歩こう 一歩づつ

satoyoshia.exblog.jp
ブログトップ

歩こう 橋を見に行こう (35) 高橋

下里町に西除川が流れています。その西除川の東側に217号線が通っています。217号線から下里総合運動場へ行く時に西除川を渡ります。その橋が高橋です。いままでお地蔵さん巡り、池巡りなどの時に何回も歩いているところですが、その橋の名前を見たことがありませんでした。その高橋を見に行きました。

b0212898_09385584.jpg

↑ 地図の矢印のところです。地図はYahooの地図をコピーして矢印を付けたものです。

b0212898_09395795.jpg

↑ 寺ヶ池公園から歩きます。毎年、紅葉がきれいなモミジバフウです。

b0212898_09411539.jpg

↑ 小山田の交差点を南へ越えます。この日はいいお天気でした。

b0212898_09430585.jpg

↑ 南の方へ歩きます。道の右側、お地蔵さんが祀ってあります。お参りしていきます。

このお地蔵さんは2014524日に投稿させてもらっております。

b0212898_09445555.jpg

↑ 小山田交番の近くです。右端の崖が何カ所か崩れていました。先だっての台風の大雨の被害です。

b0212898_09455520.jpg

↑ 道端にタイヤが置いてあります。その中に木の切り株があります。あの木を切ったのです。空洞になっていた変わった木でした。倒れるから触らないようになどと書いてありました。しかしこんなに太い幹が中にあったのなら倒れることはないでしょうに・・

前に見た時は次の写真でした。

b0212898_09473623.jpg
↑ この写真は4年ほど前のものですが、その後もこの姿は変わっているようには思いませんでした。

いつ倒れるか分からない、危険なので切られたのでしょうか。

b0212898_09495695.jpg

↑ 坂を上がって来ました。この先で道路が右へ曲がります。

b0212898_09505549.jpg

↑ 道路がすこし下りで左へ曲がっています。もうすぐ緑ヶ丘です。

b0212898_09515678.jpg

↑ 緑ヶ丘の住宅街にきました。右側に車が止まっている少し向こうを右に入ります。

b0212898_09524686.jpg

↑ 坂を上って、また下りです。ここは緑ヶ丘の住宅街の北の端の道路です。西へ行きます。

b0212898_13354146.jpg

↑ ガードレールの切れ目を右に入ります。下りです。大池と皿池の方へ行きます。

b0212898_13365913.jpg

↑ 大池の北側を通ります。葦が枯れたように垂れているので、北側からでも池の水が見えます。

b0212898_13383930.jpg

↑ 217号線に出てきました。ここを左へ行きます。

b0212898_13395910.jpg

↑ 大池の北側を西の方へ歩きます。ガードレールの下の雑草が刈られてきれいな道路になっています。

b0212898_13432101.jpg

↑ 北側の田んぼ、稲刈りが終わっています。向こうに小さな池が見えます。2017222日に投稿した田中池です。

b0212898_13444070.jpg

↑ 下里総合運動場が見えてきました。高橋はこの運動場の向うの端のところです。

b0212898_13455074.jpg

↑ 運動場の手前のガードレールの下には川があります。西除川です。

b0212898_13483151.jpg

↑ 西除川です。向こうに橋が見えます。高橋のはずです。

b0212898_13495292.jpg

↑ 高橋です。防護柵に名前が書いてありました。

b0212898_13563508.jpg
↑ 下流の西側に「昭和554月 架設」と書いてありました。
b0212898_13591219.jpg

↑ 上流側から橋を見ます。この橋は床版橋です。

b0212898_14003349.jpg

↑ 橋の上から上流を見ます。西除川に左の方から川が流れ込んでいます。「キケン」とかいた表示板があります。川岸から60cmのところで「キケン」となっています。

b0212898_17255560.jpg
↑ 橋の上からみた下流です。この日は水がすこし多いように思いました。
b0212898_17272401.jpg

↑ 運動場側から橋を見ます。橋の向こう側の道路の右側に橋があります。後日、見に来ることにして帰りました。

b0212898_17285473.jpg

↑ 帰り道、道端の木の形が目に留まりました。空がきれいなのでよく目に付いたのだと思います。電線のところの枝が取り除いてありました。こんな木はあまり見たことがないようにおもいます。

