「国道371号 第3無名橋」とくぐって反対側の橋を見に行きます。

b0212898_09484621.jpg

↑ こちらにも「町井大橋」と書いてあります。

b0212898_09494998.jpg

↑ 橋から見た川上です。草はよく伸びています。

b0212898_09510961.jpg

↑ 橋を横から撮りました。高いところを渡っているのは371号のバイパスの車道です。

バイパスの車道にも橋の名前が書いてあるのではないかと見に行きました。人が入れるところには名板が見つかりませんでした。翌日、車でこのバイパスを通って三日市町へ行きました。橋を渡る時に欄干を注意していると名板が取り付けてあるようでした。たくさんの車が通るので徐行をしたり、ましてや止まることはできません。何と書いてあるのか分かりませんでした。おそらく「町井大橋」と書いてあるのでしょうが何かの機会に確認しておきます。ときどき渋滞して徐行しないといけない時があります。その時がチャンスです。

この日の帰り道、よしや峠を越えて、烏帽子神社にお参りして帰りました。






by satoyoshiaki | 2017-07-12 10:01 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (2) 荘園橋

大きな橋に荘園橋があります。小山田町と荘園町をつなぐ橋です。おそらく荘園町の住宅街を開発するのに造った橋ではないかと思います。橋の下には西除川の支流の小さな川があり、小山田町の住宅も建っています。今までにこの橋は何回となく渡っています。今回、改めて、この荘園橋を見に出かけました。

b0212898_10062374.jpg

↑ 地図の矢印のところです。

b0212898_10072487.jpg

↑ 寺ヶ池公園から歩きます。左側の建物は小山田小学校です。小学校側の歩道へ渡ります。この辺りから下り坂になります。

b0212898_10082838.jpg

↑ 坂の途中のお地蔵さんにお参りをして行こうと思っていましたが、お地蔵さんの横で女性がスマホをいじっているようです。お地蔵さんのところを通る時に頭を下げるだけにしました。

b0212898_10093616.jpg

↑ 坂道を下って行きます。右へカーブしています。

b0212898_10102635.jpg

↑ 小山田口のバス停のある交差点です。ここは直進です。すこし上り道、

b0212898_10112717.jpg

↑ 上って左へ・・荘園橋はすぐです。

b0212898_10122711.jpg

↑ 荘園橋です。

b0212898_11413166.jpg

↑ 橋の左側、南側に「昭和四十六年十一月二十五日 架設」と書いてあります。

b0212898_10144708.jpg

↑ 橋の右側、北側には「荘園橋」と書いてあります。

b0212898_10482677.jpg

↑ 橋の北側の歩道を渡ります。

b0212898_10493040.jpg

↑ 橋の下の方に小山田町の住宅も建っています。

b0212898_10511162.jpg

↑ 橋の西側に川が流れています。西除川の支流です。

b0212898_10522073.jpg

↑ 橋を渡って来ました。東の方を見ています。ここから左へ入って行って橋の下をくぐろうと思います。

b0212898_10543153.jpg

↑ 荘園町第1公園の横を通ります。

b0212898_10553033.jpg

↑ 荘園町第2公園のところに来ました。道路がすこし左に折れています。その道路の右側に進入禁止柵が見えます。その中が公園です。右側のガードレールが下に折れています。道路が下っています。下ったところから道路が左右に分かれています。ここでガードレールに沿って下りて、Vターンして右へ行きます。

b0212898_10574140.jpg

↑ 右側の道を下って来ました。この道を下ります。車が停まっている方へ行きます。

b0212898_10585104.jpg

↑ 下って来ました。前の水の溜まっているところは橋です。西除川の支流に架かっている橋です。この橋は名前がありません。この橋を渡ります。

b0212898_11002600.jpg

↑ 橋の上から川を見ます。

b0212898_11015148.jpg

↑ 荘園橋の方へ歩きます。右に入る道があります。この道を入ると川に沿って住宅の中を通れるのだろうかと入っていきました。

b0212898_11025103.jpg
↑ 残念ながら行き止まりでした。写真の土手の上を左から右の方へ歩いて来ました。
b0212898_11040885.jpg

