歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

歩こう  中溝水路のあげ口・・間違いました

ふるさと歴史学習館の図を見ていると旭ケ丘から石川を渡る汐滝水管橋の近くに中溝水路のあげ口があります。旭ケ丘から階段を下りて水管橋の方へ行きました。中溝水路のあげ口が見られると思って・・・

b0212898_14583255.jpg

↑ 図で中溝水路は緑のラインです。高木水路と書いたところに緑の○があります。汐滝水管橋はその○のすぐ右辺りです。

b0212898_145930100.jpg

↑ 旭ケ丘から下りてきました。桜が満開です。汐滝水管橋はもうすぐです。

b0212898_1502543.jpg

↑ 鉄の柵のところを左に下れば汐滝水管橋です。柵の手前にグレーチングで蓋がしてあり水路が道を渡っています。橋のすぐ手前、これが中溝水路だと思いました。あげ口は右のはず、水路を右の方へ入って行きます。

b0212898_151151.jpg

↑ 水路の端は歩きやすいようです。踏み後もあります。

b0212898_1522393.jpg

↑ 少し行くと水路の端が荒れています。水路の横の擁壁がくずれたようになっています。

b0212898_1532518.jpg

↑ 水路に蓋のあるところに来ました。それにしてもあげ口は近いはず、ちょっとおかしいなぁと思いながら進みます。

b0212898_1542297.jpg

↑ 水を落とす堰がありました。水落ちのようなところです。堰の下へ水を落とす水路は・・・・↓

b0212898_1554824.jpg

↑ ばらばらになっていました。

b0212898_1564291.jpg

↑ さらに進むと下の景色が見えてきました。石川と桜の木・・これは高木水路のあげ口のところです。歩いて来た水路は中溝水路ではありません・・これは丹保井路ではないか・・
間違いました。確認の為にもう少し先まで行ってみます。


b0212898_1573996.jpg

↑ 水路の上を杖を突きながら歩いて行くと・・・↓

b0212898_1583688.jpg

↓ 高木水路のあげ口へ行くときに下から見上げていた青い水路の橋が見えてきました。この水路は丹保井路に間違いありません。引き返しました。

それなら中溝水路は川のすぐ横に作ってあるのだろうと水管橋の上から川の横を見ましたが木が茂っていて水路を見ることができませんでした。水路の上に木の葉が被さっているのかも分かりません。
日暮れが近いので、残念ながら引き上げます。あらためて見に来ます。
by satoyoshiaki | 2013-04-05 15:20 | Comments(0)