帰り道は緑ヶ丘の住宅街の中を歩きました。










# by satoyoshiaki | 2017-11-17 17:45 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (34) 落合橋

河内長野駅の近く奥河内さくら公園へいく道が石川を渡る橋が落合橋です。この橋は清教学園への通学路でもあります。何時も中高生が大勢渡って行き来しています。その落合橋を見に行きました。

b0212898_09393917.jpg

↑ 地図の矢印のところです。地図はYahooの地図をコピーして矢印を付けたものです。

b0212898_09403722.jpg

↑ 七つ辻から駅の方へ歩きます。突き当りが河内長野駅です。

b0212898_09412936.jpg

↑ 駅近くにあるお地蔵さん。お参りしていきます。このお地蔵さんは201448日に投稿させて頂きました。

b0212898_09423880.jpg

↑ 河内長野駅前です。

b0212898_09433630.jpg

↑ 駅の南側の踏切を越えます。越えて右へ行きます。

b0212898_09443935.jpg

↑ 坂道を下って、道路が二又になっています。まっすぐ行くとイズミヤです。正面のマンションの方へ行きます。

b0212898_09453910.jpg

↑ マンションのところを左へ曲がりました。突き当たりが石川です。河原に下りる階段があります。道路は右に曲がっています。曲がると落合橋です。

b0212898_09463973.jpg

↑ 落合橋です。橋脚に沢山の流木が絡みついています。手前が下流です。

b0212898_09473918.jpg

↑ 落合橋です。下校時間はまだです。誰も通っていません。

b0212898_09491048.jpg

↑ 上流側の西側に「落合橋」と書いてあります。防護柵にも「落合橋」と書いた名板が取り付けてありました。

b0212898_09503869.jpg

↑ 上流側の防護柵に「竣工 昭和463月」と書いてあります。

b0212898_09512653.jpg

↑ 橋の上からみが下流です。先だっての大雨、まだ大量の水が流れていました。

b0212898_09522908.jpg

↑ 上流側です。右側が石川です。左は天見川です。ここは二つの川が落ち合うところです。落合橋の名前の由来かもわかりません。

b0212898_09535980.jpg

↑ 階段を下ります。橋脚を見に行きます。

b0212898_09544758.jpg

↑ 橋脚に絡みついた流木・・濁流のすごさが想像されます。

b0212898_09580884.jpg

↑ 上流側から見ます。大きな杉の木が絡みついていました。どこから流れてきたのでしょうか・・

b0212898_09590771.jpg

↑ すこし離れた所から見ます。ほとんど橋の主桁近くまで水があったのですね。そろそろ下校時間です。生徒が駅の方へ歩いて行きます。

b0212898_10002728.jpg

↑ もういちど下流側から・・これらの流木を見て橋が流されなくてよかったなぁとおもいました。

この橋は桁橋という種類の橋です。この橋は石川と天見川の合流地点に架かる橋です。増水の時はこの橋は通行止めになったのではないかと思います。学校は休校になったようです。これらの写真は1111日に撮影したものです。







# by satoyoshiaki | 2017-11-13 10:07 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (33) 鬼住橋

三日市町から延命寺へ行く途中に神ガ丘がります。ここは昭和29年に河内長野市になるまでは「鬼住」という地名のところでした。市になった時に鬼住は言葉が悪いと言うので神ガ丘になったところです。その神ガ丘を流れる石見川に架かる橋に鬼住橋があります。
橋ができたのは昭和
11
年ですから当時の地名の名前です。その鬼住橋を見に行きました。

b0212898_13103755.jpg

↑ 地図の矢印のところです。地図はYahooの地図をコピーして矢印を付けたものです。

b0212898_13114690.jpg

↑ 美加の台第1公園から歩きます。西へ歩いて坂をくだって神ガ丘に行きます。道路に積もった紅葉、歩くとさくさく。地球温暖化防止に頑張ってくれた葉、おつかれさまでした。

