歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

歩こう どこからとなりまち  千早

金剛登山をする時、登山口まで行く道は310号線を小深から山越えの道路に入ります。峠のトンネルをくぐって千早へ行きます。昔はよくこのトンネルをくぐって行って金剛登山をしました。トンネルが出来る前は山越えの道を通って行ったような記憶もあります。そのトンネルの上が河内長野と千早赤阪村との行政界です。見に行きました。旧道の境界の表示も見れるかもわかりません。

b0212898_2014867.jpg

↑ 地図の(25)です。この地図を見るとトンネルの手前から右に入る214号線があります。旧道があります。

b0212898_2082415.jpg

↑ 鳩原に来ました。ここから歩きます。小深へは14℃と表示のある道ではなく、右側の道路を歩きます。

b0212898_20122922.jpg

↑ 道路横の畑の中で遺跡の発掘をしていました。

b0212898_2022530.jpg

↑ 川上神社(2011年9月2日に投稿しています)の前を通ります。

b0212898_20282694.jpg

↑ 地図にある川上簡易局です。

b0212898_20314191.jpg

↑ 地図の太井の近くです。農地の区画整理をしていました。

b0212898_20421066.jpg

↑ マス釣り場です。この日は誰もいませんでした。

b0212898_20465913.jpg

↑ 214号線を上ります。もうすぐトンネルです。この辺りに右に入る旧道があるはずですが・・見つかりません。

b0212898_20492886.jpg

↑ トンネルに来ました。「新千早隧道」と書いてあります。1972年3月の完成です。トンネルの中には行政界の表示はみつかりませんでした。

b0212898_2053537.jpg

↑ 帰り道、トンネルの少し手前に左に入る道があります。地図にない道路・・・?

b0212898_20573069.jpg

↑ 帰ってから地図を改めて見ます。拡大すると旧道はトンネルの手前を左側へ入っています。帰りに見たあの坂道が旧道だったのです。再度見に行きます。今度は近くまで車でいきました。

b0212898_2112351.jpg

↑ 坂を上ります。道がかなり荒れています。あちこちでコンクリートが割れています。トラックが通るのかも・・・

b0212898_2184316.jpg

↑ もうすぐ峠というところに来ました。工場のような建物があります。何か機械がうごくような音がしています。

b0212898_21114865.jpg

↑ 「産業廃棄物の中間処理施設」と書いてありました。道路はそこで行き止まりです。道路らしいところは崖崩れで埋まってしまっているようです。処理場の関係の人に聞きました。道路はここで終わり。峠の向こうに行く道があったのかどうか知らないということでした。道路はかなり前に無くなってしまっていたのではないでしょうか。

トンネルが出来るとわざわざ峠を越える人はいません。必要がないので崖崩れのあとの復旧がされていないということのようです。旧道での行政界を見ることが出来ませんでした。
by satoyoshiaki | 2013-11-07 21:18 | Comments(0)