↑ 元の道に戻ります。前に荘園橋が見えてきました。橋の左から右へ渡って来ました。

b0212898_11053888.jpg

↑ 橋の下です。西の方を見ています。小さな公園があります。2012830日に投稿した小山田第1公園です。公園の中から川を見ます・・

b0212898_11070035.jpg

↑ 川です。フェンスの網目から撮った写真です。この川が造った谷間を渡るための橋が荘園橋と言えるのかもわかりません。左側の土手の上を歩いて来ました。

b0212898_11082974.jpg

↑ 下から見上げると立派な橋です。元の道、突き当りへ戻ります。突き当りを右へ行きます。

b0212898_11095089.jpg

↑ 橋の下をくぐって来ました。Vターンする道があります。その道を上って行きます。

b0212898_11113060.jpg

↑ 元のところ、荘園橋の東の端に帰って来ました。

荘園橋の下を流れる小さな川、その川の名前が分かりません。分りませんではまずいので、市役所へ聞きに行きました。親切に教えて頂きました。〇〇川と言うのではなく「小山田雨水幹線」と言うのだそうです。初めて聞く名前です。勉強になりました。ありがとうございました。





by satoyoshiaki | 2017-07-08 11:27 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (1) 小山田北大橋

河内長野市内を歩いて、いろいろ見てきました。20114月から散歩をするのに何かを見に行こうと歩き始めました。まず階段を探して歩きました。その次は神社、公園、水路のあげ口、並木のある道、となり町との行政界、お地蔵さん参り、緑地、そして池でした。これからは市内の川に架かっている橋を見に行こうと思います。橋はたくさんあります。その橋で大阪府と河内長野市が管理している橋を見に行こうと思います。それらの橋のほかに個人が架けられた橋もたくさんあるそうです。橋の名前を書いてある橋がありますが名前の書いていない橋もあります。それらの橋の名前は市の方に教えて頂きます。もちろん今まで渡った橋がほとんどだとおもうのですが、改めて歩きの目標を一つの橋と決めて見に行きます。