b0212898_13125588.jpg

↑ 右側の住宅の向こうに美加の台小学校がります。神ガ丘は左側の谷のしたです。

b0212898_13142013.jpg

↑ 歩いていてふと下を見ると・・踏みつけるところでした。カマキリがいました。逃げようとせずにじっとしています。もう卵を産んだのかな・・動けるのはもう少しだね。

b0212898_13153694.jpg

↑ 神ガ丘の方を見ます。神ガ丘の住宅の裏山にブルーシートが被せてあります。先だっての大雨で地滑りがおこったところだとおもいます。

b0212898_13163699.jpg

↑ ここを左へ曲がります。ここから下り坂です。神ガ丘へ下ります。

b0212898_13172972.jpg

↑ 坂道を下っていきます。この坂に来るといつも出会うゆっくり歩いている人・・今日も歩いてはるか・・途中で出会いました。

b0212898_14414126.jpg

↑ 下ってきました。橋があります。この橋の名前が書いていないかとあちこち見ましたが書いてありませんでした。橋を渡ってすぐ左へ、西の方へ歩きます。

b0212898_14432681.jpg

↑ お地蔵さんが祀ってあります。このお地蔵さんは20141120日に投稿しています。お参りしていきます。               

b0212898_14470654.jpg

↑ 道路の左側の田んぼです。稲刈りが終わって稲木に稲穂が掛けてあります。脱穀のあとのわらを使うのではないでしょうか、たとえばしめ縄とかに。

b0212898_17360163.jpg

↑ 下ってきました。もうすぐ鬼住橋です。

b0212898_17372419.jpg

↑ 鬼住橋です。

b0212898_17383400.jpg

↑ 下流側の欄干の東側に「鬼住橋」と書いてあります。

b0212898_17395480.jpg

↑ 上流側の東側の欄干です。なんと書いてあるのか読めません。

b0212898_17411483.jpg

↑ 下流側の欄干の西側に「昭和十一年九月架設」と書いてありました。

b0212898_17424469.jpg

↑ 橋から見た石見川の上流です。

b0212898_17440582.jpg

↑ 鬼住橋の下流側から見た石見川です。


この橋を横から、川の中から見ることはできませんでした。橋は床版橋だと思われます。西へ歩いて美加の台第1公園を大きく一周するコースを歩いて帰ろうかとも思ったのですが、後日、見に来る橋を渡ることになりますので来た道をもどりました。






# by satoyoshiaki | 2017-11-09 17:51 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (32) 日之下橋


31)片添大橋の下には石見川と石見川に沿って延命寺や小深の方へ行く道路214号線が通っています。その214号線が石見川を渡っている橋がいくつかあります。その内の一つが日之下橋です。片添大橋の近くで石見川を渡っています。その日之下橋を見に行きました。美加の台第2公園に車を置いて歩きました。

b0212898_08442003.jpg

↑ 地図の矢印のところです。地図はYahooの地図をコピーして矢印を付けたものです。

b0212898_08451608.jpg

↑ 美加の台第2公園の駐車場からスタートします。公園の南側のバス道沿いの並木や歩道の木々が紅葉していました。いい写真を期待したのですが、夕陽の逆光のせいもありこの程度の写真しか撮れませんでした。

b0212898_08465540.jpg

↑ 美加の台第2公園の南側の道路を擁壁にそって北へ歩きます。

b0212898_08474665.jpg

↑ 狭い道に入って、突き当りを左へ・・右へ曲がる方がちょっと近道・・地図を持っていないので左へ・・

b0212898_08485594.jpg

↑ 最初の辻を右へ曲がって、この十字路を右に曲がりました。

b0212898_08494648.jpg

↑ 正面の山の向うが美加の台中学校・・突き当りを左に入ると公園があったはず・・公園めぐりの時をおもいだします。

b0212898_08504538.jpg
↑ 公園、美加の台第4公園の紅葉もきれいでした。
b0212898_08513694.jpg

↑ 公園の前を通って西の方へ道路が曲がります。

b0212898_08525744.jpg

↑ 今、車が通っている道路がバス道です。そこを右へ、北の方へ曲がります。

b0212898_08540739.jpg

↑ この道路です。まっすぐ行きます。道路の右手に、たしか梅の木が植えてあった・・

b0212898_08551772.jpg

↑ ありました。この木です。この向こうに花がたくさん植えてあったところがあるのですが、この日には花はすっかりなくなっていました。手入れをしていた人が止めてしまったのかなぁ・・