まず、大きな橋、小山田北大橋を見に行きました。西除川をまたいで小山田町と大阪狭山市をつないでいる橋です。

b0212898_10052103.jpg

↑ 地図の矢印のところです。地図はYahooの地図をコピーして写真に撮って矢印を記入したものです。

b0212898_10063035.jpg

↑ 蒸し暑い日でした。寺ヶ池公園から歩きます。公園のアジサイももうすぐ終わりです。公園の緑がきれいです。

b0212898_10073025.jpg

↑ 坂道を下って寺ヶ池の南の堤防へ行きます。

b0212898_10114099.jpg

↑ ここのところ雨が少なく、田んぼへの給水が始まっていますが、多くの水が溜まっています。

b0212898_10125116.jpg

↑ 寺ヶ池の西側の周回道を北へ、散歩の人が見当たらないのは珍しいです。ちょっと散歩の時間には早いからかも分かりません・・・暑い

b0212898_10135013.jpg

↑ 途中から階段を上がって西側の側道に出ます。

b0212898_10144015.jpg

↑ 側道を北へ歩きます。右側の生垣の向うが池の周回道です。

b0212898_10153062.jpg

↑ 池の北の端に近いところから南貴望ヶ丘の住宅街へ入ります。

b0212898_10162046.jpg

↑ 少し歩いて三叉路を北へ・・

b0212898_10170973.jpg

↑ バス道に出てきます。信号のある交差点の左右がバス道です。

b0212898_10184084.jpg

↑ バス道を西の方へ行きます。

b0212898_10193047.jpg

↑ 信号のある交差点の向こうに小山田北大橋が見えてきました。

b0212898_10202118.jpg

↑ 小山田北大橋です。橋を渡ります。

b0212898_10211091.jpg

↑ 橋の西の端には「おやまだ きたおおはし」と書いてあります。橋には架橋工事竣工の期日が書いてあるものですが、この橋にはそれがありませんでした。

b0212898_10222988.jpg

↑ 橋の南側を川の方へ下りて行きます。ここで左の細い道へUターンして下って行きます。橋の下を見に行きます。

b0212898_10235100.jpg

↑ 小山田北大橋の下へ入って行きます。電柱のところの十字路を右へ曲がる道は池巡りの時には何回も歩いています。今回は直進します。

b0212898_10263777.jpg

↑ この道の突き当りを左へ曲がります。

b0212898_10275135.jpg

↑ 小さな橋があります。この橋の名前は分かりません。西除川に架かっている橋です。

b0212898_10291308.jpg

↑ 橋の上から西除川の上流を見ます。

b0212898_10301196.jpg

↑ 西除川の下流を見ます。

b0212898_10310248.jpg

↑ 小山田北大橋はこの西除川を跨いでいます。

帰り道、北貴望ヶ丘の住宅街の中を通って帰りました。

この橋は橋の上と下から、ほとんど橋全体を見ることができました。小さな橋では橋を下から見ることは難しいです。これからの散歩では、どこから見ればできるだけ橋全体を見ることができるのかなどと考えながらの歩きをしたいと思います。






by satoyoshiaki | 2017-07-04 10:47 | Comments(0)

歩こう 池を見に行こう (124) 西茂池  清水

池を見に行こうとたくさんの池を見て歩きましたが、この池を最後にしたいと思います。この池で市内すべての池を見たと言うわけではありません。池は他にもありますが、それらの池は雑木林の中とか、個人のお家の裏にあったありして見に行くことができない池です。しかし見落としもあるかも分かりません。いずれにしてもこの西茂池を見に行く最後の池にしたいと思います。この池は高いところから池全体を見ることができる池です。今まで見てきた池で池全体を高いところから見渡せるという池はありませんでした。

b0212898_10415437.jpg

↑ 地図の○印の池です。

b0212898_10424560.jpg

↑ 北青葉台のバス道を南へ歩きます。

b0212898_10434332.jpg

↑ この辺りは南青葉台です。突き当りの三叉路を左に曲がります。

b0212898_10450497.jpg

↑ 東へ歩きます。上り坂です。

b0212898_10460480.jpg

↑ 道路が右へ曲がります。南へ行きます。曲がりきったところから住宅街の東の方、下を見ます。

b0212898_10474615.jpg

↑ 田植えの終わった田んぼ、すばらしい景色です。この田んぼの右の方、南の方に池があります。

b0212898_10485308.jpg

↑ 南青葉台会館の北側からでは池全体が見えません。

b0212898_10495462.jpg

↑ 南青葉台会館の南側の駐車場・・ここからなら池全体が見えるはずです。

b0212898_10513320.jpg

↑ 見えました。西茂池です。池の南側には家庭菜園の小さな畑があります。池の近くまで行けるでしょうか・・

b0212898_10523453.jpg

↑ 南青葉台第5公園の東側の坂道を下ります。

b0212898_10532506.jpg

↑ 坂道を下って、何回も歩いた清水への道と反対の方へ、北へ行きます。

b0212898_10544588.jpg

↑ 西茂池が見えてきました。おじさんが畑の手入れをしています。

b0212898_10554431.jpg

↑ フェンスの向こうが池です。畑の中を通って池を見に行くわけにはいきません。

b0212898_10570476.jpg

↑ すこし先で道が閉ざされています。道にはイノシシ除けの柵があります。池の土手はトタンで柵がしてあります。トタンに沿って土手を上がりました。

b0212898_10582176.jpg

↑ 池が見えました。よく手入れされたきれいな池です。

b0212898_10592516.jpg

↑ 土手の上から田んぼを見ます。今年も豊作でありますように。

西茂池を見ることができました。来た道を引き上げました。ここまで、いろんな池を見せて頂きました。思いもよらぬところにあった池、なんとかたどり着いた池など・・あちこちと、よく歩かせていただきました。ありがとうございました。

次は何を見に行こうかと考えています。橋などはどうだろうか、市の方に教えて頂いた下水ポンプはどうだろうか、などと思っています。ぜいたくな悩みです。しっかり歩いて両方とも見に行けるよう頑張るのことにしたいと思います。






by satoyoshiaki | 2017-06-30 11:19 | Comments(0)

歩こう 池を見に行こう (123) 平尾池  高向

南花台第9公園の西側に平尾池があります。公園の西側は雑木林になっていてかなり急な斜面です。人が落ちないように模擬木の柵がしてあります。その柵の外を見ると下へ下る道があります。数段の階段が作ってありますが、そこから先は道というか道のように見える踏み跡のようなものです。その道はおそらく池へつづいているのだろうと思っていました。危険な道のようなので入るのを控えていたのですが、もう見に行く池がこの池とあと一つということになりました。そこで思い切って見に行くことにしました。
b0212898_16030586.jpg

↑ 地図の○印の上の池です。

b0212898_16040994.jpg

↑ UR都市機構南花台団地の中を西の方へ歩きます。

b0212898_16050639.jpg

↑ この十字路を右へ行きます。男性・・小さくて分かりにくですが・・が歩いてく道路は花の文化園から汐滝橋の方へ行く道路へ下りる下り道です。ここは五つ辻です。

b0212898_16071342.jpg

↑ 向こうの方、道路の左側に見える樹木のあるところは南花台第8緑地です。その向うが南花台第9公園です。

b0212898_16080498.jpg

↑ 南花台西集会所に来ました。ここから向こうが第9公園です。

b0212898_16085523.jpg

↑ 南花台第9公園です。入ります。

b0212898_16105084.jpg

↑ 公園の西側の柵です。その下を見ると・・・

b0212898_16114770.jpg

↑ レンガとブロックで数段の階段・・・その先には道があるように見えます。柵をまたいで行きました。

b0212898_16124698.jpg

↑ すこし通路のようなところがありましたが・・すぐ終わり

b0212898_16141904.jpg

↑ この辺りからハッキリしません。左へ行くように見えました。そちらへ・・・

b0212898_17562789.jpg

↑ ここを下って行くように見えました。

b0212898_17575091.jpg

↑ 前方に池が見えました。そちらへ直進・・

b0212898_17590953.jpg

↑ 池です。平尾池です。

b0212898_19255538.jpg

↑ 周りは雑木で囲まれています。この辺りの斜面に降った雨水が溜まるのでしょうか。また、どこから水を抜いているのか見つけられませんでした。よく調べたわけではありませんが。

b0212898_19272380.jpg

↑ 戻ります。下りてくる時に小枝を折って帰り道の目印にとしておきましたが、その目印は一つも見つかりませんでした。やはり赤いビニールテープを小枝に巻きつけておくのがベストです。なんとか戻れました。大袈裟やなぁ。

平尾池を見てきました。万が一あの池に滑り落ちて溺れたら見つからないのでは・・・と思いました。様子のわからない谷間の池などに入って行く時には赤いビニールテープ、ロープ、救命胴衣などを持って行くのが当たり前ではないかとおもいました。反省です。






by satoyoshiaki | 2017-06-26 19:34 | Comments(0)