b0212898_08563701.jpg

↑ 第一公園に近づきました。道路の落ち葉の掃除をしていました。

b0212898_08572918.jpg

↑ 第一公園に来ました。ここの紅葉もきれいでした。公園の西側の道路を下ります。

b0212898_08582738.jpg

↑ この道路です。向こうに清見台の住宅が見えます。この道路を下ると片添大橋に出ます。

b0212898_08594824.jpg

↑ 片添大橋に来ました。清見台の紅葉もきれいです。橋の手前に下へ下りる道があります。これを下ります。

b0212898_09004884.jpg

↑ この道です。これを下ると214号線に出ます。

b0212898_09015838.jpg

↑ 下って来ました。214号線を左へ行きます。すぐそこが日の下橋です。

b0212898_19145850.jpg

↑ 日之下橋です。こちらが上流です。

b0212898_19161531.jpg

↑ 橋の手前が川のようになっています。山側から沁みだした水です。橋の手前で川へ流れ落ちていました。

b0212898_19173575.jpg

↑ 橋の上流側、南側に「日之下橋」と書いてあります。

b0212898_19191422.jpg

↑ 下流側には・・・読めません。

b0212898_19230989.jpg

↑ 上流側の北側に「昭和十二年三月架設」と書いてあります。80年前です。

b0212898_19252980.jpg

↑ 橋の下流側です。雨の後の水です。

b0212898_19264669.jpg

↑ 橋の上流側です。大雨や 石の見えない 石見川 でした。

b0212898_19282743.jpg

↑ すこし西の方を見ると橋があるようです。またこんど来るよ・・と来た道をひきかえしました。

b0212898_19294830.jpg

↑ 美加の台第2駐車場から西の空を見ます。陽が沈みかけて雲が輝いていました。

昭和十二年のころのこの橋はどんなのだったのでしょうか。まったく山の中、谷底の道でときどき馬が引く荷車通る静かな、寂しい橋だったのではないでしょうか。






# by satoyoshiaki | 2017-11-05 19:37 | Comments(0)

歩こう 橋を見に行こう (31) 片添大橋

清見台と美加の台をつなぐ橋が片添大橋です。清見台と美加の台の間には石見川が流れております。また石見川沿いに三日市町駅から延命寺や小深の方へ行く214号線が通っています。片添大橋は石見川と214号線の上を渡る大きな橋です。その橋を清見台第1公園から歩いて見に行きました。短い距離の夕方の散歩でした。

b0212898_09513659.jpg

↑ 地図の矢印のところです。地図はYahooの地図をコピーして矢印を付けたものです。

b0212898_09524503.jpg

↑ 清見台第1公園の南側からスタートします。公園では大勢の子供達が遊んでいました。遊んでいたというかサッカーの練習をしているようでした。ボール遊びをすることができる公園は案外少ないのですが、ここは大丈夫です。園名柱を見てあれっと思ったのですが6年前のままのようでした。2011107日の写真と同じに見えました。

b0212898_09540507.jpg

↑ 公園の南側の道路を西の方へ歩きます。

b0212898_09545781.jpg

↑ 階段に来ました。階段の下の道路は三日市町駅の北側から東へのびる209号線から清見台へ上がる車道です。この車道を渡ってまっすぐ行きます。

b0212898_09565319.jpg

↑ 少し下りの住宅街の中の道路・・静かな道路です。陽が傾いてきています。

b0212898_09581927.jpg

↑ 三叉路に出ました。左へ曲がります。

b0212898_09590694.jpg

↑ 右側、ガードレールの外側は清見台第3緑地です。2015624日に投稿しています。右側のお宅の台杉はかっこいいですね。

b0212898_09595815.jpg

↑ 美加の台の方へ下りる階段に来ました。この階段は2011426日に投稿しています。階段をおります。

b0212898_10005996.jpg

↑ 長い階段です。前に段数を数えて195段くらいとか言っていました。途中で休憩・・

b0212898_10020635.jpg

↑ 写真を撮る一瞬の休憩・・左の方に橋が見えています。片添大橋です。

b0212898_10025752.jpg
↑ 階段を下りて美加の台の方へ・・片添大橋のところに来ました。道路に見えているジョイントから向こうが橋です。
b0212898_10040084.jpg

↑ 上流側の防護柵の北側に「片添大橋」と書いてあります。

b0212898_10045849.jpg

↑ 南側には「昭和588月 竣工」と書いてあります。

b0212898_10055819.jpg

↑ 橋から下を覗きます。西側です。214号線が見えます。道路の左側に石見川が流れているのですが・・

b0212898_10070981.jpg

↑ 木々でよく見えません。木の隙間から濁流が見えました。

b0212898_10080818.jpg

↑ 上流側は木がいっぱいで下が見えませんでした。

b0212898_10150025.jpg

↑ 橋の南側に橋の下に下りる道があります。橋の下を見ることにしました。

b0212898_10162125.jpg
↑ 橋の下の道に下りて来ました。
b0212898_10181929.jpg

↑ 橋の真下から見上げます。この橋は箱型の桁橋というのでしょうか。

b0212898_10191023.jpg

↑ 下流側から見た橋です。川の両側の木が元気です。森の上に架かった橋のようです。

帰り道は下りて来た長い階段を上るのはちょっとシンドイと西側へ上りの坂道を歩いて清見台5丁目の西側の短い階段を上がって帰りました。




# by satoyoshiaki | 2017-11-01 10:26 | Comments(0)