歩こう 池を見に行こう (122) ジゲ池  高向

花の文化園から汐滝橋へ行く道路の東側、南花台第8緑地との間にジゲ池と言う池があります。その池を見に行くには花の文化園から南へ下って東へ入る地道を歩くことになります。その道路は地道です。花の文化園から南への道はよく歩きますので、今までその地道は何回も見ています。地道には道幅いっぱいに車の轍がついています。そんなに長い道路ではないのですがどちらかから自動車が来たら避けるところがないのではないかというような道路です。車が入って行く道路、歩いて入って行って車が来たらどこへ逃げるか・・迷います。そんなことでこの池を見に行くのをちょっと敬遠していました。ですがもう池も終わりです。頑張って見に行くことにしました。

b0212898_10340225.jpg

↑ 地図の○印の池です。

b0212898_10352251.jpg

↑ 道の駅くろまろの郷から石川を渡ります。右奥の田んぼは田植えが終わっています。

橋を渡って直ぐ右へ、南へ曲がります。

b0212898_10363435.jpg

↑ 高向の住宅の中を歩きます。

b0212898_10372508.jpg

↑ 道端に水溜りがあります。何年か前には二カ所にありましたが一か所はゴミを放り込んでありました。昔は野菜などを洗ったりしたところではないでしょうか。金魚が泳いでいました。

b0212898_10382519.jpg

↑ お地蔵さんのところに来ました。このお地蔵さんは20131230日に投稿しています。お参りをして行きます。

b0212898_10394363.jpg

↑ 思い出します。この空地に以前大きなヒョウタンがなっていました。調べると201496日に投稿したお地蔵さんをお参りに行った時に見つけたのでした。

b0212898_10410380.jpg

↑ 文化園の木根館のところに来ました。ここを右へ曲がります。

b0212898_10415118.jpg

↑ 日野加圧ポンプ場の前を通って・・

b0212898_10424304.jpg

↑ 南花台への階段を通り越して直進します。この階段は帰り道に上がりました。

b0212898_10442567.jpg

↑ ジギ池へ行く地道です。車の轍で道幅がいっぱいです。車が来たら土手に張り付くかと覚悟して入っていきます。

b0212898_10452466.jpg

↑ しばらく歩くと道路がコンクリートで舗装したあとがあり、道幅が広くなっていました。ここで車を止めてUターンできると言うようなところです。先の方で道が狭くなり奥へ続いています。ふと左側を見ると・・

b0212898_10525562.jpg

↑ 池があります。ジギ池です。

b0212898_10490578.jpg

↑ 池があります。ジギ池です。

b0212898_10544300.jpg

↑ さらに奥へ道が続いているので、何があるのだろうかと見に行きました。

b0212898_10554346.jpg

↑ 驚きました。畑がありました。いろんな野菜が大きく育っています。水を遣ったあとがあります。さきほどまで畑の人がおられたようです。

b0212898_10574277.jpg

↑ かなり広い畑です。エンドウも実っているようです。こんなところ・・・言わば森の中、しずかなところで畑をしている・・・心身ともに健康な環境だろうなぁなどと想像します。

b0212898_11072803.jpg

↑ 帰り道南花台へ上がって、南花台の西側にある平尾池が見えないだろうかと見に行きました。

b0212898_11083862.jpg

↑ 擬木階段の途中、この辺りから60m位、南のところに池があるはずですが、これではみえません。

b0212898_11101385.jpg

↑ 南花台第9公園に来ました。この公園の西側に平尾池があります。公園の中からはどうだろうかと見に行きました。

b0212898_11475989.jpg

↑ 公園の中公園の西側には柵があります。その下を見ると・・・

b0212898_11494986.jpg

↑ 狭い道があります。平尾池につづく道かもわかりません。
この日はこの道を見つけたところで引き上げました。

ジゲ池の隣の畑には驚きました。あんなところに畑があるとは想像していませんでした。ですが、車の轍、なんのために車が入るのかと言うことを考えれば、畑があるのでは・・・ということも思いついたかも分かりません。視野が狭いのはいけません。反省です。





by satoyoshiaki | 2017-06-22 12:09 | Comments(0)

歩こう 池を見に行こう (121) 松尾池  日野

119)の平池と(120)の下池の間にごく小さな池があります。松尾池といいます。平池は花の文化園の方から歩いて見に行きました。下池は汐滝橋の方を回って歩いて見に行きました。こんどの松尾池は南花台から下って見に行くことにしました。もうすぐ見に行く池が終わりになります。一回の散歩で池を一つ見に行くことにしています。

b0212898_10511262.jpg

↑ 地図の○印の上の池です。

b0212898_10520633.jpg

↑ UR都市機構南花台団地の中を歩きます。

b0212898_10531088.jpg

↑ 団地の中、道路には落ち葉一つも落ちていません。きれいに掃除をしているなぁと感心します。

b0212898_10561522.jpg

↑ 西側の階段を下ります。階段を下りて、どちらへ行けば南花台から下る坂道に近いのだろうか・・・地図を持って来ていませんでした。歩きに来ているのだからどちらでもいいか・・と左の方へ行くことにしました。

b0212898_10580557.jpg

↑ 左へ、南の方へ歩きます。静かなきれいな道路です。

b0212898_10585680.jpg

↑ 南花台から下る道路は西の方、この辺りを右へ、西の方へ行こうかと、この三叉路を右に曲がります。

b0212898_10595253.jpg

↑ 眩しい!傾きかけた太陽がまっ正面です。突き当りを右へ・・

b0212898_11005474.jpg

↑ 北へ・・戻る方向です。ハッキリした写真になりました。

b0212898_11022357.jpg

↑ この左側の下にも池があるようなのですが、雑木や笹の向うらしく見えません。

b0212898_11032492.jpg

↑ 思い出しました。この道は歩いたことがあります。正面の白い建物の裏の方に下へ下る道路があるはずです。

b0212898_11042325.jpg

↑ この道路です。上り一方通行になっています。前は一方通行ではなかったように思いますが、記憶間違いかも・・。この坂を下って行きます。

b0212898_11052349.jpg

↑ 坂の途中から北の方を見ます。緑につつまれた赤峰の高台、さらにその向うのうっすらと見える景色・・遠くへ行きたいという気持ちが分かるような遠景です。

b0212898_11063496.jpg

↑ 坂を下って来ました。この三叉路、右の方が花の文化園です。左の方は汐滝橋・・左へ・・池はすぐそこです。

b0212898_11192861.jpg

↑ (119)平池です。この池の西側・・・

b0212898_11202799.jpg

↑ このお宅の向うの小屋の横に松尾池があります。

b0212898_11212674.jpg

↑ 松尾池です。道路から池の横を右へ入るようになっています。池の中になにか捨ててあります。

b0212898_11224627.jpg

↑ 「不法投棄禁止」の立札、横に何か捨ててあります。スクーターのようです。何年前に捨てられたのかボロボロになっています。

b0212898_11241430.jpg

↑ 池の土手の内側はコンクリートブロックで固めてあります。

b0212898_11251691.jpg

↑ 土手の下側は畑?田んぼかも分かりませんが、すこし畝が作ってありました。

b0212898_13093264.jpg

↑ 池の西側は深い谷です。木や竹が倒れ込んでハッキリと分かりませんが谷川になっています。この池を造るのは大変だったろうと思いました。

b0212898_13590714.jpg

↑ 帰り道は南花台への階段を上がることにしました。この写真の道路の右側は池を埋め立てたところです。

b0212898_14002276.jpg

↑ 南花台への階段を上ります。2011722日に投稿した階段です。擬木階段です。この階段の途中の右側に池があります。

b0212898_14020327.jpg

↑ 池のある辺りを見ますが雑木と笹がいっぱいで分かりませんでした。

b0212898_14032339.jpg

↑ 花の文化園の方をフェンスの網目の間から撮った写真です。この木はヒノキです。枝打ちをせずに放っておくとこのような枝になるのでしょうか。

b0212898_14044278.jpg

↑ 南花台のUR都市機構住宅のところに戻って来ました。

松尾池は小さい池ですが難しい地形のところに丁寧に造られた池だとおもいました。今はあまり利用されていないように見受けました。利用されていなのなら残念です。









by satoyoshiaki | 2017-06-18 14:13 | Comments(0)